雨の日の車査定はリスクあり!天気に左右されない車の売り方とは

雨の日に車を査定してもらう場合、その影響で評価が左右されないか心配ですよね。

基本的には、雨の影響で査定額が下がることはありません。
晴れでも雨でも、車の品質そのものは変わらないからです。

とはいえ、ボディは水滴だらけの状態で、しかも、査定士は傘を差しながら車をチェックすることになります。
ですから、見落としがないとは言い切れません・・・。

そこで今回は、雨の日に車の査定を受けるリスクについて解説したいと思います。

車の査定で天気はどう影響する?

車の「外装」は、査定評価を決定づける重要な要素のひとつです。
そのため、傷やへこみ、サビ、再塗装の有無などの劣化具合はくまなくチェックされます。

ただ、ボディ表面の見え方というのは、そのときの天候にかなり影響を受けます。

たとえば、直射日光が当たると、洗車傷までバッチリ見えますよね。↓

もちろん、水アカもご覧のとおり。↓

晴れの日は、ボディを透かすように見ると「再塗装のムラ」も良く分かるそうです。↓

しかし雨の日になると、ボディ表面に水滴がつくので、目立たない小さな傷や汚れはごまかしが利きます。↓

「色の白いは七難隠す」ではないですが、雨にはボディ表面の劣化をカモフラージュする効果があるんです。

ただ、雨だからといって、査定額が上がるわけではありません。
洗車傷や水アカ程度ならカンタンに補修できるので、査定にはほとんど響かないからです。

もちろん、大きな傷は減点対象になりますが、そのような箇所は雨でも確認できます。

したがって、雨が降っていたとしても査定額が変わることはありません、、、本来は。。

雨の日に査定を受けるリスクとは

ところが実際は、雨の日は査定額が下がるリスクが潜んでいます。

ちょっと想像してみてください。
雨の中、果たして本当に車の隅々までチェックできるでしょうか?

この写真は「晴れの日の査定風景」ですが、もし地面が雨で水浸しだったら、こんな体勢でのぞき込めないですよね。↓

つまり、雨の日は「いつも通りの査定」ができないため、査定ミスの可能性があるんです!

雨の日は査定額を下げられる可能性がある

もちろん、査定ミスは店側の責任です。
一応プロの資格を持っているわけですから、お客さんに責任を押しつけるようなことは恥ずかしくできません、ふつうは・・・。

ただ、買取業者としても、査定ミスによる損失は避けたいところ。

では、どうするのかというと、査定ミスがあった場合のことを見越して、はじめから査定額を低く見積もるんです。

そうすれば、もし雨で見落としがあっても、店側は損失を回避できます。

これが、雨の日に査定を受けるリスクです。
このようなデメリットを考えると、やはり「晴れ」か「くもり」の日に査定を受けるのが無難だと思います。

査定日に雨が降りそうな場合はどうする?

とはいっても、都合よく晴れるとは限らないですし、予定を変えられないこともあるでしょう。

なので、もし査定日に雨が降ったら、そのときは仕方がありません。

ただ、天気は変えられませんが、その代わり、何社か査定を受けることをオススメします。

そうすれば、天候に関係なく、条件のいいお店を選べるからです。
ここは車を高く売るために一番重要なポイントなので、ぜひ実践してみてくださいね。

≫買取店を比較して最高額を選ぶ

まとめ

本来なら、車の査定額が天候に左右されることはありません。
どんな天気であっても、車の品質は変わらないからです。

ただ事実として、雨による査定ミスは起こります。
だから、できれば晴れかくもりの日に査定を受けたほうが無難です。

でも、お天道さまの気分次第では、査定日に雨が降ることもあるでしょう。
それに関しては、どうすることもできません。

その代わり、何社か査定を受けて比較することをオススメします。
ここさえ押さえておけば、どんな天気でも車を高く売ることはできるはずです。