カーセブンの買取安心宣言が誠実すぎた!業界一安心な規約の内容を解説

当ページはプロモーションを含みます。

「しつこい営業電話」「契約後の減額」「キャンセル料の請求」。
これは、車買取の三大被害と言われるものです。
もちろん実際に起こるのは稀なケースですが、こういう話を耳にすると車を売るのが怖くなりますよね。

しかし、それらのトラブルを真っ向から是正する理念を掲げるのが、今回紹介する大手車買取店の『カーセブン』なんです。

こんにちは!

GOODBYE CARの岡田です。

カーセブンの掲げる「買取安心宣言」には5つの約束があり、なかでも減額やキャンセルに対する安心感は業界で一番と言っていいでしょう。

そこで今回は、「カーセブンの買取安心宣言」がいかに誠実なものか、その内容を詳しく見ていきたいと思います。

カーセブンはJPUCの適正買取店

売買に関する法律は、基本的に「買主」を守るための要項が多いです。
車の買取契約書においても、買主(業者側)が不利益を被らないような主旨になっています。
そのため、法律や契約内容を盾にされると、いざという時に車を売る側(売主)が不利な立場になることも少なくありません。

でも、これでは安心して車を売れないですよね。

そこで、車買取業界の健全化を進めるため2014年に設立されたのが、JPUC(ジェイパック|日本自動車購入協会)です。

JPUCでは一般ユーザーが安心して車を売却できるよう、以下のような取り組みを行っています。

  • 業界全体のサービス向上を目的としたガイドラインを制定
  • 買取業者に対する覆面調査
  • 買取業者に対する現状把握と改善指導
  • WEB広告表現に関するガイドラインの制定と監修
  • 一般ユーザー向けの相談窓口の設置

つまりJPUCは、車買取業界の指導・監視の役割を担っている機関なんです。

また、JPUCは認定制度も設けており、その最も厳しい条件をクリアした業者だけが「JPUC適正買取店」を名乗ることができます。
そして何を隠そう、今回取り上げる『カーセブン』はJPUCから認定された適正買取店なんです!

ですから、この点だけでも、カーセブンは非常に安心できる車買取業者だといえます。

カーセブンが掲げる「5つの買取安心宣言」の内容

しかし、JPUCの厳しいガイドラインでも不十分だと感じたカーセブンは、さらに高い基準を独自に掲げることにしました。
それが、2015年に打ち出した以下5つの買取安心宣言です。

カーセブンの買取安心宣言
  • いかなる場合でも
    契約後の減額は一切なし
  • 車両引き渡しから
    7日間までキャンセルOK
  • 契約金の半額を
    当日中に前払い
  • 来店の必要なし
    電話1本でキャンセル可能
  • 契約後でも
    キャンセル料は一切なし

実は、大手車買取店のなかで、ここまで安心材料の揃った会社は他にありません。

それでは上記5つの宣言について、ひとつずつ見ていきましょう。

【約束1】
いかなる場合でも
契約後の減額は一切なし

車買取で稀に起こるのが、契約後の減額トラブルです。
要は、契約したあとに修復歴や機関系の不具合が見つかり、その責任を「減額」という形で売主に負わせようとするものです。

【二重査定】車買取で契約後の減額はありえる!法的見解と未然回避策を解説

買取業者が売主に対して減額を要求するのは法律上・契約上OKなケースもありますが、そういう前提だと車を売る方としては不安ですよね。
だから、ガリバーやビッグモーターは保証を用意して手数料を取っています。

そんな中、カーセブンは「減額は一切なし」を宣言。
しかも、“いかなる場合でも” です!

実際、減額トラブルになるケースは稀とはいえ、このように言い切るカーセブンはとても誠実な会社だと感じます。

カーセブンが買取後に減額しないのは本当?再査定の真相を実店舗に問い合わせてみた

【約束2】
車両引き渡しから
7日間までキャンセルOK

ふつう契約事というのは、どちらかの一方的な都合でキャンセルすることはできません。

車買取においても同様ですが、一応、車両を引き渡すまえならキャンセルに対応してくれる業者も多いです。

車買取のキャンセルルールを電話調査!法律も交えて解約の可否を解説

しかしカーセブンは、何と車両引き渡しから7日間までキャンセルが可能なんです!
たいていの買取店なら間違いなく断られるので、この点についてもカーセブンは神対応と言っていいでしょう。

