低年式車・過走行車でも全然売れる!古いけど現役バリバリな車の買取手順

年式10年を超えた低年式車、あるいは、走行距離10万キロ以上の過走行車を売るとき、「どうせ大した値段はつかないでしょ…」とあなたは思い込んでいないでしょうか?

しかし、乗る分にはまったく問題ない車なら、あきらめるのは早いです!

こんにちは、

GOODBYE CARの岡田です。

「古い車は値段がつかない」という話はよく耳にするかと思いますが、実はこれ、車を安く買い取るための店側の口実でしかないんです。

私も以前、12年落ちの修復歴車を買取に出したことがあります。

事前に調べた買取相場は0円で、実際の査定でも何社か0円を提示された車です。
でも、あきらめずに然るべき手段を取ったところ、最終的には13万円で売却することができました。

ですから、あなたもまずは「売ること」を前提に考えてみてください。

というわけで今回は、低年式車・過走行車を少しでもまともな値段で買い取ってもらう方法を紹介します。

古い車の査定は買いたたかれないように注意!

次の会話は、古い車を売るときに良くあるシーンです。

営業マン

これだけ古い車だと、正直、値段はつけられないですねぇ。

でも、ここで決めていただけるなら、何とか2万円で買取させていただきます。

お客さん

やっぱり厳しいですよね…。

じゃあ、2万円でお願いします。

一見、何気ないやりとりですが…。
でも実は、本来10万円以上の値がつく車がこのように安く買いたたかれてしまうケースというのは、中古車買取では日常茶飯事なんです。

その最大の要因は、売り手が「どうせ値段はつかない」と思い込んでいることが挙げられます。
そして、買取店の営業マンはそこを突いてくるわけです。。

低年式車や過走行車でも買取してもらえる理由

でも、だからといって、あなたの車に価値が無いわけではありません。
なぜなら、低年式の中古車でもまだまだ市場でたくさん売られているからです。

《カーセンサーにおける低年式車の掲載台数》

年式 走行距離 掲載台数
10年落ち 20,459台
10年落ち 7〜12万km 8,422台
12年落ち 19,256台
12年落ち 9〜14万km 6,221台
15年落ち 11,966台
15年落ち 10〜15万km 3,208台

※2022年11月調べ

このように中古車として販売されているのは、少なからず需要がある何よりの証拠です。

また、日本の中古車はコンディションの良さから、海外でも非常に高い人気があります。

タイの交通渋滞の様子矢印はすべて日本車

海外需要があるのは人気車種だけでなく、国内で売りさばけないような古い車も例外ではありません。
日本ほど技術力がない国々では、構造がシンプルで安価な「古い車」のほうが好まれるからです。

実際、中古車の業者オークションでは、海外のバイヤーが低年式車を高値で落札する光景が日常的にみられます。

だから、たとえ古い車でも実は商品価値が十分に残っているんです。

低年式車・過走行車の買取相場をリサーチ

では、低年式車・過走行車は実際にいくらで売れるんでしょうか?

4つの査定サイトを使い、以下8車種の買取相場を調べてみました。

  1. プリウス(10年落ち)
  2. ワゴンR(10年落ち)
  3. eKワゴン(10年落ち)
  4. フィット(13年落ち)
  5. ハリアー(13年落ち)
  6. クラウン(15年落ち)
  7. セレナ(15年落ち)
  8. カローラ(15年落ち)

ここでは、低年式車・過走行車にだいたいいくらの値段がつくのか、イメージをつかんでおいてください。

10年落ちの車の買取相場

まずは、10年落ちの車から買取相場をみていきましょう。

TOYOTA プリウス
(年式10年/走行距離10万キロ)

査定サイト 買取相場
グーネット 31.5万円
カービュー 28万円
ナビクル 36.7万円
ズバット 19〜36万円
平均 30.9万円

プリウスは海外でも人気が非常に高いため、10年落ちにしては他の車種よりまともな値段がついています。

SUZUKI ワゴンR
(年式10年/走行距離9万キロ)

