車買取店の代車サービスを電話調査!納車まで代車OKのお店を探す方法も解説

車を買い替えるとき、今の車を納車前に引き渡してしまうと、移動手段がなくなって困りますよね。
そういうときは、買取店で代車を貸してもらえるんでしょうか?

こんにちは!
『GOODBYE CAR』の岡田です。

今の車を納車のタイミングで引き渡せば問題はないんですが、そうできないこともあるかと思います。

そこで、大手買取店に「代車の有無」を問い合わせてみました!
結果、10社中7社は「代車サービスはある」とのこと。
ですから、代車が必要なときは、売却先の買取店で借りることができます。

ただし、代車が出払っていたり、そもそも代車サービスがないお店もあります。

というわけで今回は、大手買取店の代車サービス事情と、納車まで代車を借りられるお店の探し方について解説します。

車の買い替えで代車が必要になるケースとは

そもそも、今の車を納車まで使うことができれば、わざわざ代車を借りる必要はなくなります。
というのも、大前提として、車をいつ引き渡すかはあなたの自由だからです。

ですから、引き渡し日を調整することで代車を借りなくて済むなら、それに越したことはありません。

ただ、「今の車の車検」が納車前に切れてしまうケースも考えられます。

その場合は、車検が切れる前に今の車を売ることになります。

また、「今の車の買取代金」を頭金に充てるケースもあるでしょう。

そのためには、今の車を納車前に売り、買取代金をあらかじめ受け取っておく必要があります。

このようなケースでは、今の車を前もって売却しなければいけないので、納車までは代車を借りることになるでしょう。

車買取店大手10社の代車サービス事情

というわけで、ここからは、買取店の代車サービスについて詳しくみていきます。

今回、買取店の代車事情を調べるために大手10社へ問い合わせたところ、その内の7社は「代車サービスあり」との回答をいただきました。

まずは、電話調査の結果をご覧ください。
(↓リンクから各社の詳細までスキップします)

買取店 代車サービスの有無 代車費用
アップル 無料
オートバックス なし
カーセブン 無料
カーチス なし
ガリバー 無料
トヨタのクルマ買取 なし
ネクステージ 無料
ビッグモーター 無料
ユーポス 無料
ラビット 無料

代車を貸してくれるのは、〇の付いている7社です。(もちろん無料)

