低年式車・過走行車でも全然売れる!現役バリバリな古い車の買取手順

年式10年を超えた低年式車、あるいは、走行距離10万キロ以上の過走行車を売るとき、「どうせ大した値段はつかないでしょ・・・」と思い込んでいませんか?

でも、乗る分にはまったく問題ない車なら、あきらめるのは早いです。

こんにちは!

『GOODBYE CAR』の岡田です。

「古い車は値段がつかない」という話はよく耳にします。
でも、これは、車を安く買い取るための店側の口実に過ぎません。

私も以前、12年落ちの修復歴車を買取に出したことがあります。

買取相場は0円で、お店の査定でも0円を提示された車です。
しかし、それでも、然るべき手段をとったことで、最終的に13万円で買い取ってもらうことができました!

だから、あなたも、まずは「売ること」を前提に考えてみてください。

というわけで今回は、低年式車・過走行車を少しでもまともな値段で売る方法を紹介します。

古い車は買いたたかれないように注意して!

次の会話は、古い車を売るときに良くあるシーンです。

営業マン

これだけ古い車だと、正直、値段はつけられないですねぇ。

でも、ここで決めていただけるなら、何とか2万円で買取させていただきます。

お客さん

やっぱり厳しいですよね…。

じゃあ、2万円でお願いします。

一見、何気ないやりとりですが・・・。
でも実は、本来10万円以上の値がつく車がこんな風に買いたたかれてしまうケースというのは、中古車買取では日常茶飯事です。

その最大の要因は、売り手が「どうせ値段はつかない」と思い込んでいるから。
買取店の営業マンはそこを突いてくるわけです。

低年式・過走行車でも売れる理由

でも、だからといって、あなたの車に価値がないわけではありません。
実際、低年式の中古車でもたくさん売られているからです。

その証拠に、カーセンサーの掲載台数をご覧ください。

《低年式車の掲載台数》

年式走行距離掲載台数
10年落ち20,459台
10年落ち7〜12万km8,422台
12年落ち19,256台
12年落ち9〜14万km6,221台
15年落ち11,966台
15年落ち10〜15万km3,208台

※2021年3月調べ

このとおり、かなりの台数が出回っています。
もちろん、中古車として販売するのは、需要があるからです。

また、日本の中古車は、コンディションの良さから海外でも高い人気があります。

タイの交通渋滞の様子矢印はすべて日本車

海外需要があるのは、国内で売りさばけないような古い車も例外ではありません。
日本ほど技術力がない国々では、構造がシンプルで安価な古い車のほうが好まれるからです。

実際、中古車の業者オークションでは、海外のバイヤーが低年式車を高値で落札する光景が日常的にみられます。

だから、たとえ古い車でも、実は商品価値が十分に残っているんです。

低年式車・過走行車の買取相場をリサーチ

では、低年式車・過走行車は、実際にいくらで売れるんでしょうか?

4つの査定サイトを使い、以下8車種の買取相場を調べてみました。

ここでは、低年式車にだいたいいくらの値段がつくのか、イメージだけつかんでおましょう。

10年落ちの車の買取相場

まずは、10年落ちの車から買取相場をみていきます。

TOYOTA プリウス
(年式10年/走行距離10万キロ)

査定サイト買取相場
グーネット31.5万円
カービュー28万円
ナビクル36.7万円
ズバット19〜36万円
平均30.9万円

プリウスは海外でも人気が非常に高いため、10年落ちにしては他の車種よりまともな値段がついています。

SUZUKI ワゴンR
(年式10年/走行距離9万キロ)

査定サイト買取相場
グーネット11〜28.2万円
カービュー9万円
ナビクル14.8万円
ズバット8〜31万円
平均15.7万円

軽自動車は中古でも多くの需要があり、なかでもワゴンRは人気のモデル。
10年経っても、そこそこの買値がつくようです。

MITSUBISHI eKワゴン
(年式10年/走行距離8万キロ)

査定サイト買取相場
グーネット
カービュー5万円
ナビクル10.8万円
ズバット1〜17万円
平均8.3万円

eKワゴンも人気の軽ですが、ワゴンRに比べて買取相場は低め。
とはいえ、10年落ちの軽が10万円前後なら良いほうです。

13年落ちの車の買取相場

次に、13年落ちの車の買取相場をみていきましょう。

HONDA フィット
(年式13年/走行距離12万キロ)

査定サイト買取相場
グーネット
カービュー3万円
ナビクル
ズバット0〜9万円
平均3.8万円

フィットは爆発的に売れたモデルですが、今では中古市場にあふれかえっているため、買取相場は軽よりも低めです。

TOYOTA ハリアー
(年式13年/走行距離14万キロ)

査定サイト買取相場
グーネット17.4〜18.2万円
カービュー19万円
ナビクル
ズバット10〜37万円
平均20.1万円

人気のハリアーですが、13年落ち・14万キロともなると、日本で売りさばくのは難しくなります。
中古市場には、コンディションのもっと良いものがゴロゴロあるからです。
しかし、ハリアーは海外でも人気があるため、かなり古くても20〜30万円くらいの値はつきます。

15年落ちの車の買取相場

では、もっと古い15年落ちの車の買取相場はいくらになるんでしょうか。

TOYOTA クラウン
(年式15年/走行距離12万キロ)

