車査定で見るポイント一覧!評価点の目安・査定基準の実態も解説

車を売るには、まず査定を受ける必要があります。
でも、車のどこを見て、どう評価されるのか、また、どのようなポイントがマイナス査定になるのか、、ちょっと不安ですよね?

こんにちは!
GOODBYE CARの岡田です。

車の査定価格は、車種や年式、走行距離でおおよそが決まります。
さらに細かな項目をチェックしたうえで「評価点」を出すわけですが、車両の状態によっては大きく減点されたり、逆に加点されるケースもあるんです。

そこで今回は、JAAI(日本自動車査定協会)のガイドラインと私の実体験をもとに、車査定における減額または加算の基準について詳しくみていきたいと思います。

車の査定価格が決定するまでの工程

車の査定価格というのは、お店によって必ず差が出ます。
では一体、どうやって決めているのでしょうか?

買取業者が査定価格を提示するまでには、以下の3つのステップがあります。

まずは、査定基準にしたがい、その車の評価点を出すんですが、それで査定価格が決まるわけではありません。
実際は業者オークションの相場を参考にして、いくらなら利益が見込めるか予測しつつ、お客さんの反応を見ながら “落としどころ” を探っていきます。

ですから、評価点どおりの金額になるとは限らないなんです・・・。

車の査定価格がどうやって決まるのか、何となくイメージができましたか?

車査定で見られるポイントと加減点(加算・減額)の目安

とはいえ、査定の評価点がベースになるのは確かです。

冒頭でもお伝えしたとおり、車の基本条件や修復歴の有無によって査定価格の8割方が決まりますが、それに加え、エンジンや装備類の状態をみて減点・加点をつけていきます。

そして、トータルの評価点を出すわけです。

査定基準の減点項目

というわけで、まずは査定で減点されるポイントをみていきたいと思います。
チェックされる項目は、主に次の8つです。

《査定で減点される主な項目》

※クリックすると、その項までスキップします。

それでは、順にみていきましょう。

1.外装、内装

車査定で一番わかりやすい項目は、「内外装」です。
当然、キレイな状態なら問題ありませんが、傷や汚れはマイナス査定になります。

まずは、外装傷に対する減額の目安をご覧ください。

《外装傷の減額目安》

傷の大きさ減額の目安
1cm以上1万円
カードサイズ以上1〜5万円
A4サイズ以上1.5〜11万円
要交換2.5〜24万円

傷の大きさによって、マイナスされる額は変わります。
小さな傷ならそれほど影響はありませんが、板金修理あるいはパネル交換が必要なレベルの傷はかなり減額されるでしょう。

参考記事↓

車買取で傷・へこみはいくら減額される?査定の減点基準を解説

では、内装の場合はどうでしょうか?

《内装の評価に対する減額目安》

状態減額の目安
1万円
カードサイズ未満のシミ1万円
シートのへたり1万円
異臭4万円
ペットの毛4万円
タバコのヤニ4万円
要交換
布、ビニールシート2〜4万円
革シート5〜10万円
フロアマット(1台分)3.5万円

傷や汚れで減点されるのはもちろんですが、異臭やペットの毛も大きなマイナスになります。

もし汚れが気になるようなら、洗車や車内を掃除してパッと見の印象だけでも良くしておきましょう。

2.エンジン、足回り関係

次に、自動車の要であるエンジンや足回りにおける減額の目安をご覧ください。

《エンジン・足回り関係の減額目安》

箇所状態減額の目安
エンジンアイドリング不良2万円
異音、オイルもれ6万円
エンジン不動、焼付き数十万円
部品交換が必要1〜12万円
トランスミッションオイルもれ1万円
不良20万円
サスペンション部品交換が必要1〜2.5万円
サスペンション復元10万円(1台分)
エアサスのエアもれ12万円(1台分)
ブレーキオイルもれ1万円
ディスクパッド交換
ディスクローター交換
1.5万円/1ヵ所

部品交換で済む程度の不具合なら大きなマイナスにはなりませんが、とくにエンジンやトランスミッションの致命的な故障は数十万円の減額が予想されます。
また、エアサスの故障に対する減額もけっこう高いです。

3.電装

では、電装部品の交換が必要な車は、いくら減額になるのでしょうか?

