20年落ちの車でも買取は諦めない!廃車前に試すべき売却方法2選

長年大切に乗ってきた、20年落ちの愛車。
そろそろ潮どきだと感じ、車を手放す方もいるかと思います。

そこで、まず「廃車」が頭に浮かぶのではないでしょうか?

でも、ちょっと待ってください!
今は、古い車でも輸出需要がありますし、最後の手段として廃車買取サービスもあります。

だから、あなたの車も買い取ってもらうことは可能です。

というわけで今回は、20年落ちの車を手放すときに試してほしい売却方法をご紹介します。

20年落ちの車でも買取が可能な理由

20年落ちの車でも買い取りしてもらえる根拠は、輸出需要に他なりません。

実は、日本では廃車にされてしまうような古い車でも、海外ではふつうに使われています。

日本車は耐久性に優れているため、修理を繰り返せば20年30年と、あるいは30万キロ40万キロと乗り続けることができるからです。

たとえば、トヨタの「ハイエース」と「ランドクルーザー」はとくに海外需要が多く、リセールバリューが高いので有名です。

ほかにも、映画『ワイルド・スピード』に登場する国産スポーツカーは、かなり古いモデルでもプレミア価格で流通しています。

もちろん、このような特定の車だけではなく、一般の中古車もたくさん輸出されています。

《中古車輸出台数の上位車種》

TOYOTA

  • カローラ
  • プリウス
  • ウィッシュ
  • ヴィッツ
  • マークX
  • パッソ
  • ハリアー
  • アクア
  • オーリス
  • ヴァンガード
  • プレミオ
  • アリオン
  • ブレイド
  • ラクティス
  • ラウム

 

SUBARU

  • インプレッサ
  • フォレスター
  • レガシィ

NISSAN

  • エクストレイル
  • デュアリス
  • ティーダ
  • リーフ
  • ノート
  • スカイライン
  • セレナ

 

MAZDA

  • デミオ
  • アテンザ
  • CX-5
  • プレマシー

 

HONDA

  • フィット
  • CR-V

 

SUZUKI

  • エスクード

参考:グーネット中古車輸出統計

これらの車種なら、20年落ちでも買値がつく可能性はあります。

ただ、それ以外の車種でも、中古車輸出サイトTCVをみると、年式20年以上の車が10万円前後で売られていました。

これだけ古くて距離も多い中古車だと国内では売れ残ってしまいますが、輸出すればまだまだ需要があるんです!

もちろん、あなたの車も例外ではありません。

20年落ちの車を売却できる買取店の探し方

とはいっても、肝心な「売り方」がわからないですよね。

20年落ちの車を売るときは、まず中古車買取店で査定を受けてみてください。
買取店は輸出業者とつながっているので、海外の需要が反映された査定額になるからです。

ただし、以下のように、どのお店がどう評価するかは分かりません。

だから、20年落ちの車を少しでもお金に換えるには、何社か査定を受けて条件のいいお店を探す必要があります。

(でも、これが結構面倒なんです。。)

そんなときは『車一括査定』サービスを活用してください。
申し込みのときに候補店が紹介されるので、その中から3社を選び、同じ日時に出張査定を予約しましょう。

そうすれば、時短になるのはもちろんのこと、一番高く買い取ってくれるお店が簡単に見つかります。

無料のサービスなので、気軽に試してみてくださいね。

≫車一括査定の申し込みはこちら

20年落ちの車はディーラーで下取りしてもらえる?

車を買い替える場合は、ディーラーなどで下取りに出すケースも非常に多いです。

ただ、20年落ちの車ともなると、下取り価格は期待できません。
基本的に、ディーラーの査定基準は10年でゼロになるからです。

「ディーラー下取りは安い」の真相に迫る。下取りの裏事情と査定基準とは?

仮に、新車契約の代わりに下取り価格がついたとしても、その分、値引きを減らされている可能性があります。

このように、数字を操作してお得感を演出することは、いかようにでもできるんです。

いずれにしても、20年落ちの車をディーラーに引き渡すのはおすすめできません。

20年落ちの車は買取してもらえない可能性もある

ここまでの説明で、20年落ちの車は「中古車買取店」に売ればいいということは理解していただけましたか?

しかし実は、輸出相手国の「輸入規制」や「経済成長」により、以前より低年式の中古車が輸出しづらい状況になっています。

国内でも海外でも売れなければ、その中古車の価値はゼロ。
業者によっては、廃車費用を請求してくる可能性もあります。

やはり、20年落ちともなると、買取不可という厳しい現実も覚悟しておかなければいけません。

20年落ちの車を売るための最終手段

そこで最後の手段として、『廃車買取』サービスを紹介します。

廃車買取とは、一般のお店で売れなかったような “廃車前提の車” を買い取ってくれるサービスのこと。
古い車をさまざまな方法で転売し、その利益を還元してくれます。

前身は解体業者ですが、今の時代にあわせて進化した業態だと思ってください。

事実上、この廃車買取サービスが20年落ちの車を買い取ってもらう最後の手段になるでしょう。

【高額順】廃車買取のおすすめ業者ランキングBEST3!

まとめ

長年乗ってきた車ですから、愛着もあることでしょう。
しかし、その想いとは裏腹に、買取では厳しい現実を突きつけられるかもしれません・・・。

そこで、今回紹介した方法をおすすめします。

《方法1》
輸出業者とつながっている買取店を何社か比較して、条件の良いところを探す。
>この項まで戻る

《方法2》
方法1で買い取ってくれるお店が見つからなければ、廃車買取サービスを使う。
>この項まで戻る

どちらかの方法なら、たとえ20年落ちの車でも買い取ってくれるところが見つかるはずです。

まずは廃車にするまえに、きちんと価値をつけてくれる業者を探してみてくださいね。