しかし、オートバックス」「カーチス」「トヨタのクルマ買取」の3社は、代車サービスはやっていないとのことでした。

では、各社の条件をみていきましょう。

『アップル』の代車サービス

貸し出し期間 1〜2週間
1ヶ月以上はNG
代車料金 無料
その他・条件 代車の空き状況や商談内容による

『オートバックス』の代車サービス

オートバックスは、基本的に代車サービスはありません。
代車に関する会社としてのルールもないとのことでした。

『カーセブン』の代車サービス

貸し出し期間 1〜2週間
1ヶ月以上はNG
代車料金 無料
その他・条件 代車の空き状況による

『カーチス』の代車サービス

カーチスは、全店共通で代車サービスはやっていません。

ただし、契約から1ヶ月以内の引き渡しなら、買取価格の変更はナシでOKとのこと。

『ガリバー』の代車サービス

貸し出し期間 1〜2週間
代車料金 無料
その他・条件 代車の空き状況やお店の判断による
保険 ガリバーの無料保険あり

『トヨタのクルマ買取(T-UP)』の代車サービス

トヨタのクルマ買取は、全店共通で代車サービスがないようです。
代車に関するマニュアルも存在しないとのこと。

『ネクステージ』の代車サービス

貸し出し期間 1ヶ月以上はNG
代車料金 無料
その他・条件 代車の空き状況による

『ビッグモーター』の代車サービス

貸し出し期間 2週間程度
代車料金 無料
その他・条件 代車の空き状況による

『ユーポス』の代車サービス

貸し出し期間 1ヶ月以上はNG
代車料金 無料
その他・条件 代車の空き状況や商談内容による

3週間以上の長期で借りる場合は、買取価格が下がることもあるそうです。

『ラビット』の代車サービス

貸し出し期間 最大10日
代車料金 無料
その他・条件 代車の空き状況やタイミングによる

代車サービスに関する電話調査のまとめ

それでは、代車の貸し出し条件についてまとめます。

代車費用

代車費用は、基本的に無料です。
その代わり、「車を早く引き取らせてほしい」と言ってくる可能性はあります。

代車を借りられる期間

代車の期間は、おおよそ1〜2週間ほどです。
お店の都合にもよりますが、どれだけ長くても1ヶ月以上は難しいでしょう。

代車を借りる条件

代車を借りる条件は特にありませんが、どのお店も台数には限りがあります。
代車が出払っていれば借りることはできないので、空き状況はよく確認しておきましょう。

 

以上が、今回の電話調査でわかった「代車サービス」の概要です。
代車が必ず借りられるわけではありませんが、無料なのは助かりますよね。

代車の返却方法と帰りの移動手段

では、実際に代車を借りた場合のことを説明していきます。

代車の返却方法

代車は借りものですから、店頭で返却する必要があります。(買取店のスタッフは取りに来てくれません)

また、使った分のガソリンは補充して返すのがマナーですから、最初にガソリンメーターの写真を撮っておくと良いですね。

満タンで返す必要はありませんが、最初のガソリン残量までは戻しておきましょう。

代車を返却したあとの帰りの移動手段

問題は「帰り」です。
代車は店頭で返却することになるので、お店からの移動手段がなくて困りますよね。
代車を納車日に返す場合は、そのままディーラーに向かうこともあるでしょう。

移動手段としては、タクシーや電車、バスが考えられます。

タクシーが一番楽だとは思いますが、料金が高く付いてしまう場合は電車やバスのほうがいいかもしれません。

なお、買取店によっては、最寄り駅まで送ってくれたり、交通費を負担してくれたりするところもあるので、帰りの移動方法については事前に確認しておきましょう。

また、車を購入するディーラーでも、お店によっては最寄り駅まで迎えに来てくれるなど、融通を利かせてくれるケースもあります。

納車までの代車保険はどうする?

では、代車を借りる間の保険はどうなるんでしょうか?

万が一、代車で事故に遭った場合は、あなたがすでに加入している任意保険の「他車運転特約が適用されることになります。

他車運転特約とは

他人の車や代車などを使うときに「同じ範囲の補償」が受けられる保険のこと。

この特約は任意保険にもともと付いているので手続きは必要ありませんが、一応、書類をチェックするか保険会社に問い合わせるかして確認しておくと安心です。

なお、代車の中には結構古いものもあるので、傷や汚れがないか最初にザッと見ておきましょう。

お店から「貸し出す前は、こんな傷なかった」なんて言いがかりを付けられることはないと思いますが、念のためです。

ただ、もちろん、こちらが代車を傷つけてしまった場合は保険か実費で負担することになるので、普段よりも慎重に運転することを心がけてくださいね。

買取店が無料で代車を貸し出す裏事情とは

でも、そもそもなぜ、買取店は代車を無料で貸してくれるんでしょうか?

その一番の理由ですが、実は他社と契約させないためなんです。
仮に、車をA社に引き渡して代車を借りてしまえば、B社と契約するどころか、査定を受けることすらできませんよね。

つまり、買取店が代車を貸し出す(すなわち、契約車両をすぐに引き取りたい)のは、買取をキャンセルさせないためでもあるんです。

ですから、「別のお店に売ればよかった…」と後悔しないためには、「代車あり」という条件下で買取価格が少しでも高いお店を選ぶことが重要になります!

でも、そんな都合のいいお店をどうやって探せばいいんでしょうか?

