車を売る時のやることリスト!査定前後の準備を時系列でわかりやすく解説

「初めて車を売るんだけど、何をどう準備すればいいんだろう・・・?」

車の売却は、金額が金額なだけに慎重に進めたいところ。
でも、車を売るのが初めてで左も右も分からない状態だと、不安ですよね。。

こんにちは!
GOODBYE CARの岡田です。

たしかに、車を売るときはそれなりに準備が必要ですが、一つずつ進めていけば大丈夫です。

さっそく、車の売却時にやること(又は、やった方がいいこと)を7つご紹介します。

車売却時のやることリスト
  1. 車の売却方法を決める
  2. 査定を何社か依頼する
  3. 車の付属品を用意しておく
  4. 契約に必要な書類を用意する
  5. ナビやドラレコのデータを削除する
  6. ガソリンを減らす
  7. 愛車との思い出の写真を残しておく

でも実は、この中でとくに重要なのは、1,2,4だけ。
だから、やるべきこと・やらなくていいことを頭の中で整理していけば、車の売却はそこまで難しくありません。

というわけで今回は、車を売る時にやることを査定前・査定後に分けて時系列でお伝えしていきたいと思います。

車を売る前の準備

まずは、車を査定に出すまえの準備を見ていきましょう。
やることは、以下の3つです。

  1. 車の売却方法を決める
  2. 査定を何社か依頼する
  3. 車の付属品を用意しておく

では、順番に説明していきます。

【やること①】
車の売却方法を決める

大前提として、車の「売却方法」をまず決める必要があります。

車を売る方法の選択肢は、主に次の3つです。

  1. ディーラー下取り
    次の車を購入する新車または中古車ディーラーに、今乗っている車を買い取ってもらうこと。
    代金は購入費用の頭金に充てられる。
  2. 中古車買取
    中古車買取の専門店または中古車販売店などに、今乗っている車を買い取ってもらうこと(つまり、単純に車を売るだけ)。
    代金は現金振込される。
  3. 個人売買
    ネットオークションやフリマアプリなどを使って、個人間で車を売ること。
    業者を介さない分、売り手・買い手ともに金銭的なメリットはあるが、手続きが面倒でトラブルも多いため、慣れている人以外はオススメできない。

ただし、「3.個人売買」は業者レベルの知識が必要になるため、今回は除外します。

したがって、残る選択肢は、「1.ディーラー下取り」か「2.中古車買取」のどちらか。

ディーラー下取りは、購入と売却をひとつの店舗で進められるため、やりとりが簡単です。

でも、車を高く売ることを考えると、中古車買取をオススメします。
買取店は「中古車の買取」が専業で、また、店舗数も多く競争率が高いため、それが故にディーラーより高く買い取ってくれる傾向が強いからです。

車を買い替えるなら「下取り」を考えてもいいかと思いますが、やはり、金銭的なメリットが大きいのは「中古車買取」です。

このことをふまえて、車の売却方法を選びましょう。

【やること②】
何社か査定を依頼する

下取りの場合は、新しい車を買うお店で、今の車を売ることになります。

では、中古車買取の場合は、数あるお店からどのように選べばいいのでしょうか?

シンプルに考えれば、買取店を選ぶときの条件は、以下の2つだけです。

  1. 自宅から近いお店(近隣の市区内程度の範囲)
    遠いと引き渡しが大変になる。または、引き取りの手数料が高くなる。
  2. 高く買い取ってくれるお店
    お店によって買取額に差が出るため。

要するに、近くのお店から買取額が高いところを選べばいいわけです。

ただ、お店をあっちこっち回るのは、手間も時間もかかります・・・。

そこで便利なのが、『車一括査定』サイトです。
近くの候補店にまとめて出張査定を依頼することができ、査定額をカンタンに比較できる無料のサービスになります。

一括査定サービスを使って車を売る場合は、以下のような流れになります。

STEP.1
一括査定に申し込む
車情報を入力して、候補店を選ぶ。
STEP.2
候補店から連絡が入る
出張査定の日時を調整する。
STEP.3
実際に査定を受ける
1社ずつの査定でも、まとめての査定でも可能。
STEP.4
査定額が高かかったお店を選ぶ
条件が良かったお店を選び、買取の契約を進める。(引き渡し方法などについては要相談)

要するに、何社か査定を受けて条件のいいお店を選ぶだけなんですが、それを簡単にやれるのが『車一括査定』サービスになります。

車を高く売りたい方は、ぜひ使ってみてください!

≫近くの候補店に査定を依頼する(無料)

ここまで、車の「売却方法」と「売却先の選び方」について見てきましたが、実を言うと、重要なポイントはこの2つだけで、以下の “やることリスト” は補助的なものになります。

【やること③】
車の付属品を用意しておく

続いて、査定前にやっておきたいことは、付属品の用意です。
たとえば、取扱説明書や整備手帳、スペアキーなど。

これらも評価の対象になるので、査定のとき一緒に見せるようにしましょう。

もし、純正品から社外品にパーツ交換している場合は、その部品も査定で見てもらえるよう準備しておきます。

パーツ交換は評価を下げる可能性もありますが、純正品が残っていればマイナス査定は避けられるはずです。

以上が、車の査定前にやる準備になります。
あとは、前述のとおり、何社か査定を受けて、条件のなるべく良いお店を選ぶだけです。

車査定後の準備

次に、査定を受けてから車を引き渡すまでにやること(又は、やっておいた方がいいこと)を4つご紹介します。

  1. 契約に必要な書類を用意する
  2. ナビやドラレコのデータを削除する
  3. ガソリンを減らす
  4. 愛車との思い出の写真を残しておく

では、順番に説明していきますね。

【やること④】
契約に必要な書類を用意する

車を売るときはさまざまな書類が必要になるので、まずは何がいるのかを確認しましょう。

普通自動車軽自動車
  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車税納税証明書
  4. リサイクル券
  5. 委任状(店側が用意)
  6. 譲渡証明書(店側が用意)
  7. 実印
  8. 印鑑証明書
  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 軽自動車税納税証明書
  4. リサイクル券
  5. 認印
  6. 自動車検査証記入申請書(店側が用意)

