【体験談】車一括査定をやってみた!実際の流れや査定結果の全記録

査定額を比較して、車を最高額で売る。

これが『車一括査定』のコンセプトです。
たしかに、車を売る人にとってメリットの大きいサービスではありますが、実際にどういう流れで利用し、そして本当に車が高く売れるのか、その実情が気になりますよね。

こんにちは!
GOODBYE CARの岡田です。

実は、私自身は「車一括査定」を何度も使ったことがあります。
でも今回は、車一括査定がどんなものかをできるだけリアルにお伝えしたいと思い、あらためてサービスを利用することにしました。

出張査定の風景

結果としては、修復歴のある12年落ちのセダンを、最終的には何とか13万円で売ることができました!
「たった13万円?」と思うかもしれませんが、買取相場が底値だったことを考えれば、車一括査定の効果があったのは間違いありません。

この記事は、今回の「車一括査定」のリアルな体験記録を画像付きでまとめたものです。
車一括査定をやってみようか迷っている方は、ぜひご覧ください。

一括査定で売却した車を紹介

まずは、今回売ることになった愛車を紹介したいと思います。

一括査定に出した車の紹介

7年前、約100万円で買った中古の『日産スカイライン』です。
しかし、現在は12年落ちと古くなり、しかも3年前の事故で「修復歴車」扱いになります。

事故による傷と修理後

さらに、半年前の単独事故でバンパーは傷だらけ・・・。

車体前方の傷

そして追い打ちをかけるように、コロナウィルスの影響による相場の大暴落。
正直なところ、厳しい査定結果になることは明白でした・・・。

実際、ネットで調べた買取相場は0円! オートバックスでの査定も0円!

オートバックスの買取見積書

この時点で、心が折れかけたんですが。。

でも、いくら条件が悪いとはいえ、まだまだ現役の車が0円だなんて、、、納得できませんでした!

こういった経緯もあり、今回、車一括査定をやることに至ったわけです。

車一括査定ってどんなサービス?

ところで、あなたは車一括査定がどんなサービスかご存じですか?

ふつう査定を依頼するには、自分でお店を探して、こちらから電話をかけて予約を取りつける必要があります。

査定を直接依頼するイメージ

ただ、車を高く売るために何社か比較しようと思うと、このやり方では面倒です。

しかし、一括査定サイトを使えば、全国の買取業者の中から近くの候補店が自動でピックアップされ、それらのお店に対してサイトを通じて査定をまとめて依頼することができます。

車一括査定のイメージ

これが、“一括査定” という名称の所以ゆえんです。

しかも、完全無料で利用できるので、車を高く売りたい人にとって「一括査定」は非常に都合のいいサービスなんです。

車一括査定がどんなものか、何となくイメージできたでしょうか?

車一括査定の流れは4ステップ

さて、前置きはこのくらいにしておいて、ここからは車一括査定の体験記録を時系列で見ていきましょう。

サービスの流れですが、基本的には以下の3つのステップがあります。

要は「査定額を比べて一番高いお店を選ぶ」というだけの話なんですが、それを簡単にやれるサービスが『車一括査定』というわけです。

それでは、車一括査定の実際の流れをご覧ください。

【STEP1】
一括査定を申し込む

まずは、一括査定を申し込むところからスタートです。

車一括査定の申し込み画面

車情報と個人情報をフォームに入力すると、以下のように候補店がリストアップされます。

車一括査定で紹介された買取候補店

ここで、査定を依頼する会社を選びます。
チェックを外すと、候補から除外されます

また、電話番号が正しいことを確認するために「認証コード」がSMSで送られてくるので、4桁の数字を入力します。

認証コードの入力画面

これで申し込みは完了です。

【STEP2】
出張査定の日時を決める

申し込みが終わると「上記で選択した買取店」から電話がかかってくるので、そこで出張査定にいつ来てほしいかを伝えます。

今回、私の場合は、以下の6社7店舗が候補に挙がりました。

候補店対応
1ビッグモーター出張査定
2ネクステージ①電話のみ
3ネクステージ②電話のみ
4ラビット出張査定
5アップル出張査定
6カーチスメールのみ
7グッドスピード連絡なし

