車買取は持ち込み査定か出張査定どっちがいい?両方試して善し悪しを比較

「車の査定って、持ち込みか出張どっちがいいの?」

「査定」とは、いわば見積もりのこと。
車を売るときには必要なステップですが、その際に「持ち込み査定」か「出張査定」のどちらがいいのか迷いますよね。

こんにちは!
GOODBYE CARの岡田です。

どちらの方法にも善し悪しがあるんですが、私はいつも次のように使い分けています。

  • 持ち込み(店頭)査定
    →店舗査定の場合は飛び込みでも対応してくれるので、車の買取相場を知りたいときにいつも利用します。
  • 出張査定
    買取金額は出張のほうが高くなる傾向があるので、車をいざ売るときは出張査定を予約します。

ですから、あなたも目的に合わせて査定方法を選ぶと良いです。

というわけで今回は、車買取における「持ち込み査定」と「出張査定」の違いについて詳しく見ていきたいと思います。

車買取における出張査定と持ち込み査定の違い

買取店は、基本的に実物(車)を見ないと査定金額は提示してくれません。
中古車の状態には、かなり個体差があるからです。

だから、車を売るときは査定を受ける必要があるのですが、自分でお店に行くか、お店の人に来てもらうかは、あなたの自由です。

もちろん、どちらの方法でも費用はかかりません。

ただし、以下の4点については違いがあるので、まずはそこを理解しておきましょう。

  1. 予約の必要性
  2. 査定場所
  3. 査定時間
  4. 商談の雰囲気

1.予約の必要性

まず、査定の予約が必要かどうかが異なります。

店舗で査定を受ける場合は、予約なし(飛び込み)でも対応してもらえます。
とくに平日の昼間は、ガランとしたお店が多いです。

一方、出張査定は予約が必要です。
お店に直接電話するのが一番早いですが、大手買取店ならホームページ上の申込みフォームからでも予約できます。

ただし、持ち込み査定の場合でも、土日は予約してから行くことをおすすめします。

2.査定場所

次に、場所の違いがあります。

出張査定であれば指定した場所までお店の方が来てくれるので、時間が省けますし何より気楽です。

ただし、狭いガレージや立体駐車場だと査定ができないので、車を移動させる必要があります。

一方、車をお店に持ち込めば、査定場所に困ることはありません。

ただ、店舗は相手(営業マン)のテリトリーなので、向こうのペースに呑まれないよう気をつけましょう。

3.査定時間

持ち込みでも出張でも、査定の流れは同じです。
ただし、お店までの移動を考慮すると、所要時間には大きな差が生じました。

所要時間
合計1社の平均
出張査定
(3社)
2時間30分50分
持ち込み査定
(5社)
7時間30分90分

また、店舗査定だとイスに座って商談するので、どうしても話が長引く傾向があります。

ですから、忙しい方は出張査定のほうがおすすめです。

4.商談の雰囲気

また、商談の雰囲気も多少変わります。

持ち込み査定の場合は、“とりあえず見積もりをとる” といった感覚です。
大抵は無料のドリンクがあるので、わりと気楽な雰囲気があります。

一方、出張査定の場合は、わざわざ無料で出向いているということもあり、営業マンの方も契約をこの場で決めるつもりでいます。

ですから、出張査定のほうが本気モードというか、すんなり引き下がってくれない雰囲気はあります。

以上の4点が、持ち込み査定と出張査定の主な違いです。

持ち込み査定と出張査定で車の買取額は変わる

ただし、持ち込み査定と出張査定の決定的な違いがもう一つあります。
それが、車の査定額です。

実は、持ち込み査定のほうが安く、出張査定のほうが高くなる傾向があるんです。
理由としては、以下のことが考えられます。

  • 店舗査定の場合、見積もり感覚なので、店側はとりあえず低めの査定額を提示して様子を見る。
  • 出張査定の場合、その場で契約を決めてもらうため、店側もある程度は本気の査定額を提示する。