代車を借りられる買取店の探し方

というわけで、ここからは、代車を借りられる買取店の探し方を具体的に説明していきたいと思います。

手順は、以下の3ステップです。

STEP.1
車一括査定に申し込む

まずは、一括査定サイトを使って候補店を探しましょう。
入力を進めると、自動でピックアップされます。

もし候補店が多すぎる場合は、✓マークを外せば減らせます。

STEP.2
代車OKのお店に出張査定をお願いする

申し込みが完了すると候補店から電話がかかってくるので、そこで希望する期間に代車が借りられるか聞いてみてください。

代車を出してもらえそうなら、そのまま出張査定を予約します。
もし代車がダメなら、その電話で査定を断りましょう。

なお、出張査定に呼ぶのは3社くらいでOKです。

STEP.3
査定を受けて買取額を比較する

あとは各社から査定を受け、買取額が一番高かったところを選ぶだけです。

もし1社ずつ時間を割くのが面倒なら、査定を同じ時間に進めても構いません。

なお、査定の際に、代車の期間や返却方法についても良く確認しておきましょう。

もう一度、流れを確認しておきますね。

  1. 一括査定サイトで候補店を探す
  2. 代車OKのお店に出張査定を依頼する
  3. 査定額を比べて好条件のお店を選ぶ

この手順で進めてもらえば、「代車を借りる」という条件付きで車を高く売ることができるはずです!
一括査定は無料サービスなので、ぜひ使ってみてください。

≫代車を借りられる買取店を探す

車を下取りに出す場合は納車まで代車を借りられる?

ここまで、「車を買取店に売る」という前提で話をしてきました。

では、車を下取りに出す場合は、ディーラーで代車を貸してもらえるのでしょうか?

上記で紹介した「トヨタのクルマ買取」というお店はいわばトヨタディーラーですが、前述のとおり、代車サービスはありません。

しかし、別のトヨタ系ディーラーに問い合わせたところ、「数台なら用意はある」とのことでした。
ただ、借りられる期間はせいぜい3,4日くらいで、しかも「納車までに車検が切れる」といった特別な事情がある場合に限るそうです。

やはり、下取りの場合は、納車まで今の車を使うのが前提なんでしょう。

ディーラーの代車費用(レンタカー代)は高額

なお、問い合わせたトヨタ系ディーラーでは、代車を長期で借りる場合、提携業者のレンタカーを利用することになるそうです。

1週間以上のレンタカー代は、以下のとおりです。

レンタル期間 レンタカー代
(5,000円/日)
1週間 35,000円
2週間 70,000円
3週間 105,000円

けっこう高いですよね・・・。
この料金は、新車値引きを減らす形で相殺そうさいされます。

買取店の代車は無料なのに対して、ディーラーは有料
しかも、ディーラー下取りは安いというデメリットもあるんです・・・!

ですから、ディーラーで車を売るのはやめて、やはり「代車を借りられる買取店」を探すことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

話がちょっと長くなってしまったので、最後にポイントをまとめますね。

《代車を借りずにやり過ごす方法》

  • 《下取り》
    ディーラーに下取りをお願いし、今の車に納車まで乗り続ける。
    →下取り価格は安い傾向があるので、あまりオススメはしません。
  • 《買取》
    車を買取店に売り、引き渡しを納車まで待ってもらう。

 

《代車を借りる必要があるケース》

  • 今乗っている車の車検が納車までに切れる場合
  • 今乗っている車の買取代金を新車の頭金に充てる場合

 

《大手買取店の代車サービス》

  • 10社中7社は代車サービスあり
  • 貸し出し期間は1〜2週間(最長1ヶ月)

「代車サービスがある買取店」をもう一度確認する

 

《代車の保険について》

  • すでに加入している任意保険に「他車運転特約」が付いているから大丈夫。
  • ただし、補償内容は要チェック。

 

《代車の返却方法》

  • 代車に乗っていき、店頭で返却。
  • ガソリンを最初に入っていた量まで補充するのがマナー。

以上が、今回お伝えした要点です。

私としては、代車を借りなくて済むなら、それに越したことはないと思います。
自分の車に最後まで乗っていたいという想いもありますが、慣れない車に乗るのはリスクがあるからです。

とはいえ、車の売却を納車まで待てない事情もあるでしょう。
その場合は、買取店から遠慮なく代車を借りてください。

ただし、代車を貸してくれるお店でも、買取額が安かったら意味がありません!
重要なのは、代車があって、なおかつ、車を高く買い取ってくれるお店を探すことです。

≫代車あり&高額買取のお店を探す手順