バッテリー切れの車はそのまま売却!査定への影響と出張買取の頼み方

半年ほど放置したため、バッテリー切れを起こした車。
その車を売りたい場合、そのままの状態でも買い取ってもらえるのか、それともバッテリーを交換してから売却するべきか、どちらがいいんでしょうか?

こんにちは!

GOODBYE CARの岡田です。

バッテリーが切れた車はエンジンがかからないため、「このままだと売れないんじゃないか」と心配になるかもしれませんが、安心してください。
そのような状態でも車を売ることはできますし、査定にもほとんど影響しません。

ただし、買取に出すときのちょっとしたポイントがあるので、今回はその点も踏まえて「バッテリー切れの車を売る方法」をお伝えしていきたいと思います。

バッテリー切れの車でも買取してもらえる理由

車にしばらく乗らずに放置すると、バッテリーは自然放電してしまいます。
要するに、蓄えられた電気が抜けてしまうわけですが、これがいわゆる「バッテリー上がり」という状態です。

こうなると、車の “電源” がなくなるので、エンジンがかからなかったり、電子機器が動かなくなったりします。

しかし、バッテリーが上がっても、車が壊れたわけではありません。
スマホと同じで、充電すればまた動くようになります。

仮にバッテリーが寿命を迎えていたとしても、そもそも消耗品なので交換すれば済む話です。

ですから、バッテリーが切れたとしても、車は問題なく買い取ってもらえます。

バッテリー切れ(上がり)の車は査定額がいくら下がる?

では、バッテリー上がりの車をそのままの状態で売ると、査定額は下がってしまうのでしょうか?

バッテリー上がり(再充電が可能)なら査定にはほとんど影響しませんが、バッテリー切れ(交換が必要)の場合はマイナス査定になります。

状態 査定額
バッテリー上がり(復旧可) 影響なし
バッテリー切れ(要交換) −2万円前後

とはいっても、バッテリーの交換代がそのまま引かれる程度です。

したがって、バッテリーの故障だけであれば、車自体の査定額は下がりません。

バッテリーを交換してから車を査定に出したほうがいいの?

では、もしバッテリーの寿命が迫っている場合は、直してから車を売ったほうがいいのか、それとも、そのままの状態で売ればいいんでしょうか?

前述のとおり、バッテリー故障による査定への影響は、せいぜい高くてもマイナス2万円程度です。
一方、バッテリーを交換するとなると、2〜3万円はかかります。

バッテリー交換費用 査定への影響
2〜3万円 −2万円〜0円

つまり、マイナス査定を回避するためにバッテリーを交換しても、修理代のほうが高くなってしまうので結局のところ損をしてしまうわけです。

ですから、もう乗らない車であれば、バッテリーは直さずにそのまま買取に出しましょう。

バッテリー切れの車を売るときは出張買取を頼もう!

とはいっても、バッテリーが上がっているので、車は動かせないはずです。
ですから、このような場合は「出張査定」を依頼しましょう。

どこの買取店でも出張査定には無料で対応してくれるので、その点は安心してください。

ただ、査定を予約するときは、バッテリーが上がっていることを必ず伝えましょう。
そうすれば、ブースターケーブルや補助バッテリーを持ってきてくれるので、査定も問題なく進められます。

ただし、ここで注意しておきたいことは、バッテリー云々うんぬんではなく、車の査定額がお店によって全然違うという点です。
実際にこの前、私が車を売ったときの話ですが、一番高いお店と一番安いお店の差が30万円にもなりました。

車を売るときの最重要ポイント

したがって、車の売却で損をしないためには、何社か査定を受けたうえで条件のいいお店を選ぶ必要があります。

でも、車を動かせない状態で、査定額をどう比べればいいんでしょうか?

このようなときに便利なのが、私が毎回使っている『車一括査定』というサービスです。
複数社に無料でまとめて出張査定を依頼できるサービスで、条件のいいお店を簡単に探すことができます。

サービスの流れは、以下のとおりです。

  1. フォームに車両情報の入力
  2. 候補から査定会社を選ぶ
  3. 選択した候補店から連絡が入る
  4. 事情を伝え、出張査定の日時を決める
  5. 各社から査定を受ける
  6. 条件がもっとも良かったお店を選ぶ

つまり「査定額を比較してお店を選ぶ」というだけの話なんですが、それを簡単におこなえるサービスが『車一括査定』になります。

バッテリー上がりの車をできるだけ高く売りたい方は、ぜひ使ってみてください。

≫近所の候補店に出張査定を予約する(無料)

まとめ

それでは、今回の内容をまとめます。

Q.バッテリー切れの車は売却できるの?
A.問題なく売れます。

Q.バッテリーが切れた車は買取額が下がる?
A.ただのバッテリー上がりなら査定には影響しませんが、バッテリーの寿命が来ている場合は2万円ほどマイナスされます。

Q.バッテリーを交換してから売ったほうが得?
A.交換費用のほうが高くつくため、車はそのままの状態で売りましょう。

Q.バッテリー切れの車はどうやって売ればいい?
A.買取店に事情を説明して、出張査定を依頼しましょう。

バッテリーが切れただけなら査定には影響せず、仮にバッテリーが劣化していても交換費用に相当する額が引かれる程度です。
ですから、たとえ車が動かない状態でも、出張査定をお願いすれば問題なく買い取ってもらえます。

ただし、お店によって買取額は違うので、何社か比較したうえで売却先を選ぶようにしてくださいね。