車査定の「0円」は信じちゃダメ!値段がつかない車を諦めずに売る方法

買取店やディーラーの査定で0を告げられた車。
でも、まだまだ現役の車に値段がつかないなんて、、納得できないですよね。

そもそも「0円査定」というのは、店側が利益を見込んだうえでの金額です。
だから、たとえ0円でも、その車に価値がないわけではありません。

こんにちは!
『GOODBYE CAR』の岡田です。

実は、私が乗っていた車も査定で値段がつきませんでした。

12年落ちの古い車で、しかもガッツリ修復歴があったからです。
でも、さすがに車をタダで手放す気にはなれなくて・・・。

そこで、車が少しでも高く売れないかと、いろいろな方法を試してみることにしました。

その結果、0円を提示するお店もあった中、なんとか最終的には11.2万円で買い取ってもらうことができました。

あなたも「0円査定」という現実に直面しているかと思いますが、安心してください。
たとえ数万円でも、車には必ず値段がつきます!

というわけで今回は、「0円査定」の打開策をお伝えします。

大抵の場合は、店側が安く買い叩こうとしているだけなので、鵜呑みにせず、諦めず、車を少しでも高く売りましょう!

車買取で値段がつかない理由

まだ使える車が査定で「0円」になってしまうのは、ズバリ “市場価値が低い” ことが考えられます。
たとえば、以下のような特徴の車です。

《市場価値が低い車の特徴》

  • 年式が古い
  • 走行距離が多い
  • 人気がないモデル
  • 内外装の状態が著しく悪い
  • 事故車、故障車、不動車、水没車、放置車など

このような特徴の中古車は「人気がない」「修理が必要」といった理由から、買取額を下げざるを得ません。

また、当然ながら、店側は車を買い取るときに利益も見込みます。

たとえば、あなたの車の市場価値が10万円としましょう。
仮に店側が5万円の利益を見込めば、買取額は5万円ということになります。

しかし、店側が10万円の利益を見込めば、買取額は0円になります。

つまり、0円査定になってしまうのは、市場価値が低い車に対して、さらに店側が利益を差し引いた金額で買い取ろうとするからです。

車査定が0円だった実際の見積書を公開

冒頭で紹介した私の車も、市場価値が低くなる条件が見事に合致していました。

実際に0円査定だった車なので、その証拠をお見せしますね。

ディーラーの下取り額0円

まずは、トヨタのディーラーで下取り査定を受けたときのことです。

12年落ちにしては割とキレイな車なので、20万円くらいは期待していたんですが。。

結果は何と0円・・・。

ディーラー下取りが安いのは知っていましたが、まさかここまで現実が厳しいとは思いませんでした。

「ディーラー下取りは安い」の真相に迫る。下取りの裏事情と査定基準とは?

オートバックスの査定額0円

次に査定を受けたのが、ふだんメンテナンスでお世話になっているオートバックス。

「ちょっとぐらい優遇してくれるでしょ」なんて期待もありましたが、やはり私の考えが甘かったようです。。

ここでも結果は0円。

どちらのお店も「相場が底値まで下がっている」というのが、値段をつけられない理由でした。
つまり、私の想いとは裏腹に、この車には市場価値がほとんどないということ。

これが、中古車買取の厳しい現実です。。

車に「値段がつかない」はありえない

でも、古本が10円で売れるのに、車が0円なんて納得できるはずもありません!

そもそも、どんな車でも価値がゼロになることはありえないんです。
その根拠を説明しますね。

【根拠その1】
低年式・多走行でも中古車として販売されている

まず第一に、「かなり古い車でも販売されている」という事実があります。

試しに、カーセンサーで調べてみたところ、低年式・多走行車でもかなりの掲載台数がありました。

【カーセンサーの掲載台数】

年式10年以上走行距離10万km以上
137,472台63,395台

※2021年12月時点

しかも、年式のわりに結構いい値段で売られています。

さらに、走行距離15万キロ以上の車も見てみましたが、年式が10年以内であれば高値で売られています。

これが、古い車でも価値がある、何よりの証拠です。

【根拠その2】
日本の中古車は海外で人気が高い

さらに、日本の中古車は海外でも需要があり、流通量の実に約4分の1(年間130万台ちかく)が輸出されています。

《中古車の輸出先上位20カ国》

アジアヨーロッパ、その他アフリカ
  • アラブ首長国連邦
  • モンゴル
  • ミャンマー
  • タイ
  • フィリピン
  • パキスタン
  • マレーシア
  • バングラデシュ
  • 香港
  • ロシア
  • チリ
  • ニュージーランド
  • ジャマイカ
  • ケニア
  • 南アフリカ共和国
  • タンザニア
  • ウガンダ
  • ナイジェリア
  • モザンビーク
  • ガーナ

たとえば下の写真は、タイ「バンコク」の交通渋滞の様子です。

矢印のはすべて日本車

日本車がいかに人気か、おわかりいただけるでしょうか?

