車検切れでも買取額への影響はゼロ!その理由と2つの売却方法を解説

車検切れの車を売りたいとき、査定額が下がってしまうのか、そもそも買い取ってもらえるのか、いろいろと気がかりですよね。

こんにちは!

『GOODBYE CAR』の岡田です。

車の買取で「車検切れ」はマイナスになりそうなイメージがありますが、実は、査定には全く影響しません。
だから、ふつうに買い取ってもらえば大丈夫です。

ただし、車検切れの車は公道を走らせられないので、次の方法で売ることになります。

  1. 仮ナンバーを取得して買取店に行く
  2. 出張買取を依頼する

そして何より大事なのは、あなたの車を少しでも高く買い取ってもらうこと!

というわけで今回は、車検切れの車をどう売るべきか、注意点を踏まえながら解説していきたいと思います。

車検の有効期限が切れているか再チェック

はじめに、「車検の有効期限」を勘違いしているといけないので、もう一度確認しておきましょう。

(※確認済みの方はスキップしてください)

有効期限は「車検ステッカー」に書いてあります。↓

車検ステッカー

このステッカーをうっかり貼り忘れている場合は、車検証でも確認できます。

車検証

ちなみに、下の画像は12ヶ月点検のステッカー(別名ダイヤルステッカー)で、「次回の定期点検の時期」を表しています。

12ヶ月点検のステッカー

このステッカーの数字は「車検の有効期限」ではないので、間違えないように気をつけましょう。

車検切れでも査定額は変わらない

それでは、本題に入りますね。

まず結論として、車検が切れていても車は売却できますし、買取額にも影響しません。
そもそも、車検とは、公道走行を許可するための制度であって、車そのものの価値とは関係がないからです。

実際、JAAI(日本自動車査定協会)の査定基準では、以下のようなルールになっています。

《車検・自賠責の残月数による査定額アップの目安》※残月数0〜3ヶ月の場合

残月数 査定額アップの目安
普通車 軽自動車 輸入車
0ヶ月 0 0 0
1ヶ月 0 0 0
2ヶ月 0 0 0
3ヶ月 0.1万円 0.1万円 0.1万円

参照:JAAI「中古自動車査定基準及び細則/第33条・第34条」

ご覧のとおり、車検まで2ヶ月を切ると、査定への影響はゼロ。
つまり、車検切れでも買取額が下がることはないんです。

車検切れの車を買取店に持ち込むのはNG!

でも、車をそのままお店に持ち込むのは絶対やめてください!
おそらく自賠責保険も切れているはずですから、その車を公道で走らせると無車検・無保険運行という交通違反になります。

もちろん、きびしい罰則もあります。

無車検・無保険運行の罰則
  • 違反点数:6点
  • 罰則と罰金:1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金
  • 行政処分:最大90日間の免許停止

というわけで、ここからは、車検切れの車をどう売ればいいのか、その方法を紹介していきます。

車検切れの車を買取査定に出す方法2選

冒頭でもお伝えしたとおり、車検切れの車を買取に出すには、次の2つの方法があります。

  1. 仮ナンバーを取得して買取店に行く
  2. 出張買取を依頼する

では、順にみていきましょう。

【その1】
仮ナンバーを取得して買取店に行く

まずは、『仮ナンバー』を取得する方法です。

仮ナンバーとは、赤い斜線が入ったナンバープレートのこと。

正式には「臨時運行許可番号標」といい、車の運行が一時的に認められる制度です。

車検が切れていても仮ナンバーを取得すれば、車を自走して買取店に持ち込めるようになります。

《仮ナンバーの申請について》

申請場所 市区町村役所
必要書類
  • 申請書(役所でもらえます)
  • 車検証(コピー可)
  • 自賠責保険証明書(原本)
  • 身分証明書
手数料 750円
有効期限 最長5日間
(目的の運行に必要な最少日数)

