車が高く売れる時期|売却のタイミングを月/年単位で考察

当ページはプロモーションを含みます。

「車を売る時期は何月がベスト?」

車の買取価格は、その時期の相場が大きく影響します。
ですから損をしないよう、車をどのタイミングで売るべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

こんにちは!

GOODBYE CARの岡田です。

というわけで、さっそく結論です。

売却時期の狙い目
  • 1月〜3月上旬
  • 7月〜9月上旬

月単位で見れば、この時期が車の売りどきになります。
なぜなら、中古車需要の動きに伴って買取相場が上がるタイミングだからです。

ただし、年式や車検時期、さらにはモデルチェンジの時期も無視はできないので、年単位でタイミングを計る視点も持っておいたほうが良いでしょう。

そこで今回は、車の買取で損をしない “売りどき” の見極め方を解説したいと思います。

車の売りどきは何月?

まずは、車の売りどきを「月単位」で考えてみましょう。

先ほどお伝えしたように、車を売るオススメの時期は以下のとおりです。

  • 1月〜3月上旬
  • 7月〜9月上旬

この時期は中古車の買取需要が高まる(業者が中古車を欲しがる)タイミングなので、それに伴って相場が上がる傾向があります。

では、なぜ、業者はこの時期に車を買い取りたいと考えるのでしょうか?

その理由は、車の買い替え需要が最も高まる3月9月に向けて、中古車の在庫をできるだけ多く抱えておきたいからです。

以下は、日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計データを独自にグラフ化したものになります。

駐車登録台数と新車販売台数の月鼈推移(グラフ)

このとおり、3月9月に車を買う人が増える傾向があるのは明らかです。
理由としては、この時期に生活環境が変わる人が多かったり、自動車税の兼ね合いもあったりします。

とにかく、3月9月は中古車がたくさん売れる時期なんです。

中古車を販売する業者としては、それまでに在庫を増やして準備を始めます。
そのため、3月9月よりまえの時期、具体的には「1月〜3月上旬」「7月〜9月上旬」に買取需要が高まるわけです。

したがって、業者が中古車を欲しがるタイミングを狙えば、ほかの時期より車が高く売れることが期待できます。

3月9月の後半は相場が落ち着きはじめる時期

ただし、3月9月の後半にもなってくると中古車の在庫が市場に溢れてくるため、買取相場も落ち着いてきます。

また、車を買い取っても、次の買い手が3月9月中に見つかるか微妙な時期でもあります。

したがって、買取相場のことを考えると、車は「3月上旬まで」または「9月上旬まで」に手放すと良いでしょう。

車の買取相場が下がる時期

逆に、車の買取相場が下がる時期は、以下のとおりです。

  • 4月〜6月
  • 10月〜12月

この時期は、中古車売買の繁忙期である3月9月を過ぎたタイミングで、車を買う人が一定水準まで下がります。
さらに、買い替え需要が高まった直後とあり、中古車の在庫が市場に余っている時期でもあります。

つまり、この時期は市場価格が下がる条件に合致するわけです。

ですから、強いていえば「4月〜6月」や「10月〜12月」はやや損をする可能性があるタイミングといえます。

季節によって買取需要が高まる車種

なかには、季節によって市場価格が高騰する車種もあります。

たとえば、開放感のあるオープンカーです。

オープンカーでのドライブ

オープンカーは暖かくなる季節から夏にかけてニーズが増えるため、その前の「5月〜6月」が売り時です。

また、SUVや4WDは、雪のふる冬に需要が高まります。

SUVの雪道走行

したがって、冬に入るまえの「10月〜11月」がSUVや4WDの売り時です。


それでは、ここまでの内容とめとめましょう。

 売りどき損するタイミング
買取相場1月〜3月上旬 7月〜9月上旬4月〜6月 10月〜12月
SUV・4WD10月〜11月
オープンカー5月〜6月

やはり一番の狙い時は、買取相場が上がるタイミングです。
ただ、季節によって相場が変動する車種もあるので、「この時期」と断定するのは難しいでしょう。

また、国内登録されている全ての車は1月1日をまたぐと年式が1年古くなるため、それによっても買取価格は下がります。
ですから、「できるだけ早く売る」という考えも持っておいたほうが良いです。

車を売るタイミングは何年目?

では、もう少し長い目で、車の売り時を「年単位」で見てきましょう。

車の売りどきは何年目?