《電装部品における減額目安》

交換部品減額の目安
ヘッドライト3〜9万円
その他ランプ2千〜2万円
バッテリー2万円
リモコンキー2万円

電装部品の場合はカンタンに交換が利くので、驚くほどのマイナスにはなりません。
ただ、ヘッドライトの場合は減点が大きいです。

4.装備品

続いて、そのほかの装備品に不具合がある場合もみてみましょう。

《装備品に対する減額目安》

状態減額の目安
エアコンガスチャージ1万円
コンプレッサ交換4万円
パワーウインド要修理1万円/1ヵ所
サンルーフ要修理3万円
ナビ故障実費減点
オーディオ類故障1万円

この中でも、標準装備されたナビの故障は、大きな痛手となりそうです。

5.タイヤ、アルミホイール

タイヤやアルミホイールも、状態によっては減額の対象になります。

《タイヤに対する減額目安》

状態減額の目安
タイヤ溝1.6mm未満9千〜3.5万円/1本
アルミホイールすり傷、くすみ5千〜1.2万円/1本
要交換2〜4.7万円/1本

※インチが大きいほど、マイナス金額が高くなる。

溝の深さが1.6ミリ未満のタイヤは車検に通らないので、査定では「要交換」と判断されます。

6.整備手帳、取扱説明書

意外と盲点なのが整備手帳や取扱説明書で、これらも付属しないと減点されます。

《付属書類の紛失に対する減額目安》

紛失物減額の目安
保証書、整備手帳1〜4万円
取扱説明書5千円

とくに年式1〜5年の新しい車の保証書や整備手帳をなくした場合は、そこそこ減額されるでしょう。

7.走行距離

年式はもちろんのこと、走行距離も評価の対象です。

走行距離の標準はおおよそ7千〜1万km(年間)で、これよりも多ければ減点され、少なければ加点されます。

そこで、人気車種10モデルを選び、走行距離が標準より増えると買取相場がいくら下がるか調べてみました。

《走行距離の減額目安》※5年落ちの場合

走行距離減額の目安
5万キロ/年式5年(標準)なし
6万キロ/年式5年2〜8万円
7万キロ/年式5年5〜27万円

※車両価格が高いほど、マイナス金額が大きくなる。

1万kmオーバーならそこまで評価は下がりませんが、標準から2万kmを越えると大きなマイナスになります。

8.修復歴

極めつけは、修復歴の有無です。
このポイントは、中古車の評価を大きく左右します。

修復歴車とは、ボディの骨格部分を事故などで損傷し、修理した車のことです。

出典:LEXUS

たとえ修理されていても、骨格部分に手を加えれば「修復歴車」と見なされ、評価は大きく下がります。

《修復歴による減額目安》
※修復歴なしでの査定額が50万円の場合に対する減額の目安になります。

修復歴の度合い減額の目安
軽(Aランク)9.3〜15.5万円
中(Bランク)15.4〜25.3万円
重(Cランク)22.6〜37.3万円

修復歴の度合いはABCにランク分けされ、車の安全性への影響がより大きい箇所ほどマイナス査定となります。

パッと見はキレイに直っていても、修復歴は必ずバレます。
責任を後々問われないためにも、該当する場合は申告するようにしてください。

参考記事↓

修復歴車の査定額を公開!事故歴がバレる可能性と正しい売り方も解説

以上が、車査定で減点される主な項目です。

なお、上記の「減額目安」はあくまでも基準値であり、実際は車両価格や年式によって上下することは覚えておいてください。

査定基準の加点項目

では逆に、どのようなポイントが査定でプラス評価されるのでしょうか?