【約束3】
契約金の半額を
当日中に前払い

モノを売買するときは、それと同時に代金も受け渡しするのが普通です。
しかし、車買取では「後日振込」が主流になっており、場合によっては入金まで1週間かかるケースもあります。

ところが、カーセブンはJPUCの基準に則り、3日以内に必ず全額が振り込まれます。
さらに、契約金の50%は当日振り込み!
全額ではないものの、現金をすぐに受け取れるのはとても助かりますし、何より安心感がありますよね。

車買取後はいつ入金される?大手買取店11社の振込日数を調査

【約束4】
来店の必要なし
電話1本でキャンセル可能

他社ではキャンセルの際に来店を求められることもありますが、その場合「なんか嫌味を言われたらどうしよう?」と不安にもなります。
(そもそも、キャンセル自体ができないことも多いです)

しかし、カーセブンでは電話1本で買取がキャンセルできるので、そういった気まずい思いをすることもなく、ある意味で気楽です。

【約束5】
契約後でも
キャンセル料は一切なし

たとえば他社の場合、キャンセル料に関しては以下のような取り決めがあります。

  • 引き渡し前ならキャンセル料はなし
  • 引き渡し後は実費請求(運搬費など)
  • 利益損失相当額を請求

違約金についての約款があるのはキャンセルを防ぐためでもありますが、売主にとって非常に厳しい条件になっているケースもあります。

一方、カーセブンはキャンセル料が一切なし!
こういったリスクがないことも事前に約束されているので、車を売る立場としてはかなり安心感があります。


以上が、カーセブンの買取安心宣言の内容です。
5つの約束ごとをもう一度見てみましょう。

カーセブンの買取安心宣言
  • いかなる場合でも
    契約後の減額は一切なし
  • 車両引き渡しから
    7日間までキャンセルOK
  • 契約金の半額を
    当日中に前払い
  • 来店の必要なし
    電話1本でキャンセル可能
  • 契約後でも
    キャンセル料は一切なし

これらの項目は一見当たりまえのように感じるかもしれませんが、中古車業界ではかなり異例なことです。

名目どおり、カーセブンは非常に安心感が強いので、「トラブルは絶対にイヤだ!」という方にとっては売却先の筆頭候補になるでしょう。

≫カーセブンで無料査定を受けてみる(公式)

カーセブンの買取は安心だけじゃない

ここまでの内容で、カーセブンがいかに良心的な買取店かということが理解できたかと思います。

ただ、いくら安心感があっても、買取額が安かったら考えものですよね?

車の査定額は車種やコンディション、他社との比較状況にもよりますが、私が以前カーセブンで査定を受けたときは満足のいく金額でした。
そのときの査定結果は、以下のとおりです。

買取業者提示金額
ビッグモーター15万円→46.5万円
カーセブン45万円
ネクステージ35万円
アップル30万円
グッドスピード30万円
トヨタディーラー16万円

このときは結局、カーセブンに車を売りました。
最終的にはビッグモーターが最高額でしたが、安心感でいえばカーセブンのほうが断然上だったからです。
なので、良心的なカーセブンは査定額もまずまず期待できるでしょう。

でも、ただ単に査定を受けるだけでは高値は引き出せません
「なるべく安く買い取って、利益を増やしたい」と考えるのは、カーセブンも例外ではないからです。

したがって、車を売るときは、カーセブンを含めて何社か比較することが重要になります。
競合他社がいる中では、どこも安い金額なんて出せないですからね。

ただし、1社ずつお店を回って査定を受けるのは非効率ですし、実際、様子見の金額しか提示してもらえません。
ですから、相見積もりを取るときは車一括査定をオススメします。

車一括査定とは、任意で選択した買取店にまとめて査定を依頼できるサービスです。
買取店同士を比較する前提のサービスなので、競争原理が働き、査定額が底上げされる効果もあります。

「カーセブンなら安心そうだけど、車も高く売りたい」という方は、ぜひ使ってみてください。

≫カーセブンと他社の査定額を比較する(完全無料)

まとめ

今回はカーセブンの安心宣言について詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか?

カーセブンは買取において5つの約束を掲げています。
いずれも他社では見られない良心的な内容ですが、減額を一切しないこと、キャンセルのハードルが低いことはとても安心感がありますよね。

なので、車をどこに売ればいいか迷っている方は、カーセブンを筆頭に考えても良いかと思います。

ただし、高値を引き出すには、他社と比較する状況をつくることが大切です。
以下のサイトは相見積もりを効率よく取るためのサービスなので、車を売る際はぜひ活用してください。