車の買取価格が5万円は安すぎ!査定額が安い車を妥当な値段で売る方法

「車の買取価格が思っていたより全然安すぎた・・・。ホントに妥当な金額なの?!」

車の査定額が予想外に安く、納得できないこともあるかと思います。
古本の買取ならまだ諦めがつきますが、車ともなると、そうはいかないですよね。

こんにちは!
『GOODBYE CAR』の岡田です。

実は私も、愛車の査定額の安さに唖然あぜんとしたことがあります・・・。
その車がこちら。

確かに年式が古く、事故歴もあるので、条件は良くありません。
でも、まさか、現役バリバリの車が5万円だなんて・・・。

納得できなかった私は、もう一度仕切り直して、買取相場を調べたり、さまざまな査定方法を試すことにしました。
その結果、何とか当初の倍以上の金額で車を売ることができたんです!

あなたも、車の買取価格が「安すぎる!」と感じたのであれば、その金額は鵜呑みにせず、もっと高く売れる方法を試してみてはいかがでしょうか?

というわけで今回は、車の買取価格が安くなってしまう理由と、妥当な値段で売る方法を解説していきたいと思います。

車の買取価格が安いと感じる3つの要因

そもそも、車の買取価格が「安い」と感じるのは、大きく3つの要因があります。

【要因その1】
買取の相場観がズレている

まず考えられるのが、「このくらいで売れるだろう」と予想している金額が、実際の買取相場とズレている可能性です。

たとえば、中古車価格100万円の車がありました。

これと同じような車を売る場合、買取価格も100万円に近い金額になりそうな気がしますよね。

でも実際は、買取→販売までにはさまざまな業者をはさむので、「買取価格」と「販売価格」には大きなギャップが生じます。

つまり、中古車の販売価格をイメージして査定を受けると、買取価格に対して「安い」と感じてしまうわけです。

【要因その2】
中古車としての市場価値が低い

買取価格が安いのは、そもそも「中古車としての価値」が低いのかもしれません。

たとえば、次のような車は市場価値が下がります。

  • 年式が古い
  • 走行距離が多い
  • 不人気モデル
  • 修復歴、浸水歴がある
  • 内外装の状態が悪い
  • 故障箇所がある
  • 需要のない改造車

まだまだ使える車でも市場価値が低ければ、残念ながら、買取価格が安くなってしまうのは仕方がありません。

ただ、売り手は車に対して思い入れがある分、その価値を高く見積もる傾向があります。
つまり、「売り手の価値観」と「市場価値」とのギャップが、安いと感じさせる要因でもあるんです。

【要因その3】
業者が安く買いたたこうとしている

そして一番の要因は、業者があなたの車を安く買い取ろうとしているからです。

単純な話、車を安く買い取ることができれば、業者はそれだけ儲けが増えます。

つまり、あなたが “安すぎる” と感じたのは、何も気のせいではなく、本当に買取価格が安い可能性があるんです!

では、ポイントをおさらいします。

  1. 買取の相場観がズレている
  2. 中古車としての市場価値が低い
  3. 業者が安く買いたたこうとしている

以上3つが、車の買取価格が「安い」と感じてしまう要因です。

車の買取価格を自ら安くしてしまう間違った対応

しかし、それだけではなく、あなた自身の対応が原因で、買取価格をみずから下げてしまう恐れもあります。

その対応とは、次の4つです。

  1. 査定額を比較しない
  2. 営業マンの言うことを鵜呑みにする
  3. 他社の査定額を明かす
  4. 希望買取価格を言う

なぜ、これらの対応がダメなのか、順に説明していきますね。

【間違った対応その1】
査定額を比較しない

車を高く売るうえで、査定額を比較しないのは致命的といえます。
なぜなら、車に対する評価はお店によってバラバラだからです。

実際、冒頭で紹介した私の車の場合、査定額は以下のようになりました。

ご覧のとおり、査定額が全然違いますよね。
これが、もっと高く売れる車なら、その差が数十万円に及ぶこともあります!

したがって、相見積あいみつもりをとらないのは、みずから “安く買いたたける状況” を作っているようなものです。

【間違った対応その2】
営業マンの言うことを鵜呑みにする

また、以下のような営業トークを鵜呑みにするのもNGです。

営業マン

この場で契約していただければ、がんばって〇万円プラスします!

《解説》

これは、お得感を演出して、今すぐ契約を取りつけるためのトーク。
他社と契約させないための手段ともいえます。

 

営業マン

オークションの値段がコレなんで、そこから経費を引くと、この金額が限界なんです・・・。

《解説》

業者だけに公開されているデータをあえて見せるのは、信頼を得るための常とう手段。
でも、オークション価格もピンキリなので、提示金額が本当に限界かは疑わしいです。

 

営業マン

どこの会社も同じオークション価格を見ているので、査定額は変わらないですよ。

《解説》

たしかに一理ありますが、でも実際は、査定額が同じになることはありません。
したがって、これも、他社へ行かせないためのトークといえます。

 

営業マン

年式のわりに状態もいいので、〇〇万円でいかがですか?