査定サイト買取相場
グーネット5〜7.9万円
カービュー8万円
ナビクル
ズバット9〜16万円
平均9万円

セダンのなかでも圧倒的な人気をほこる日本の高級車クラウンですが、さすがにこれだけ古くなると買取相場はきびしい金額になります。
とはいえ、15年落ちの車が10万円前後で売れれば、御の字ではないでしょうか。

NISSAN セレナ
(年式15年/走行距離12万キロ)

査定サイト買取相場
グーネット
カービュー4万円
ナビクル
ズバット0〜6万円
平均3.5万円

全車種のなかでも、セレナはトップクラスの人気があります。
ただ、中古のミニバンは年式の新しいものに需要が集中するため、15年落ちのセレナは買取相場がほぼ底値です。

TOYOTA カローラ
(年式15年/走行距離12万キロ)

査定サイト買取相場
グーネット16.6〜20.2万円
カービュー15万円
ナビクル
ズバット11〜24万円
平均19.7万円

つくりや外装がベーシックなカローラはとくに輸出需要が高く、海外ではタクシーとしても多く使われています。
そのため、上記のセレナと古さは同じでも、カローラのほうが買取相場は高めです。


いかがでしたか。

中古車の価値というのは、需要と供給のバランスで決まります。
とくに海外の需要が高い車種であれば、たとえ古くてもそこそこイイ値段で売れます。

もちろん、それ以外の車でも値段がつかないのは考えにくいです。

12年落ち&10万キロ弱の車のリアルな査定額を公開

冒頭でもお伝えしたように、実際に私も12年落ちの車を買取に出したことがあります。

年式のわりにはキレイですが、よく見ると、あちこちに傷があって結構ボロい状態でした…。

しかも、この車、実は修復歴があります。
ボディ骨格にダメージを負った修復歴車は、たとえキレイに直っていても査定額は3〜5割もダウンすると言われてます。

かなり厳しい結果になることは予想できますが、とにかく査定を何社も受けてみました。↓

店舗査定価格
ディーラートヨタディーラー
下取り査定
8万円
日産ディーラー
買取査定
4万円
買取店
店舗査定
アップル7.3万円
ネクステージ4.6万円
ガリバー8.1万円
ビッグモーター5万円
オートバックス0円
買取店
出張査定
アップル10万円
ラビット7万円
ビッグモーター5万円

フタを開けてみれば、このとおり。
買取相場0円の車でも、この段階で何とか最高10万円の値がつきました。

ここまでの内容で、買取への期待が少しは持てたのではないでしょうか?

低年式・過走行の古い車を買取してもらうベストな手順

問題は、その車を “どう売るか” です。

ポイントは、海外への販売経路があるお店に売ること。

ただ、ここは難しく考えなくても、ふつうにディーラーか買取店に売れば業者オークションを通じて輸出業者へ流れます。

あるいは、ディーラーや買取店から輸出業者へ直接流すこともあります。

ですから、古い車を売るときは、ディーラー買取店を候補にしてください。

【STEP1】
ディーラーで下取りの見積もりをとる(新車への買い替える場合)

新車へ買い替える方は、ひとまずディーラーで下取りの見積もりをとってみましょう。

ふつうなら下取りは安くなりがちですが、逆に、本来は値段がつかないような車を数万円で下取りしてくれるケースがあります。

ちなみに、私が乗っていた12年落ちの車は、下取り価格が8万円になりました。

買取店の平均が5.8万円だったので、この8万円は悪くない金額です。

なので一応、ディーラーで下取り査定を受けてみてください。

【STEP2】
買取店でも何社か査定を受ける

ただし、基本的には、買取店のほうが査定額は高くなります。
単純な話、それが買取店の強みだからです。

ディーラー
買取店
サービス勝ち負け
査定価格安い高い

なので、買取店でも必ず査定を受けるようにしてください。

もし、買取店の金額がディーラーよりも安ければ、次のように伝えると効果的です。

あなた

ディーラーで〇〇万円だったので、それより安ければ売りません。

こう言えば、あっさり交渉に応じてくれるでしょう。

さらに、買取店を何社か比べれば、査定額が底上げされます。
実際に私の車は、それで13万円も高く売れました。

≫買取店を比較して最高額を選ぶ

【STEP3】
廃車買取業者に売る

ただ、車の程度によっては、ディーラーや買取店でも値段がつかないことがあります。

その場合は、最終手段として「廃車買取業者」を利用しましょう。
廃車買取業者なら「車体やパーツの輸出」「部品や資源の再販」などで利益を出せるため、どんな車でも買い取ってくれます。

ちなみに、私の車の場合は、廃車前提で6.7万円の買値がつきました。

もし、一般のお店で買い取ってもらえないときは、最後に「廃車買取業者」を頼ってください。

【高額順】廃車買取のおすすめ業者ランキングBEST3!

まとめ

「古い車は売れない」というのは、あくまで買い取る側の都合であって、実際に価値がないわけではありません。
だから、きちんと妥当な値段で買い取ってくれるお店を探しましょう。

その方法が、今回紹介した3ステップです。

  1. ディーラーで下取りの見積もりをとる
  2. 複数の買取店で査定を受ける
  3. 廃車買取業者に売る

低年式車、過走行車でも、この方法で値段がつかないことはないと思います。
少し手間はかかりますが、それで数万円にもなれば儲けものですよね。

あきらめずに、ぜひ試してみてください。