日本の中古車の海外需要が高いのは、以下の理由があります。

《日本の中古車が海外で人気な理由》

  • 耐久性に優れ、壊れにくい
  • 車検による定期整備でコンディションがいい
  • 燃費が良い
  • ボディタイプが豊富
  • ちょっとした傷も保険で直すから、見た目がキレイ

普段あまり感じないかもしれませんが、日本の中古車はとにかく状態が良いんです。

また、「壊れない」と評価の高いトヨタ車は、タクシーとしても世界中で使われています。

これは、日本車に対する信頼度が高い証です。

車種によっては、輸出相場のほうが高くなることも珍しくありません。

たとえば、アフリカや南米、ロシアなどの極地でも人気があるトヨタ「ランドクルーザー」は、リセールバリューが高いことでも有名ですよね。

なぜなら、ランドクルーザーは輸出相場が異常に高いから。

もちろん、輸出することで高値がつく車種は他にもたくさんあります。

【根拠その3】
部品や資源として再利用できる

たとえ「中古車」としての需要がなくても、その車にはまだまだ使える部品やパーツはたくさん残っています。

画像出典:ヤフオク

実際、買い取った車をバラして、中古部品の転売で利益をあげている業者はたくさん存在します。

もちろん、中古部品は海外でも需要があります。

以前テレビで、中古部品をコンテナに詰め込んで輸出する光景を見たことがあります。

さらに、パーツを取り外して残ったフレームや樹脂、オイルまでも再資源として取引されています。

日本の自動車リサイクル率は、重量ベースで何と99%を達成しているそうです。

要するに、どんな車でも部品や資源としての価値が残っているということになります。

【根拠その4】
廃車にしても税金が還付される

極めつけが、「還付金」としての価値です。

実は、廃車にすると、自動車税や重量税、自賠責保険料が戻ってくることをご存じでしたか?

つまり、車はどんな状態になっても、最後の最後に「還付金」に換えることができるんです。


少し長くなってしまったので、ザッとまとめますね。

《どんな車でも価値がある理由》

  1. 低年式・多走行でも中古車として販売されている
  2. 日本の中古車は海外で人気が高い
  3. 部品や資源として再利用できる
  4. 廃車にしても税金が還付される

この事実を知っていれば、「車の価値がゼロ」になるのはありえないことがおわかりいただけるかと思います。

ですから、あなたも、車に値段をつけて売るのをあきらめないでください!

査定0円の車を11.2万円で売却した方法

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ここからは「0円査定」だった車を少しでも高く売る方法をお伝えしていきますね。

とはいっても、やることは非常にシンプル!
ただ査定額を比較するだけです。

私が乗っていたスカイラインの査定結果をご覧ください。

お店によって金額が全然違いますよね。
だから、とにかく何社か査定を受けることが肝心です。

査定をまとめて比較する方法

ただ、できれば、お店同士が競い合う状況をつくるのが理想です。

そこで、ぜひ試してみてほしいのが、『同時査定』という方法。

何社か同じ時間に出張査定に来てもらい、各社がその場で駆け引きすることで “買取額の限界” を引き出すことができます。

実際、このやり方で、一度は0円を告げられたスカイラインに112,000円の値がつきました!

決して高い金額ではありませんが、相場からすれば納得です。

なお、同時査定は以下の手順で進めます。

《予約》

  1. 車一括査定に申し込む
    (候補店を3〜5社選ぶ)
  2. 選んだお店から電話が入る
  3. 各社が同じ時間に来るよう出張査定の日時を決める

 

《査定当日》

  1. 各社から査定を受ける(同時)
  2. 金額を決定してもらう
  3. 一発勝負で査定額を提示
  4. 一番高いところと契約もしくは商談

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、実際はかなりの時短になりますし、何より買取額がつり上がる効果は確かなものです。

「1万円でもいいから車を高く売りたい!」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

≫車一括査定を予約する

(なお、同時査定の詳しいやり方は、以下の記事でも解説しています)

【検証】車の同時査定は効果てきめん?査定結果とやり方を実写解説

ディーラー下取りが0円から8万円にアップした方法

ちなみに、ディーラーの下取り額を0円からアップさせる方法もあります。

ただ、この方法も簡単です。

ここで契約してもいいと思っているんですけど、下取りの値段なんとかなりませんか?

こんな具合に「新車契約」をチラつかせるだけです。

実際、私のスカイラインは、この交渉で下取り額が0円→8万円になりました。

(今回は交渉のみで、契約はしていません)

下取りを検討している方は、ぜひディーラーで交渉してみてください。
数万円くらいなら融通を利かせてくれるはずです。

それでも売れない車は『廃車買取』が最後の砦

とはいえ、本当に「中古車」としての価値がなければ、ここまで紹介した方法でも値段がつかない可能性はあります。

となると、残る手段は「廃車」になります。
ただ、前述のとおり、車の価値がゼロになることはありません。

廃車も買取可能な時代

したがって、正確にいうと、『廃車買取』を利用することになります。

文字どおり、廃車レベルの車をバラして、部品や鉄などを転売することで成り立っているサービスです。

たとえば、ディーラーに持っていくと廃車費用を請求されるような車でも、このサービスなら値段をつけて買い取ってもらえます。

車を売るための「最後のとりで」と言っていいでしょう。

ただし、廃車買取をうたうあやしい業者も存在するので、信頼できるサービスを利用してください。

オススメ業者はこちら→『カーネクスト』

【高額順】廃車買取のおすすめ業者ランキングBEST3!

車の買取を0円以上にする方法まとめ

さて、いかがだったでしょうか。
今回の内容で、「この車でも売れるんだ」と希望を感じていただけましたか?

たとえ「0円査定」を告げられたとしても、本来、車の価値がゼロになることはありません。
だから、あきらめずに、車を買い取ってもらうための手段をとりましょう。

【このページの復習】
>買取店を競い合わせ、限界価格を引き出す方法
>ディーラーで下取り額をアップさせる方法
>廃車として買い取ってもらう方法

市場価値の低い車は買取で足もとを見られがちですが、このいずれかの方法なら、少なくとも0円査定は打開できるはずです。

大事に乗ってきた車ですから、その価値をきちんと評価してくれる業者に引き渡してあげましょう。