《解説》

あたかも、好条件を提示しているかのような言い方ですが。。
でも、売り手が相場を把握していなければ、実際は買取価格が安くても “高い” と思わせることは可能ですよね。

このように、買取業者にとって「妥当な金額」「好条件な金額」を演出するのはたやすいこと。
だから、営業トークをそのまま鵜呑みにするのは危険です。

【間違った対応その3】
他社の査定額を明かす

車を高く売るために、「他社の見積もり」を引き合いに出して交渉することがあります。
でも実は、それが逆効果になってしまうケースもあるんです。

たとえば、A社の査定額が50万円だったとします。
次にB社から査定を受け、その際に「A社は50万円でしたよ」と交渉しました。
その結果、B社は55万円を提示してくれたので、一見、交渉は成功したかのように思えます。

でも、A社の50万円が、そもそも相場より安かったらどうでしょう?
そこから多少プラスされたところで、結局、安く買い取られてしまいますよね。

つまり、この場合は、A社の金額を教えたことで、B社に “相場より安く買い取るための基準” を与えてしまったことになるんです。

【間違った対応その4】
買取希望額を言う

同様の理由で、希望額を言うのも良くありません。

たとえば、50万円を提示されたあとで「希望は55万円です」と交渉したところ、向こうが承諾したとしましょう。

でも、希望額55万円が相場より安ければ、交渉が成功しても結局損をします。
逆に、思い切って高い希望額を伝えても、「さすがにその金額はムリです・・・」と言われるだけ。

なので、希望額は言わないほうが無難です。


ここまでを、おさらいしておきましょう。

  1. 査定額を比較しない
  2. 営業マンの言うことを鵜呑みにする
  3. 他社の査定額を明かす
  4. 希望買取価格を言う

これらの対応は結果的に買取価格を下げてしまいかねないので、気をつけてくださいね。

では結局のところ、どうすれば車を適正価格で、あるいはそれ以上の値段で売ることができるのでしょうか?

買取価格が安すぎた車を妥当な金額で売るための2ステップ

というわけで、「買取価格が安い」と感じた方のために、車を納得の金額で売る方法を紹介します。

手順は、以下のとおりです。

  1. お試しで査定を受けてみる。(相場観を養うため)
  2. 何社か競い合わせて最高額を提示してもらう。

では、進め方を詳しくみていきますね。

【STEP1】
お試しで査定を受けてみる(相場観を養うため)

まずは買取店を2,3社回り、実際に査定を受けてみましょう。

査定は無料なので、見積もり感覚でOKです。(週末は予約したほうが無難)
そうすれば、だいたいの相場観はつかめるはずです。

お店を回るのが面倒なときは、概算価格をネットで調べておきましょう。

車の買取相場を匿名で調べられるサイト6選。ネット査定の精度はいかに!?

【STEP2】
何社か競い合わせて最高額を提示してもらう

相場を把握したら、次はいよいよ本番の査定に挑みます。

ここでのポイントは、何社か競い合う状況をつくること。
そうすることで、業者同士の競争意識が高まり、査定額も底上げされるからです。

査定を予約するときは『車一括査定サイト』を使ってみてください。

一括査定サイトを使えば、候補店がすぐに見つかり、出張査定もまとめて依頼できます。

以下のとおり、流れは至ってシンプルです。

なお、査定は、何社か同じ時間に呼んでもOKです。
業者同士がその場で勝手に駆け引きする状況になるので、結果的に車を相場以上で買い取ってもらえます。

≫安すぎた車を相場以上の値段で売る

【実例】買取価格5万円の車が倍以上の値段で売れた!

もちろん、私もこの方法を実際にやってみました。
そのとき売ったのが、冒頭でも紹介したこちらの車です。

前述のとおり、最初のお店で提示された金額はなんと5万円
さらに、この車の買取相場が底値まで落ちていたこともあり、お店によっては0円査定になる始末でした・・・。

でも、まだまだ全然使える車が5万円とか、0円とか、、ふつう納得できませんよね!

そこで私は、上記の方法を試すことにしたわけです。
その結果、最高額11.2万円を提示してもらえ、無事、契約に至りました。

最初に提示された5万円を鵜呑みにしなくて、本当に良かったと思います。。

まとめ

車の買取価格が安くなってしまうのは、実際に市場価値が低いという理由も考えられますが、店側が安く買いたたこうとしている可能性も強いです。

だからこそ、何社か査定を受け、相場を把握したうえで好条件のお店を探すことが重要になります。

あなたも「買取価格に納得できない」「車を少しでも高く売りたい」と思うのであれば、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください。
きっと、愛車を相場以上の値段で売ることができるはずです!