印のものは必須ですが、店側が用意するものや無くていいものもあります。
また、住所変更などした場合は、追加の書類が必要です。
ですから、必要書類の準備は、売却先が決まったあとで担当者と確認しながら進めましょう

(書類の再発行など、詳しくは別の記事で解説しています)

車売却の必要書類はこれ!住所変更や結婚した場合の追加書類についても解説

【やること⑤】
ナビやドラレコのデータを削除する

ナビには、住所や電話番号などの個人情報が登録されている場合があります。
データの削除はお店のほうがやってくれると思いますが、心配な方は車を引き渡すまえに自分でやっておきましょう。

また、ドライブレコーダーの映像も個人情報になりえるので、データは削除しておくと良いです。

【やること⑥】
ガソリンを減らす

車を引き渡すまえに、ガソリンも減らしておきましょう。
残量は1メモリもあれば十分です。

というのも、ガソリンがたくさん残っていても、買取額が上がるわけではないからです。
また、ガソリンスタンドでも、入れ替え作業は危険なので対応してくれません。

つまり、ガソリンをたくさん残しておくと、それだけ損をすることになるんです。

車の引き渡しまえは給油量に気をつけながら、あるいは、ドライブに行くなどして残量を調整しておきましょう。

【やること⑦】
愛車との思い出の写真を残しておく

強いて言えば、最後に愛車との写真を残しておくことをおすすめします。

思い出がたくさんつまった愛車を手放したあとで後悔してないためにも。。

以上が、車の査定後にやる準備です。
とはいっても、大事なのは書類の用意くらいですから、そのほかは余裕があったらやっておきましょう。

車を売る時にやらなくていいこと

初めて車を売る方にとっては、やること・やらなくていいことの判断が難しいと思いますが、よく勘違いしやすいのが以下の4点です。

  1. 一般的な洗車・掃除
  2. 消耗品の交換
  3. 買取前に車検を通す
  4. 傷や塗装のDIY補修

これらは「やったほうがいい」と思われがちですが、車を売る前提であれば「やらないほうがいい」です。
その理由を説明しますね。

【その1】
一般的な洗車・掃除

査定前に洗車や掃除をすれば、たしかに印象は良くなります。

でも、残念ながら、それで査定額が上がることはありません。
なぜなら、簡単に落ちる程度の汚れは、評価の対象外だから。
また、洗車や掃除をやったところで、結局、プロの施工が入るため、多少キレイになっても意味がないんです。

ただし、あまりにも汚い車は、減点の対象になります。
その場合は、最低限のレベルで洗車や掃除はやっておきましょう。

車の査定前に洗車・掃除はムダだった!実態調査でわかった買取店の本音とは…

【その2】
消耗品の交換

また、評価が下がることを気にして、査定前に消耗品(バッテリー、タイヤ、エンジンオイルなど)を交換したほうがいいのか悩む人もいるようです。

たしかに、部品が新しければ査定額が上がります。
でも、交換費用(修理代)以上に上がることはないので、結局のところ損をするのがオチです。。

なので、たとえバッテリーやタイヤの寿命が近づいていても、そのままの状態で買い取ってもらいましょう。

【その3】
買取前に車検を通す

同様の考えで、車検を通してから車を売ろうとする人もいます。

しかし、これも前項と同じ理由ですが、車検代のほうが高くついてしまうので損をするのは確実。
なので、車を売るのであれば「車検前」をおすすめします。

【その4】
傷や塗装のDIY補修

車に傷があると、査定額が下がってしまうか心配になるかと思います。
でも、だからといって、自分で補修するのはやめたほうが良いです。

たしかに傷があればマイナス査定になりますが、すり傷程度なら思ったほど減点はされないですし、自分で補修するとかえって評価を下げてしまうリスクがあります。
ですから、傷があるのは仕方がないので、ありのままの状態を査定してもらいましょう。

ただし、その上で、「やること②」で説明したように、なるべく好条件のお店を選ぶことが大切です。

まとめ

以上が、車を売るときのやること・やらなくていいことリストになります。
最後にもう一度確認しておきましょう。

車売却時にやること・やらないこと
  • 査定前の準備
    • 車の売却方法を決める
    • 査定を何社か依頼する
    • 車の付属品を用意しておく
  • 査定後の準備
    • 契約に必要な書類を用意する
    • ナビやドラレコのデータを削除する
    • ガソリンを減らす
    • 愛車との思い出の写真を残しておく
  • やらなくていいこと
    • 一般的な洗車・掃除
    • 消耗品の交換
    • 買取前に車検を通す
    • 傷や塗装のDIY補修

冒頭でもお伝えしたように、重要なのは「売却方法を決める」「売却先を選ぶ」「必要書類を用意する」の3つだけで、あとは補助的な内容です。

基本的には、店側の指示にそって進めれば、問題なく車は売れるので安心してください。

ただし、クドいようですが、買取額はお店よって違うので、必ず何社か査定を受けてから売却先を選ぶようにしましょう!