ただ、12年落ちの修復歴車ということもあり、出張査定に来てくれることになったのは「アップル」「ラビット」「ビッグモーター」の3社だけでした。

【STEP3】
査定額を比較する

次は、いよいよ査定本番です!
今回は、時間をずらして上記3社から査定を受けました。

【1社目】
アップルの査定結果

申し込み当日、さっそく来てくれたのは「アップル」。

アップルでは何度か査定を受けていますが、人当たりが良く、良心的なイメージがあります。

ただ、次に来たラビットとバッティングしたせいか、踏み台にされるのを嫌がり、「あとで電話します」と言って早々と帰ってしまいました。

数時間後、電話で提示してきた金額は10万円。

  • アップルの査定額:10万円
  • 所要時間:30分

【2社目】
ラビットの査定結果

アップルのすぐあとに来たのが「ラビット」です。

明るい雰囲気の方で、まさに営業マンタイプでした。

「希望額ってありますか?」「オークションの相場がこの金額なんです〜」とあれこれ探り合いが続き、やっと提示した金額が7万円。

  • ラビットの査定額:7万円
  • 所要時間:60分

【3社目】
ビッグモーターの査定結果

次の日、一番あと出しで登場したのが「ビッグモーター」です。

爽やかなイケメン風の営業マンでした。

ビッグモーターも「できるだけ安く買い取りたい」という気配があり、最終的に提示した金額は5万円。
「この場で決めてくれれば、もう少しがんばります」と言っていましたが、前の2社に比べて安かったので、ここは交渉を見送りました。

  • アップルの査定額:5万円
  • 所要時間:60分

こんな感じで、3社の査定は無事に終了。

あとは各社の査定額を比べて、条件が一番良かった買取店を選ぶだけです。

車一括査定の結果まとめ

それでは、出張査定に来なかったお店も含め、今回の車一括査定の結果をまとめます。

車一括査定の比較結果

ご覧のとおり、「査定に行くまでもない」と判断したお店は0円を提示するなか、出張査定に来た3社のうちアップルは10万円の値をつけてくれました!

買取相場は底値でしたが、それでも結構リアルな差が出ましたね。

このように、一括査定で何社か比較すれば、おのずと条件のいい買取店を選ぶことができるわけです。

さらに、車一括査定は “比較前提のサービス” という特性上、申し込んだ時点で業者間に競争意識がめばえ、査定額が底上げされるメリットがあります。

その一例をご紹介しましょう。

このように、査定額の差が数十万円になることもあるんです。

ちなみに、私も別の車で一括査定をやったときは、リアルに差額が30万円になりました!

8年落ちパッソの買取記録!下取りより査定が30万円UPした手法を全公開

今回査定してもらった車は高額査定とはなりませんでしたが、一括査定が有効だということはお分かりいただけたでしょうか?

なお、今回は車一括査定サイトの『カービュー』を使いました。

今回利用した車一括査定サイト

カービューの特徴は、以下のとおりです。

  • ヤフー株式会社が運営
  • サービスの運用期間が業界で最も長い
  • 利用実績450万人突破(業界No.1)
  • 大手買取店と全社提携
  • 地元業者を含めた全国300社以上と提携

やはり、車一括査定のパイオニアである『カービュー』は利用実績も豊富ですし、何より安心感があったので、今回利用するサイトとして選びました。

車一括査定をやってみたい方は、ぜひ使ってみてください。

≫カービューの公式サイトはこちら(無料)

車一括査定リベンジ編

ただ、実のところを言うと、上記の段階では契約はしませんでした。
というのも、「もう少し高く売りたい」と欲が出たからです。

そこで3ヶ月後、今度は本気で車を売るつもりで一括査定をリベンジすることに。。

今回は、3社を同じ時間に呼び、その場で競い合ってもらうことにしました。

いわゆる「合同査定」という方法ですが、これには次のようなメリットがあります。

  • 査定の手間を最小限に抑えられる。
  • プロ相手に交渉する必要がない。
    (業者同士で駆け引きする状況になるから)
  • 各社がギリギリの金額を提示する。
    (安い金額を出せば、その場で負けが決定するから)

