車売却時にETCの手続きは必要?ETCカードやマイレージサービスについてもQ&Aで解説

「車を売るとき、ETCって何か手続きが必要? 車載器のデータは消去したほうがいいの?」

車を売却するとき、たいていはETC車載器をつけたまま買取に出すかと思います。
でも、その際、ETCに関係する手続きが必要なのか良くわからないですよね?

そこで今回は、車を売るときのETCの取り扱いについてQ&Aでお答えしていきます。

【Q1】車を売るときETCに登録されている個人情報は消去したほうがいいの?

ETC車載器に個人情報は登録されていません。

ETC車載器には、「車両情報」や「カード情報」を料金所と無線通信する機能があります。

ただし、車載器本体に書き込まれているのは車両情報だけで、個人情報やカード情報などは一切入っていません。

ですから、ETCをつけたまま車を売っても、登録されているデータを消去する必要はありませんし、もちろん個人情報の漏れも心配ないです。

【Q2】ETCを付けたまま車を売却する場合、登録解除などの手続きは必要?

車を売ってもETCの手続きは必要ありません。

前述のとおり、ETC車載器には車両情報しか入っていないため、車を売るときの手続きはありません。

なお、その車を次のユーザーが購入した際に「再セットアップ」という作業が必要になります。

【Q3】車を売ったらETCカードは解約したほうがいい? それともそのまま使える?

ETCカードは解約しなくても、そのまま新しい車に使えます。

実は、あなたの持っているETCカードは、あなたの車専用というわけではありません。
つまり、そのETCカードはどの車にも使えるんです。

ですから、車を買い替えても、ETCカードまで新しくする必要はありません。
今持っているカードをそのまま新しい車でも使ってください。

【Q4】車を買い替えてETC車載器が変わったら何か手続きは必要?

セットアップという作業が必要になります。

たいていは新しい車にもETC車載器がついているかと思いますが、それを使える状態にするには「セットアップ」という作業が必要になります。

ただ、この作業はお店のほうでやってくれます。(手数料は2,500〜4,500円程度)
ですから、あなた自身は何もしなくて大丈夫です。

【Q5】車を売却したらETCマイレージサービスも解約するべき?

解約の必要はありません。

なかにはETCマイレージ(高速道路の利用料金に応じて貯まるポイント)サービスに登録している方もいるかと思いますが、車を売っても解約する必要はありませんし、ポイントもそのまま残ります。

もちろん、あなたが売った車を次の人が買い、別のカードでETC車載器を使っても、マイレージサービスに影響することはないです。

車を買い替えたらETCマイレージの変更手続きを

ただし、車を買い替えたら、ETCマイレージの登録情報を変更してください。
変更が必要なのは、以下の2つです。

  • 車両番号(ナンバーのこと)
  • ETC車載器管理番号

いずれも、新しい車の番号へ変更しましょう。
この手続きをしなくてもETC自体は使えますが、そのままでは車載器とマイレージサービスが紐付けされていないのでポイントが貯まりません。

車載器管理番号は、新しい車を買うときに渡される「セットアップ証明書」に書かれているはずです。

あるいは、車載器本体のラベルを確認するか、音声やデジタル表示で確認できる機種もあります。

なお、変更手続きはインターネットからできます。
ETCマイレージサービスにログイン後、マイページから進めてください。

ETCマイレージサービス

【Q6】ETC車載器ありとなしで車の査定額はいくら変わる?

ETCの有無は査定にほとんど影響しません。

ちなみに、新しい車のETC設置費用を抑えるために、古い車の車載器を付け替える人もいるようです。

「ETCを取り外すと査定額が下がるのでは?」と思うかもしれませんが、ほとんど買取には影響しないからです。

ETC車載器の付け替え・買取は損をする

ただ、ETCを取り外しても、結局のことろ得にはなりません。

「ETCを購入して新しい車に付ける場合」と「今まで使っていたETCを付け替える場合」の費用を比べてみましょう。

新しく購入する場合付け替えの場合
13,000〜16,000円程度
※オートバックスの場合(車載器、工賃、セットアップ費用込み)
  • 取り外し
    3,000〜5,000円
  • 取り付け
    6,000〜7,000円
  • セットアップ
    3,000円

合計12,000〜15,000円

ご覧のとおり、費用は大して変わりません。

あるいは、ETCを取り外して、車載器単体で売った場合はどうでしょうか?

取り外し売却
工賃
3,000〜5,000円
  • 買取
    500円程度
  • メルカリ
    2,000〜3,000円

このとおり、工賃のほうが高くついてしまうため、ETCが売れても結局損をします。

ですから、やはり、ETCは付けたまま車を売ったほうが良いです。

まとめ

それでは、ここまでの内容をまとめます。

Q.車を売るときETC車載器の登録データは消去したほうがいい?

何もしなくて大丈夫です。
車載器に個人情報は入っていないので心配いりません。

 

Q.車を売るときETCの手続きは必要?

解約などETCに関する手続きはありません。

 

Q.ETCを付けたまま車を売ったら、ETCカードは解約するべき?

ETCカードはそのまま新しい車でも使えます。

 

Q.新しく車を買ったら、ETCの手続きは何か必要?

セットアップという作業が必要ですが、購入先のお店がやってくれます。

 

Q.車を買い替えたら、ETCマイレージサービスはどうなる?

マイレージはそのまま残ります。
ただし、登録情報を変更しておかないと、高速道路を使ってもポイントは付きません。

 

Q.ETCありとなしで査定額は変わる?

ほとんど影響しません。

 

Q.ETCは付け替えたほうが得するの?

工賃を考慮すると、ETCを新しく買っても費用は大して変わらないか、場合によっては損をします。

ETCに関する疑問は解決したでしょうか?

車を売るとき、ETCに関してはとくに心配する必要はありませんが、ETCマイレージサービスに登録されている方は変更手続きを必ずやっておきましょう。

そして何より、「車を高く売ること」もお忘れなく!