ここでネックになるのが、自賠責保険証明書の原本が必要になること。
したがって、仮ナンバーを取るには、自賠責保険に加入していないといけません。

でも、車検が切れていれば、自賠責保険も切れている可能性が高いです。
その場合は、自賠責保険を1ヶ月だけ契約することになります。

《1ヶ月契約の自賠責保険料》

普通車 軽自動車
保険料 5,860円 5,840円

けっこう高いですよね・・・。

しかも、申請の際は、目的地までの最短ルートをあらかじめ決める必要があるので、仮ナンバーをつけても買取店を自由に回ることはできません。

紹介しておきながらですが、この方法はお金がかかる上に、けっこう面倒なんです。。

【その2】
出張買取を依頼する

というわけで、車検切れの車を売りたいときは、買取店に「出張査定」を依頼しましょう。
出張査定ならわざわざお店に行く必要もないですし、何より気軽だと思います。

車を引き渡すときは、お店の方が「回送ナンバー」または「キャリアカー」を用意するので、任せておけば大丈夫です。

ただし、引き取り費用の有無や査定額など、買取の条件はお店によって全く異なるため、出張査定で何社か比較することが重要になります。

そこで便利なのが『車一括査定』です。
選んだ候補店に対してまとめて査定を依頼できるので、車が高く売れるお店が簡単に見つかります。

利用の流れもお伝えしておきます。

《車一括査定の流れ》

  1. 必要情報を入力
  2. 候補から査定を依頼するお店を選ぶ
  3. 選択したお店から電話が入る
  4. 主張査定の日時を決める
  5. 査定を受けて金額を出してもらう
  6. 一番高いお店に車を売る

単純な話、出張査定で金額を比べるだけです。

なお、忙しい方は、何社か同時に査定をおこなっても構いません。
そうすれば、時短になるだけでなく、その場で最高額を提示してもらえます。

≫車検切れの車を出張買取で売る

車検切れの車を廃車にするなら…

ただ、古い車になると「廃車」と判断されることがあります。
その場合は、一般の「買取店」に廃車を依頼するのではなく、「廃車買取業者」を利用しましょう。

廃車買取には、以下のメリットがあります。

《廃車買取のメリット》

  • 解体費用が無料
  • 手続き代行が無料
  • 車の引き取りが無料
  • 鉄スクラップや部品としても買取可能
  • 自動車税の還付がある

要するに、余計な廃車費用を払うことなく、資源や部品として買い取ってくれるわけです。

【高額順】廃車買取のおすすめ業者ランキングBEST3!

以上が、車検切れの車を売る方法になります。

《車検切れの車を売る方法まとめ》

  1. 仮ナンバーを取得して買取店に行く
    自賠責保険の再加入が必要で、運行ルートもあらかじめ決めなければいけない。
  2. 出張買取を依頼する
    自宅まで査定に来てくれるから楽。
    ただし、何社か比較して条件のいいお店を選ぶことが重要。
  3. 廃車買取業者を利用する
    一般の買取店で値段が付かない場合は、最後の手段として廃車買取を利用する。

いずれの方法を取るにしても、買取では「車検切れ」がデメリットになることはないので、車を高く売ることを最優先に考えることをおすすめします。

【補足】車検切れの車を売却するときに必要な書類

なお、車検切れの車でも、売るときに必要な書類は変わりません。

《車検切れの車を売る際の必要書類》

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車税納税証明書(なくてもOK)
  4. リサイクル券(なくてもOK)
  5. 委任状(店側が用意)
  6. 譲渡証明書(店側が用意)
  7. 実印
  8. 印鑑証明書(役所で交付)

これらの書類のうち、無くした場合に再発行が必要になるのは「1.車検証」と「2.自賠責保険証明書」の二つです。

《紛失した場合の再発行》

再発行
車検証 必要
自賠責保険証明書 有効期限内:必要
有効期限切れ:不要

ただし、自賠責保険の有効期限が切れていれば、証明書の再発行は必要ありません。

(※再発行のやり方など詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください)

車売却の必要書類はこれ!住所変更や結婚した場合の追加書類についても解説

おわりに

今回は、車検切れの車を売る方法をご紹介しました。

「車検切れ」というと何だかマイナスなイメージがありますが、車の査定には何ら影響しません。
ですから、ふつうの車と同じように、できるだけ高く買い取ってもらうことを考えましょう!

ただし、車検切れの車をお店に持ち込むと交通違反になってしまうので、「出張買取」で条件のいいお店を探すようにしてくださいね。

あなたの車が少しでも高く売れることを願っています。