査定サイト 買取相場
グーネット 11〜28.2万円
カービュー 9万円
ナビクル 14.8万円
ズバット 8〜31万円
平均 15.7万円

軽自動車は中古でも多くの需要があり、なかでもワゴンRは人気のモデル。
10年経っても、そこそこの買値がつくようです。

MITSUBISHI eKワゴン
(年式10年/走行距離8万キロ)

査定サイト 買取相場
グーネット
カービュー 5万円
ナビクル 10.8万円
ズバット 1〜17万円
平均 8.3万円

eKワゴンも人気の軽ですが、ワゴンRに比べて買取相場は低め。
とはいえ、10年落ちの軽が10万円前後なら良いほうです。

13年落ちの車の買取相場

次に、13年落ちの車の買取相場をみていきましょう。

HONDA フィット
(年式13年/走行距離12万キロ)

査定サイト 買取相場
グーネット
カービュー 3万円
ナビクル
ズバット 0〜9万円
平均 3.8万円

フィットは爆発的に売れたモデルですが、今では中古市場に溢れかえっているため、買取相場は軽よりも低めです。

TOYOTA ハリアー
(年式13年/走行距離14万キロ)

査定サイト 買取相場
グーネット 17.4〜18.2万円
カービュー 19万円
ナビクル
ズバット 10〜37万円
平均 20.1万円

人気のハリアーですが、13年落ち・14万キロともなると、日本で売りさばくのは難しくなります。
中古車市場には、コンディションのもっと良いものがゴロゴロあるからです。
しかし、ハリアーは海外でも人気があるため、かなり古くても20〜30万円くらいの値はつきます。

15年落ちの車の買取相場

では、もっと古い15年落ちの車の買取相場はいくらになるんでしょうか。

TOYOTA クラウン
(年式15年/走行距離12万キロ)

査定サイト 買取相場
グーネット 5〜7.9万円
カービュー 8万円
ナビクル
ズバット 9〜16万円
平均 9万円

セダンのなかでも圧倒的な人気をほこる日本の高級車クラウンですが、さすがにこれだけ古くなると買取相場はきびしい金額になります。
とはいえ、15年落ちの車が10万円前後で売れれば “御の字” ではないでしょうか。

NISSAN セレナ
(年式15年/走行距離12万キロ)

査定サイト 買取相場
グーネット
カービュー 4万円
ナビクル
ズバット 0〜6万円
平均 3.5万円

全車種のなかでも、セレナはトップクラスの人気があります。
ただ、中古のミニバンは年式の新しいものに需要が集中するため、15年落ちのセレナは買取相場がほぼ底値です。

TOYOTA カローラ
(年式15年/走行距離12万キロ)

査定サイト 買取相場
グーネット 16.6〜20.2万円
カービュー 15万円
ナビクル
ズバット 11〜24万円
平均 19.7万円

つくりや外装がベーシックなカローラはとくに輸出需要が高く、海外ではタクシーとしても多く使われています。
そのため、上記のセレナと古さは同じでも、カローラのほうが買取相場は高めです。


いかがでしたか。

中古車の価値というのは、需要と供給のバランスで決まります。
とくに海外の需要が高い車種であれば、たとえ古くてもそこそこ良い値段で売れる可能性があります。

もちろん、それ以外の車でも値段が全く付かないのは考えにくいです。

12年落ち&10万キロ弱の車のリアルな査定額を公開

冒頭でもお伝えしたように、実際に私も「12年落ちの古い車」を買取に出したことがあります。

その車がこちら↓

そこまで古びた感じはありませんが、よく見ると所々に傷があって結構ボロい状態でした…。

しかも、この車にはガッツリ修復歴があります。
ボディの骨格を損傷した「修復歴車」は、たとえキレイに直っていても査定額が3〜5割もダウンすると言われてます。

かなり厳しい査定価格になることは覚悟していましたが、とにかく査定を何社も受けてみました。
その結果は、以下のとおりです。↓

店舗 査定価格
ディーラー トヨタディーラー
下取り査定
8万円
日産ディーラー
買取査定
4万円
買取店
店舗査定
アップル 7.3万円
ネクステージ 4.6万円
ガリバー 8.1万円
ビッグモーター 5万円
オートバックス 0円
買取店
出張査定
アップル 11万円
カーチス 8.9万円
グッドスピード 13万円