要するに、時短かつ気楽で、車がより高く売れる方法なんです。

一括査定の申し込みは上記で説明したとおりですが、その際、各社が同じ時間に来るように出張査定を予約すればOKです。

というわけで、2回目の一括査定では「アップル」「カーチス」「グッドスピード」の3社が出張査定に来てくれました。

2回目の車一括査定に来た3社

それぞれ絶妙な距離感を保ちつつ、査定は進みます。。

今回は3社がその場に居合わせたということもあり、査定額を名刺裏にそれぞれ書いてもらい、一発勝負の「入札方式」で決着を付けました。

名刺裏に書かれた査定金額

そして、その結果がこちらです。↓

会社名買取価格
第1位グッドスピード112,000円
第2位アップル110,000円
第3位カーチス89,000円

1回目の一括査定では最高10万円だったので、わずかではありますがリベンジ編では12,000円アップしたことになります。

これで無事、売却先も決定。

車買取契約書

さらに後日、自動車税の還付金18,800円も受け取りました。

自動車税還付通知書

したがって、一度は0円査定を告げられた愛車のスカイラインですが、最終的には約13万円(買取額+還付金)で売れたことになります。

なお今回、車一括査定をやるまえに買取店(店舗)やディーラーでも査定を受けたので、すべての結果をまとめて比較してみましょう。

査定比較の調査風景
査定方法平均最高額
買取店(店舗)査定
(5社比較)
5万円8.1万円
一括査定
(3社個別)
7.3万円10万円
一括査定
(3社合同)
11万円13.1万円
ディーラー査定6万円8万円
査定方法による買取金額の違い

ご覧のとおり、同じ車なのに査定方法(あるいは店舗)によって金額はバラバラでした。

このように差が生じたのは、やはり、車一括査定サービスを利用したことで業者同士が競い合う状況になり、査定額をギリギリまで上げざるを得なくなったことが一番の要因です。

しかし、逆にいえば、ただ査定を受けるだけでは安く買い取られるリスクが高くなってしまうわけです。

なぜ一括査定をやると車が高く売れるのか、おわかりいただけましたか?


それでは、あらためて一括査定の利点をまとめます。

  • 近くの買取店が自動で見つかる
  • 選んだ候補店にまとめて査定依頼できる
  • 査定額を比べて一番高いお店を選べる
  • 各社が競い合うことで査定額が底上げされる

私の経験からも、一括査定サービスは手間が省けるだけでなく、車が高く売れる効果は確かです。
ですから、あなたも車を売るのであれば、ぜひ使ってみることをおすすめします。

≫車一括査定をやってみる(無料)

車一括査定をやってみた率直な感想

というわけで無事、一括査定も終わり、後日、雨のなか愛車は引き取られていきました。。

今回、車を売るにあたり、一括査定を結局2回やることになったわけですが、総評として、サービスへの率直な感想を最後にまとめたいと思います。

車一括査定の総評

・出張査定の予約が簡単!

まず、サービスのメリットとして、査定予約の手間が省けることが挙げられます。

ふつう、車の買取額を比較しようと思うと、お店を何社も回るか、1社1社に電話をかけて車情報や住所などを説明したうえで出張査定の予約を取り付ける必要があります。

でも、一括査定を使えば、たった1回の情報入力で、しかもサイト経由で査定を申し込めるので、手間を考えれば圧倒的に楽です。

・業者からの電話は余裕で対応できる

「一括査定に申し込んだ途端、業者からの電話が鳴り止まない」なんて口コミを目にします。
でも、このような事態になるのは、「サービスを詳しく知らない」「査定会社が多すぎる」「電話を無視する」といったことが原因です。

ユーザーが選んだ会社から電話がかかってくるサービスなので、そこを理解してうえで、申し込みの段階で候補店をしぼり込めばまず問題にはなりません。

・査定自体は省けない

一括査定を「ネット上で査定額を比較できるサービス」とよく勘違いされることがありますが、あくまでも査定を依頼するためのサービスです。

便利なサービスとはいえ「査定」自体は省けないので、その点は理解しておきましょう。

・車の買取額は確実にアップする

そして何より、車が高く売れるのは確かです。
なぜなら、前述したように、比較前提のサービスであるため、業者間の競争意識が高まり、結果的に「安く買い取れない状況」になるからです。

しかも、駆け引きの相手は【売り手↔業者】ではなく【業者↔業者】ですから、難しい交渉も必要なく、案外気楽なものです。

今回の内容で、車一括査定サービスの実態がだいぶクリアになったかと思います。

そもそも、サービスを使っても使わなくても、車を売るには必ず「査定」を受ける必要があります。
であれば、一括査定をやって車を少しでも高く売ったほうが得ですよね?