車の売却にかかる期間は?買取までの日数と何日前に査定を申し込むべきかを解説

車を買い替えるとき、今乗っている車を売るのが早すぎると、納車まで足がなくなってしまいますよね。
なので、納車に合わせて、今の車を買取に出す必要があります。

では、車を売るにはどのくらい日数がかかり、査定は何日くらい前に申し込めばいいんでしょうか?

車の売却にかかる期間は、ふつう1〜2週間ほどです。
したがって、売却に向けて動きだす時期は、次の車が納車される1〜2週間前ということになります。

ただし、そのタイミングが早すぎても遅すぎても、車の買取額が下がってしまうリスクがあるんです。

というわけで今回は、車の売却にかかる日数と、いつ査定に出すべきかを解説します。

車の売却にかかる日数

今の車を下取りに出さないのであれば、「売却」と「購入」をそれぞれ別のお店で進めることになるかと思います。
その場合、「引き渡し」「納車」のタイミングを合わせる必要があります。

ただ、納車日はメーカー次第です。
したがって、今の車を手放すタイミングを調整しなければいけません。

まずは、売却の流れを確認しましょう。

状況によって③④が前後することもありますが、だいたいこの流れになります。

実は、①〜④までは最短1日で終わります。
ただ、それは、すべての準備ができており、なおかつ契約を即決した場合のみ。
普通なら、1〜2週間くらい見ておけば大丈夫です。

したがって、売却に向けて動きだすタイミングは納車日の1〜2週間前になります。

つまり、段取りはこうです。

  1. 納車日が決定
  2. 納車日の1〜2週間前になったら売却を進める
  3. 何社か査定を受け、売却先を選ぶ
  4. 契約を交わし、引き渡し日を指定する

ポイントは、こちらが「引き渡し日」を指定すること。
そうすれば、あなたの都合のいいタイミングで車を手放すことができます。

なお、買取代金は、車を引き渡してから2日〜1週間ほどで振り込まれます。(早い業者は翌日振込)

車を売却するまでの期間が長すぎるのはNG

余裕をもって売却を進めたい方もいるかと思いますが、実は、査定を受けるのが早すぎるのは良くありません。
なぜなら、引き渡しまでに時間が空いてしまうと、その間に相場が下がる可能性があるため、買取店はそれを見越して査定額をつけるからです。

つまり、相場の変動が読めない分、買取額が低くなるということ。

したがって、査定のタイミングが早すぎると、車は高く売れません。

車の売却にかける日数が少なすぎるのもNG

でも、だからといって、納車直前になってから動きだすのも良くありません。
期限が迫ってから車を売ると、何社か比較したり、交渉したりする時間の余裕がなくなるからです。
業者はそのことを見抜き、こんな風に頭のなかで算段をつけるでしょう・・・。

つまり、焦って車を売ると、業者に足もとを見られるリスクがあるんです。

なので、査定を申し込むタイミングは、やはり納車日の1〜2週間くらい前が良いです。

なお、今の車の買取代金を購入費用に充てるため、早めに手放したい方もいるかと思います。
その場合はやむを得ないので、納車まで代車を借りましょう。

車買取店の代車サービスを電話調査!納車まで代車OKのお店を探す方法も解説

ちなみに、ディーラーで下取りに出せば、納車当日まで今の車が使えるので、手放すタイミングをわざわざ調整しなくて済みます。

ただし、ディーラーの下取り価格は安い傾向があります。

「ディーラー下取りは安い」の真相に迫る。下取りの裏事情と査定基準とは?

ですから、車を引き渡すタイミングを調整する必要がありますが、やはり、中古車買取店で売ることをおすすめします。

まとめ

では、車を売るときの流れをもう一度確認しておきますね。

問題なければ、①〜④までは【数日〜1週間】くらいで終わります。

でも、契約先を迷ったり、書類を揃えるのに時間がかかったりすれば、トントン拍子に進まないこともあります。
また、仕事などで都合が付かないこともあるでしょう。

なので、余裕をもって進めたい方は、【納車の2週間前】くらいから動き出すと良いです。
このタイミングが早くても「相場下落のリスク」が、遅くても「業者に足もとを見られるリスク」があるので、そこに注意しながら売却を進めてくださいね。

そして、なるべく条件のいいお店に車を売ることも忘れないようにしましょう。