このとおり、中には0円を提示するお店もありましたが、何とか最終的に最高13万円の買値が付きました。

ですから、高額買取はなかなか厳しいかもしれませんが、「低年式車や過走行車でも買取はできる!」という期待は捨てないでくださいね。

低年式・過走行の古い車を買取してもらうベストな手順

ただ問題は、その車を “どう売るか” です。

ポイントは「海外への販路を持っているお店」に売ることですが、ここは難しく考えなくても普通にディーラーか買取店を候補にすれば大丈夫です。
なぜなら、どちらの業態に売っても、結果的に業者オークションを通じて輸出業者へと流れるからです。

あるいは、ディーラーや買取店から輸出業者へ直接流すケースもあります。

ですから、古い車を売るときは、ひとまずディーラー買取店を候補に考えてください。

それでは、買取の手順を詳しくみていきましょう。

  1. ディーラーで下取りの見積もりを取る
  2. 買取店で何社か査定を受ける
  3. 廃車買取業者に売る

【STEP1】
ディーラーで下取りの見積もりを取る(新車への買い替える場合)

新車へ買い替える方は、とりあえずディーラーで下取りの見積もりを取ることをおすすめします。
ふつうなら下取りは安くなりがちですが、逆に本来は値段がつかないような車を数万円で下取りしてくれるケースがあるからです。

ちなみに、私が乗っていた12年落ちの車は「下取り価格が8万円」になりました。

ですから新車を買う方は、念のためディーラーで下取り査定を受けてみてください。

【STEP2】
買取店でも何社か査定を受ける

ただし、基本的には買取店のほうが査定額は高くなります。
というのも、「ディーラーより高く買い取ること」が買取専門店の強みだからです。

ディーラー
買取店
サービス 勝ち 負け
査定価格 安い 高い

なので、仮にSTEP1は省いたとしても、買取店では必ず査定を受けましょう。

ただし、車の査定額はお店によって全然違うので、少しでも高く売るには何社か査定を受けて比較する必要があります。

とはいっても、お店を何軒も回るのは面倒ですよね。。

そんなときは、出張査定でまとめて比較できる『車一括査定サイト』をおすすめします。

やり方は以下のとおりです。

  1. 車一括査定に申し込む
  2. 候補店を選ぶ
  3. 出張査定の日時を決める
  4. 実際に査定を受ける
  5. 一番高い会社を選ぶ

出張査定は1社ずつ進めてもいいですが、3社くらいを同じ時間に呼んでまとめてやったほうが簡単です。
実際、私もそのやり方で12年落ちの低年式車(事故車)を最高額で売ることができました。

完全無料のサービスなので、「車を数万円でも高く売りたい」という方はぜひ使ってみてくださいね。

≫低年式・過走行車を最高額で売る(無料)

【STEP3】
廃車買取業者に売る

ただ、車の程度によっては、ディーラーや買取店でも値段が付かないことがあります。

その場合は、最終手段として「廃車買取業者」を利用しましょう。
廃車買取業者なら車体やパーツの輸出、部品や資源の再販などで利益を出せるため、どんな車でも買い取ってもらうことができます。

ちなみに私の車の場合は、廃車前提で6.7万円の買値がつきました。

もし一般のお店で買取が難しいようであれば、最後に「廃車買取業者」を頼ってみてください。

【リアルに比較】廃車買取のおすすめ業者 高額ランキングBEST3!

まとめ

今回は、低年式車・過走行車の買取方法についての解説でした。

「古い車は売れない」というのは、あくまでも業者側の都合であって、実際に価値がないわけではありません。
ですから、車をきちんと妥当な値段で買い取ってくれるお店を探しましょう。

その方法が、上記で説明した3つのステップです。

  1. ディーラーで下取りの見積もりを取る
  2. 買取店で何社か査定を受ける
  3. 廃車買取業者に売る

仮にSTEP1は省いたとしても、STEP2は必ず試してみてください。
それでもダメなら、STEP3で買取に出しましょう。

あなたの車も必ず値段を付けて売ることができるので、買取をあきらめないでくださいね!