実際に2台の車で「店舗査定」と「出張査定」の金額を比べてみたので、その結果をご覧ください。

このとおり、出張査定のほうが高いのは明らかです。

ですから、冒頭でもお伝えしたように、お試しなら「持ち込み査定」でいいですが、いざ車を売るときは「出張査定」のほうをおすすめします。

車の出張買取と持ち込み査定のメリット・デメリット

それでは、ここまで説明してきた店舗査定と出張査定の違いをまとめましょう。

店舗査定出張査定
予約ナシでも可必要
場所店舗指定場所
時間長い短い
雰囲気見積もり感覚やや緊張感がある
査定額低い高い

それぞれの方法によって、このような違いがありました。

したがって、持ち込み査定と出張査定のメリット・デメリットは、以下のとおりです。

店舗査定出張査定
メリット
  • 予約なし(飛び込み)でもOK
  • 査定場所に困らない
  • ドリンクが無料
  • 短時間で終わる
  • 何社か比較する場合は効率が良い
  • 動かせない車でも査定が可能
  • 査定額が高い
デメリット
  • 移動時間がかかる
  • 待たされる可能性がある
  • 何社も回るのが大変
  • 査定額が安い
  • 予約が必要
  • 査定場所を確保する必要がある
  • その場で契約を迫ってくる

「持ち込み査定」は予約なしで気軽に受けられるのがメリットで、買取相場を知りたい場合などに利用すると良いです。

「出張査定」は移動時間がなく、また、何社か比較するときにも効率的です。
さらに、査定額が高くなる傾向があるので、いざ本気で車を売るときは出張査定のほうをおすすめします。

車査定に関するQ&A

最後に、車査定に関する基本的な疑問にお答えします。

 

出張査定は手数料がかかるの?

無料です。

車の査定はどのお店も無料でやってくれるので、気軽に申し込みましょう。

 

査定のときに必要なものは?

車検証です。

車検証さえあれば、査定だけは受けられます。

なお、契約の際は、それ以外の書類も必要になります。

 

出張査定の場所はどこでもいいの?

自宅か職場が好ましいです。

公園やショッピングモールの駐車場を使うケースもあるようですが、やはりふだん車を止めている場所が良いです。

 

出張査定は立会いが必要?

どちらでもOKです。

査定中は自宅にいても構いませんが、いろいろと聞きたいことがあれば立ち会うと良いでしょう。

 

出張査定にかかる時間は?

30分〜1時間くらいです。

早ければ30分くらいで終わりますが、営業マンのペースに呑まれるとグダグダと1時間くらい話し込むこともあります。

 

車の査定は夜でも対応してくれる?

営業時間内ならOKです。

買取店の営業時間は、9,10時〜19,20時が一般的です。
ただし、出張査定の予約は、営業終了の1時間くらい前までにしましょう。

 

出張査定は雨の日でも来てくれる?

来てくれます。

基本的には、車の査定額は天候に左右されません。

ただし、屋根なしの環境であまりにも土砂降りなときは、査定範囲がどうしても制限されます。
あとで「欠陥が見つかった」などと文句を付けられないよう、車の状態は口頭で細かく伝えると良いです。

 

出張査定の予約方法は?

3つの方法があります。

出張査定の予約方法は、以下の3つがあります。

  1. お店に直接電話する
  2. ホームページから予約する
  3. 一括査定サイトから予約する

最もてっとり早いのは「直接電話」ですが、何社か比較したい場合は車一括査定サイト(無料)から予約すると簡単です。

 

査定を受けたら、車を絶対に売らないといけないの?

売らなくても大丈夫です。

【査定=見積もり】なので、もちろん車を売るかどうかはあなた次第です。
査定額に納得できなければ、ほかの買取店を当たりましょう。

まとめ

今回の内容で、車の持ち込み査定と出張査定の違いが理解できたでしょうか?

どちらの方法で査定を受けたらいいか迷ったときは、以下を参考にしてください。

持ち込み査定はこんな人にオススメ!

  • 予約なしでパッと査定を受けたい
  • 出張査定に適した場所がない

 

出張査定はこんな人にオススメ!

  • お店に行く時間がない
  • 何社か比較してから決めたい
  • 車を少しでも高く売りたい
  • 車検切れの車または不動車など

「持ち込み査定」は予約なしで気軽なのは良いのですが、やはり、車を高く売ることを考えれば「出張査定」がオススメです。

ただし、買取業者によっても査定額に差が出るので、出張査定で何社か比べたうえで一番高いお店を選ぶようにしましょう!