今回は、査定で加点される5つの項目をピックアップしてみました。

《査定で加点される主な項目》

※クリックすると、その項までスキップします。

それでは、加算の目安も順にみていきましょう。

1.外装、内装

内外装の加算目安は、以下のとおりです。

《内外装における加算目安》

評価加算の目安
外装無傷のもの4万円
無減点のもの2万円
内装無減点のもの2万円

「無減点」とは、上記の減点項目に該当しない場合のことです。

なお、磨いて消える程度の洗車キズや1cm未満の傷であれば、査定では「傷」とは見なされません。

2.装備品

以下3つの装備品は、加点の対象です。

《装備品に対する加算目安》

年式加算の目安
サンルーフ1〜3年2〜7万円
4年〜0〜3万円
革シート1〜3年3〜11万円
4年〜1〜4万円
ナビ1〜3年4〜6万円
4年〜2〜3万円

これらの装備は中古車としての人気を左右するため、付いていればプラス査定が期待できます。

3.フルスポイラー

なかには、純正オプションのスポイラー(エアロ)をフル装備している車もあるかと思います。
この装備も人気が高いので、査定では評価されます。

《フルスポイラーに対する加算目安》

年式加算の目安
1〜3年3〜9万円
4年〜1〜6万円

年式が古いと、そこまで加算されないかもしれませんが、査定でのアピールポイントになるのは間違いありません。

4.タイヤ、アルミホイール

上記では、タイヤの溝が基準値未満だとマイナス査定になることはお伝えしました。
しかし逆に、溝がしっかり残っていれば、多少のプラスは期待できます。

《タイヤ・ホイールにおける加算目安》

状態加算の目安
タイヤ溝5mm以上2〜8千円
アルミホイール
(オプション装備)
年式1〜3年2〜9万円
年式4年〜0〜5万円

また、オプションでアップグレードしたアルミホイールも加点されるポイントです。

5.車検残期間

車両本体とは関係ありませんが、車検の残期間も評価の対象になります。
というのも、車検付きの中古車なら、次のオーナーがそのまますぐに乗れるからです。

車検の残り期間に応じた加算の目安は、以下のとおりです。

《車検残期間に対する加算目安》

残月数加算の目安
普通車軽自動車
6ヶ月0.8〜1万円5千円
12ヶ月2.4〜3.2万円1.5万円
18ヶ月4.1〜7.1万円3.1万円

車検がまだ残っている時期に車を売るときは、この加算分が買取額にきちんと含まれているかを確認するようにしてください。

以上が、車の査定で加点される主な項目です。

なお、減額のときと同じように、上記の「加算目安」はあくまでも基準値であり、実際は車両価格や年式によって上下するので覚えておきましょう。

車の査定価格は結局「オークション相場」で決まる

ここまで、車査定で見られるポイントと、減額・加算額の目安をチェックしてきました。
実際の査定基準はもっと複雑ですが、どのような点で評価が分かれるかは理解できたかと思います。

ただ、車査定で「評価点」をつける段階はまだステップ1に過ぎず、最終的な「買取価格」は残りのステップで決まります。

というのも、買取業者はその車をオートオークションで転売しますが、そこでの落札価格を超えないように買取価格をつけないと利益が出せないからです。

つまり、オークション相場(落札予想価格)が、買取価格を決定づける絶対的な指標といえます。

しかし、買取業者は、利益が見込めるギリギリの値段で買い取ってくれるわけではなく、「できるだけ安く買い取って利益を増やしたい」と考えます。
そのため、ステップ3の商談で “業者の言い値” を鵜呑みにすると、本来より安く買い取られてしまう恐れがあります!

とはいうものの、単に「金額を上げてほしい」と言っても通用はしません。

車を高く売る鉄則とは…

そこで、「査定価格の比較」に重要になってきます。
ライバル社がいれば下手に安く買いたたけない状況になるだけでなく、逆に競争意識が高まり、結果的に査定価格が底上げされるからです。

ですから、車をできるだけ高く売りたければ、業者同士が競い合う状況をつくりましょう。

ただ、お店を何社も回るのは非効率なので、その際は『車一括査定』で買取業者をまとめて比較することをおすすめします。

これが、査定価格をアップさせるシンプルな方法です!

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、車査定でマイナス評価されるポイントと、プラス評価されるポイントをザッとご覧になっていただきました。

査定前に洗車や掃除といった対策はやらないよりマシですが、車両そのものの状態が改善されるわけではありません。
また、査定前の修理も、損をするのでやめましょう。

ですから結局のところ、車の評価はどうすることもできないんです。。

ただ、商談次第では、車を高く売ることは十分に可能です。
車の状態はありのままを見てもらい、そのうえで少しでも条件のいい買取業者を選びましょう!