エンジン故障車を買取してほしい!査定ダウンの目安と売り方を解説

エンジン故障で修理代〇〇万円!
さすがに高すぎるから、買い替えるしかないか。。
でも、エンジン故障した車なんて買い取ってもらえるのか・・・?
(欲をいえば、できるだけ高く売りたいけど)

車の要となるエンジンの故障。
部品交換だけで済むケースもありますが、修理代が10万円を超えることも珍しくありません。

であれば、そのお金を新しい車の購入費用に充てたいですよね?

ただ問題は、エンジンを故障した車の買取が可能かどうか・・・。

どうも、こんにちは!
『GOODBYE CAR』の岡田です。

たしかに、エンジンが故障していれば、査定額は間違いなく下がります。
車本来の価値と相殺して、場合によっては買取0円になってしまうこともあるでしょう。

でも、「エンジン故障=売れない」というわけではありません!

そこで今回は、エンジン故障による査定ダウンの目安をお伝えしたうえで、できるだけ損がないような売り方をご紹介します。

エンジンが故障した車でも買取は可能

エンジンは “車の心臓” ですから、故障すれば買取では致命的なように思えます。

でも実際のところは、以下のような理由から、エンジンが故障しても買い取ってもらうことは可能です。

  • 修理すれば中古車として販売できる
  • 故障車でも輸出需要がある
  • 解体して部品単体で売りさばける
  • 車検残によって還付金が受けられる

そもそも、素人目では「エンジンがいかれた」と思っても、意外と簡単な修理で直るケースもあります。

また、車を自国生産していない国々では中古車の輸入に頼っているため、故障していても修理して乗り続けるのがふつうですし、あるいは、バラして部品として売ることも可能です。

それに、まだ車検が残っていれば、たとえ廃車になっても還付金を受けられます。

ですから、エンジンが故障しても、その車にはまだ価値が残っているんです!

エンジン故障車は買取相場がいくら下がる?

では、エンジンの故障が査定にどのくらい影響するかをみていきましょう。

日本自動車査定協会(JAAI)が定める一般的な査定ガイドラインによると、エンジンの不調・故障による減額の目安は以下のとおりです。

程度状態査定減額
軽度アイドリング不良
エンジン内の汚れ
2万円
中度異音
オイル漏れ
白色の排気ガス
6万円
重度エンジン始動しない
焼付き
数十万円
部品交換ファンベルト1万円
オルタネーター4万円
ラジエーター7万円
マフラー部品3〜6万円

エンジンの状態にもよりますが、軽〜中度あるいは部品交換くらいの故障なら、そこまで驚くようなマイナスにはなりません。

ただ、エンジンをオーバーホールしないと直らないような重度の故障は「数十万円の修理代」が見込まれるため、その金額がそのまま査定でも減額されます。

したがって、エンジンを故障した車を手放すときは、以下が判断基準になります。

ただ、自分では判断が難しいと思うので、査定を受けたうえで決めることになるでしょう。

エンジンが故障した車を売るときの注意点

なお、故障車を売るときは、次の2点に注意してください。

故障してることを隠して売るのはNG

査定の際、不具合や故障のことはついつい隠したくなるものですが、自覚している箇所は必ず申告しましょう。
仮に査定士が見落としても後々発覚することになるので、そうなれば、こちらが非常に不利な立場になり、契約後の減額は避けられません。

詳しくは別の記事で解説していますが、とにかく査定でのウソはNGです!

査定での嘘は責任重大!車を売るとき不具合を言わないと違反になる理由

故障車をディーラー下取りに出すのはNG

車を売る方法として「下取り」という選択肢もありますが、とくに故障車の場合はおすすめしません。
というのも、ディーラーの査定基準は古い車にとって不利な条件だからです。

「ディーラー下取りは安い」の真相に迫る。下取りの裏事情と査定基準とは?

ましてや故障車ともなれば、ガッカリするような査定結果は目に見えています・・・。

ですから、故障車を少しでもお金に換えたければ、「中古車買取店」で査定を受けるようにしてください。

  1. 車の故障、不具合は自己申告
  2. ディーラーではなく買取店に売る

以上のことをふまえて買取を進めましょう。

エンジンが故障した車をできるだけ高く買い取ってもらう方法

というわけで、ここからは、エンジンが故障した車をどうやって売りに出せばいいのか、その具体的な手順をお伝えしていきます。

前述したように、エンジンの故障度合いによって「中古車買取」か「廃車」のどちらかを選ぶことになります。

ただし、中古車として買い取ってもらえる可能性のある車をいきなり廃車にするのはもったいないので、まずは買取店で査定を受けてみましょう。
それでもダメなら廃車ですが、最後の手段として「廃車買取」という選択肢もあります。

買取の手順は、以下のとおりです。

  1. 買取店に何社か査定を依頼する
  2. 各社の査定額を比較する
  3. 廃車買取業者を利用する

では、進め方を説明していきますね。

【STEP1】
買取店に何社か査定を受ける

まずは買取店に何社か査定を依頼しましょう。
1社に決め打ちすると、「適正価格がわからない」「故障を理由に足もとを見られる」といったリスクがあるからです。

なお、その際は、候補店にまとめて依頼できる『車一括査定』をオススメします。
やり方は、以下のとおりです。

  1. 情報を入力
  2. 候補店を選んで申し込み
  3. 候補店から連絡が入る
  4. 車の状態を伝え、出張査定を依頼する

この方法なら、故障車を買い取ってくれるお店を効率よく探せます。

≫故障車の買取可能なお店に査定を依頼する

【STEP2】
各社の査定額を比較する

次は、実際に査定を受けましょう。
期待外れの査定結果になる可能性もありますが、何社か比較すれば適正価格はわかるはずです。

あとは、条件が一番よかったお店を選ぶだけ。
こうすれば、故障車でも可能なかぎり高く買い取ってもらうことができます。

【STEP3】
廃車買取業者を利用する

ただし、エンジンのダメージがひどければ、中古車としての買取が厳しい場合もあります。
となると、残る選択肢は「廃車」です・・・。

しかし実は、そんな車でも『廃車専門の買取業者』なら、さまざまな販路で利益を出すことができます。

そのため、廃車前提でも車に値段をつけて買い取ってくれるんです。

今や多くの廃車買取業者がありますが、選ぶときのポイントがあります。

  • 全国対応の業者(安心だから)
  • 手続きや引き取りなどの費用が無料
  • 還付金をきちんと買取に含めてくれる

これらの条件を満たす業者の中でも、私が査定を受けたときに金額がもっとも高かったのは『カーネスクト』という会社でした。

なお、ご自身で業者を選びたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【高額順】廃車買取のおすすめ業者ランキングBEST3!

以上が、エンジンが故障した車の買取手順です。

エンジンが故障していても中古車として売れる可能性はあるので、まずはSTEP1-2でなるべく条件のいい車買取店を探してみましょう。
そこで買値がつかなければ、STEP3の廃車買取業者を利用してください。

これが、故障した車をできるだけお金に換える一番確実な方法です。

まとめ

「エンジン故障」と一言にいっても、その状態はさまざまです。
簡単な修理でまだまだ現役続行できる車もあれば、廃車を余儀なくされる車もあるでしょう。

ただ、「売れない」と端っから諦めてしまうのは危険です。
買取業者はその気配を嗅ぎ取り、本来より安く買いたたいてきます!

重要なのは、「売れる」という前提で何社か査定を受けること。
そうすれば、業者に足もとを見られることなく、故障車なりの適正価格で買い取ってもらえるはずです。