車の買取価格は、年式にも大きく左右されます。
当然ではありますが、中古車でも新しいほうが人気だからです。

展示販売されるキレイな中古車

たとえば、中古車を買うところを想像してみましょう。

さすがに10年超えは古すぎるから、候補は5年落ち以内の中古車だな。

でも、やっぱり理想は3年以内かなぁ。。

このように「中古車に対する一般的な価値観」が大きく分かれる節目が、3年・5年・10年目です。
そして、この価値観は市場価格にも影響を及ぼすため、年式が3年・5年・10年を越えるタイミングで車の買取相場はガクッと下がる傾向があります。

年式3年以内に車を手放すケースは少ないと思いますが、もし5年・10年という節目が迫っているのであれば売却を考えるタイミングといえるでしょう。

走行距離が大台に乗る前

車を売るタイミングを計るときは、走行距離もひとつの目安になります。
なぜなら、走行距離でも中古車の人気が左右されるからです。

車のタコメーター

そして、走行距離の節目となるのが3万km・5万km・10万kmで、これを越えると車の買取相場はガクッと下がる傾向にあります。

次の車検が迫ってきたタイミング

車検のタイミングも、車の買い替えを悩む時期だと思います。

車検整備(リフトアップ)

ただ、この時期に売却を検討するのであれば、間違いなく「車検前」がおすすめです。
車検を通せば買取額はアップしますが、結局は車検代のほうが高く付いてしまうからです。

たとえば、車を車検直後に売り、査定額が5万円アップしたとしましょう。

しかし、車検代が10万円かかっていたら、5万円も損をすることになります。
ですから、車を売るなら「車検前」が良いです。

車の売却は車検ギリギリでもOK!車検後は3万円以上損失する理由も解説

モデルチェンジで型落ちになる前

また、モデルチェンジの時期にも注意しましょう。
なぜなら、型落ち」となったモデルは市場価格がガクッと下がりやすいからです。

ネットで「車種名 モデルチェンジ」「車種名 新型」などと検索すれば、それに関する情報は簡単に調べられます。

もしモデルチェンジの時期が近づいているようであれば、その前に売却を考えてみてはいかがでしょうか?


では、この項のポイントをまとめます。

 売りどき損するタイミング
年式〜3年 〜5年 〜10年3年,5年,10年を超えてすぐ
走行距離〜5万km 〜10万km5万km,10万kmを超えてすぐ
車検車検の1〜2ヶ月前車検直後
モデルチェンジモデルチェンジ前モデルチェンジ直後

年式でも走行距離でも、節目となるのは③⑤⑩の3回。
このボーダーラインに近づいている車は、越えるまえに売却を検討してみましょう。

また、車検前、モデルチェンジ前も、車を売るかどうか決断するタイミングです。

車を売る時期と自動車税について

自動車税の納税通知書

自動車税が課税される前(つまり3月)も、車を売るか悩む時期だと思います。
近いうちに車を売る予定なのに自動車税を払うのは、もったいないと感じるからです。

でも実は、これに関して損得はありません。
なぜなら、売却した翌月以降の自動車税は、買取額に含まれる形で返ってくるからです。

たとえば下記の図のように、4月中に車を売れば自動車税を5月に払うことになりますが、5月〜翌年3月分に相当する額が買取にプラスされます。

ですから、自動車税のことを気にして「3月中に売らないと!」と焦る必要はありません。

注意

ただし、自動車税は正式に還付されるわけではなく、店側の対応によるものです。
ですから、車を売るときは「自動車税の戻り」がきちんと含まれているかを必ず確認するようにしましょう。

車買取で自動車税は返金される!他の税金の還付ルールも解説

車のベストな売却時期を見極めるポイントまとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、車を売る時期を月単位と年単位でみてきました。
いろいろな要素が絡む内容だったので、わかりやすく表にまとめます。

〜車の売りどき早見表〜

 売りどき損するタイミング
月単位 買取相場1月〜3月上旬 7月〜9月上旬4月〜6月 10月〜12月
自動車税
SUV・4WD10月〜11月
オープンカー5月〜6月
年単位年式〜3年 〜5年 〜10年3年,5年,10年を超えてすぐ
走行距離〜5万km 〜10万km5万km,10万kmを超えてすぐ
車検車検の1〜2ヶ月前車検直後
モデルチェンジモデルチェンジ前モデルチェンジ直後

まず、車を売る時期を長い目でみた場合、年式と走行距離の「③⑤⑩の節目を越える前」がひとつのタイミングになります。

さらに、月単位でみた場合は、買取相場が上がる「1月〜3月上旬」または「7月〜9月上旬」が狙いどきです。

ただし大前提として、車の買取相場は時間が経つにつれてどんどん下がっていくことは避けられません。
ですから、「車を早めに売る」というのも一つの考え方です。

そして、車を「いつ売るか」よりもっと重要なのは、「どこに売るか」です。
買取店よって金額差がかなり出るので、必ず何社か比較したうえで売却先を選ぶようにしましょう!