車検後に車を売ると損失3万円以上!車検ギリギリでの売却が賢い理由を解説

車検の時期は、車を買い替える一つのタイミングですよね。
ただ、車を「車検前」に売るべきか、それとも「車検後」に売るべきか迷っている方もいるのではないでしょうか?

その場合は、次の3つの選択肢があります。

それで、まず結論をいうと、車は「車検前」に売ることをおすすめします。
車検の有効期限ギリギリでも構いません。

もちろん、それ以外のタイミングでも車を売ることはできますが、金銭的には損をすることになります。

というわけで今回は、車検の残り期間によって買取金額がいくら変わり、そして、なぜ車検前に車を売るべきかを解説します。

車検の残り期間によって査定額はいくら変わる?

まずは、車検の有効期限によって、車の買取額にどのくらい違いが出るかをみていきましょう。

多くのお店が採用するJAAI(日本自動車査定協会)の査定基準では、車検の有効期限は加点対象となり、それに応じて査定額はアップします。

その金額の目安は、以下のとおりです。

《車検残月数ごとの査定額アップの目安》
※自賠責の加点も含む

車検
残月数
査定額アップの目安
普通車軽自動車輸入車
1ヶ月000
2ヶ月000
3ヶ月0.10.10.1
4ヶ月0.4〜0.50.30.5
5ヶ月0.7〜0.80.30.8
6ヶ月0.8〜10.51
7ヶ月1.1〜1.30.61.3
8ヶ月1.3〜1.60.81.6
9ヶ月1.6〜1.911.9
10ヶ月1.9〜2.21.22.2〜2.3
11ヶ月2.1〜2.51.32.5〜2.7
12ヶ月2.4〜2.91.52.8〜3.2
13ヶ月2.6〜3.21.73.1〜3.7
14ヶ月2.9〜3.623.5〜4.3
15ヶ月3.2〜42.33.9〜5
16ヶ月3.5〜4.52.64.3〜5.7
17ヶ月3.8〜52.84.7〜6.4
18ヶ月4.1〜5.53.15.2〜7.1
19ヶ月4.4〜63.45.7〜7.8
20ヶ月4.8〜6.63.76.2〜8.5
21ヶ月5.1〜7.146.7〜9.1
22ヶ月5.5〜7.74.37.3〜9.8
23ヶ月5.9〜8.34.67.9〜10.5
24ヶ月6.3〜8.94.88.6〜11.2

参照:JAAI「中古自動車査定基準及び細則/第33条・第34条」

ご覧のとおり、車検の残り期間に応じて、これだけの金額が査定でプラスされます。

上記の表をグッと凝縮してまとめたのがこちらです。↓

車検
残月数
査定額アップの目安(平均)
普通車軽自動車輸入車
0〜6ヶ月0〜1万円0〜0.5万円0〜1万円
12ヶ月2.6万円1.5万円3万円
23ヶ月
車検直後
7万円4.6万円9.2万円

車検まで6ヶ月を切っていると大したプラスにはなりませんが、車検が1年残っていれば2万円前後プラスされ、さらに車検直後なら約4〜9万円のプラスが見込めます。

したがって、車検の有効期限が長いほど、車は高く買い取ってもらえます。

では、この基準をもとに、車をどのタイミングで売れば得するか(損をしないか)を考えてみましょう。

【選択肢その1】
車検を通してから車を売る場合

「車検の有効期限が長い=査定額が高い」という前提からすると、車検後に車を売ったほうが得するように思えますよね。

たしかに、車検を通せば査定額はアップします。
しかしながら、それ以上に車検費用のほうが高く付いてしまうため、金銭的には一番損をすることになるんです。

実際にどのくらい損をするか、以下の表をご覧ください。

《車検直後に車を売った場合の損失額》

普通車軽自動車輸入車
査定額アップの目安
(平均)
7万円4.6万円9.2万円
車検費用10万円〜7万円〜15万円〜
損失額3万円〜2.4万円〜5.8万円〜

車検直後に車を売れば、最低でもこれだけの金額は損することになります。
部品代や工賃が高くなれば、損失はさらに大きくなるでしょう。

したがって、車検後すぐに車を売るのはやめたほうが良いです。

【選択肢その2】
車検前に車を売る場合(車検前ギリギリでもOK)

というわけで、車は「車検前」に売ることをおすすめします。
車検の残りが少なければ査定では加点されませんが、その代わり、ムダに車検費用を払わなくて済むからです。

ちなみに、車検まで6ヶ月を切ると、プラス査定はせいぜい数千円程度です。

車検
残月数
査定額アップの目安(平均)
普通車軽自動車輸入車
1ヶ月000
2ヶ月000
3ヶ月0.1万円0.1万円0.1万円
4ヶ月0.4〜0.5万円0.3万円0.5万円
5ヶ月0.7〜0.8万円0.3万円0.8万円
6ヶ月0.8〜1万円0.5万円1万円

したがって、車検切れまで6ヶ月以内なら、車をいつ売っても大して変わりません。

ということは、車検切れの直前に車を売れば、有効期限ギリギリまで使えるので、手放すタイミングとしては最もムダがないといえます。

車検ギリギリで車を売却する場合の注意点

ただし、ギリギリすぎると、条件のいいお店をじっくり探すことができません。

それに、次の車の納車が遅れて、タイミングがうまく合わない可能性も考えられます。
なので、車検ギリギリに車を売るなら、スケジュールはきちんと立てたほうが良いです。

ちなみに、車を売るタイミングが数ヶ月でも早ければ、その分、自動車税の戻りも多くなるので、「できるだけ早く売る」というのも一つの考え方として覚えておいてくださいね。

【選択肢その3】
車検なしの状態で車を売る場合

ここまで、「車検後」はダメで、「車検前」はOKとお伝えしました。

そして最後は、「車検なし(車検切れ)」の状態で売るという選択肢です。
車検の有効期限が過ぎても車はふつうに売れますし、マイナス査定にもなりません。

ただし、車検なしの車を引き取ってもらう際、キャリアカーを使うことがあります。

キャリアカーの費用は1〜3万円が相場で、このお金は車の買取額から差し引かれることになります。

ですから、やはり「車検の有効期限内」に車を売るのがベストです。

まとめ

では、今回の内容をまとめますね。

車検を通してから車を売る→

  • 車検費用のほうが高く付くため、3万円以上も損をする。

 

車検前に車を売る→損失なし

  • 車検の残り期間が少なくても、マイナス査定にはならない。
  • 車検ギリギリでも問題ないが、買い替えの段取りが肝になる。

 

車検なしの状態で車を売る→

  • 車検の有効期限が過ぎても、マイナス査定にはならない。
  • ただし、引き取り費用が買取金額から差し引かれる。

というわけで、車を売るタイミングとしては「車検前」が一番オススメです。
もちろん、次の車が納車されるタイミングもあると思うので、それに合わせつつ売却を進めましょう。

そして何より、あなたの車を少しでも高く買い取ってくれるお店を探すことが重要になります。