車の下取り額を高くする方法!交渉を有利に進める見積もりのコツを解説

ディーラーで車を買い替えるとき、今の車を少しでも高く下取りしてもらいたいですよね。
でも、その際、ディーラーとの下取り交渉は有効なんでしょうか?

こんにちは!

GOODBYE CARの岡田です。

もちろん、交渉のやり方次第では、下取り額がアップする可能性はあります。

そのコツとは、見積もりを2段階に分けること。
そして、買取店の査定額を提示して交渉することです。

というわけで今回は、車の下取り額を高くする方法について詳しく解説していきます。

新車値引きと下取り額は “シーソーゲーム”

まずは、ディーラーで新車を買うときの「値引き」と「下取り額」のカラクリを理解しておきましょう。

どこのディーラーでも、大抵の場合は新車値引きが利きます。
もちろん、車を安く買えるのは嬉しいことですが、お客さんをその気にさせるために「最初からそのような価格設定になっている」ともいえます。

さらに、今乗っている車を下取りに出せば、その金額も購入費用から差し引かれます。

ただ、新車値引きも下取り額もいちおう基準はあるものの、見積もり上はいくらでも金額操作ができるんです。
たとえば、値引きを増やしてその分下取りを安くしたり、逆に、値引きを減らしてその分下取りを高くしたりという具合に・・・。

つまり、新車値引きと下取り額はシーソーのような関係になるので、ディーラーにとって値引きをアップさせたり、下取りをアップさせたりすることは “朝飯前” というわけです。

ですから、この前提のもと、見積もりを賢く進める必要があります。

車の下取り額を高くするコツ

当然ながら、「値引きを増やしてほしい」「高く下取りしてほしい」といっても、ディーラーはそう簡単に首をたてに振ってはくれません。

そこで効果的なのが、見積もりを2回に分ける方法です。
詳しくは後述しますが、まず「下取りなし」という条件で見積もりをとり、本来可能な値引き額を引きだします。
次に、「下取りあり」という条件で見積もりをとり、純粋な下取り価格を確認します。
さらに、ここで「買取店での査定額」を武器に交渉を進めます。

実際に私はこのやり方で、12年落ちの修復歴車の下取り価格が0円→8万円にアップしました!

私の車の場合は8万円アップに留まりましたが、もっと条件がいい車なら下取り額がさらに高くなる可能性があります。

ディーラーとの下取り交渉を有利に進める見積もりのやり方

それでは、前提知識を押さえたところで、本題である「下取り額を上げる方法」を説明していきたいと思います。

交渉の進め方は、以下のとおりです。

  1. 新車見積もりをとる(下取りなしのバージョン)
  2. 近所の買取店で査定を受ける
  3. 新車値引きの限界を引きだしたうえで下取りの話を切りだす
  4. 下取り査定を受けて再び見積もりを提示してもらう
  5. 買取査定の結果を伝えて下取り価格の交渉をおこなう

一発交渉ではないので手間はかかりますが、効果は確かです。
ステップごとに詳しくみていきましょう。

【STEP1】
新車見積もりをとる(下取りなしのバージョン)

まずは、ディーラーに行って目星の車を拝見!

そして、新車の見積もりを出してもらいましょう。
このとき下取りのことを聞かれますが、「下取りに出す予定はない」と答えてください。

おそらく、最初から値引きした見積もりは出さないと思うので、このとき「値引きって可能ですか?」と軽く交渉します。
そこで一段階目の値引き額を提示してもらったら、その日は保留にして一旦帰りましょう。

【STEP2】
近所の買取店で査定を受ける

次に、近所の買取店で一度査定を受けてください。
待ち時間をなくすために、予約したほうが確実です。(出張査定でもOK)

この段階で査定を受ける理由は、現実的な買取額を把握するためです。
そして、ここでの査定額は、ディーラーとの交渉材料として使います。

【STEP3】
新車値引きの限界を引きだしたうえで下取りの話を切りだす

次は、いよいよディーラーの見積もり2回目です。

まずは、契約をほのめかしつつ、前回よりさらに値引きを増やしてもらえるか交渉してみましょう。
この段階になれば、ディーラーのほうも可能なかぎりの値引きを提示してくるはずです。

本来の値引き額を引きだせたら、ここでようやく「下取り」の話を切りだします。
このように、あえて段階的に見積もりを進めることで、ディーラーのほうも前に述べたような「価格操作」がやりづらくなります。

【STEP4】
下取り査定を受けて再び見積もりを提示してもらう

担当者が査定をしている間は、コーヒーでも飲みながらゆっくり待ちます。。

査定が終わったら、下取り額が反映された見積書をふたたび出してもらいましょう。
おそらく、「買取店の査定額」より「ディーラーの下取り額」のほうが安くなるはずです。

【STEP5】
買取査定の結果を伝えて下取り額を交渉する

そこで、いよいよ最終ステップ。

「STEP2で調べた買取店の査定額」を提示し、下取り額を上げてもらうよう交渉します。

A店での査定額が〇〇万円だったんですが、下取り額なんとかなりませんか?

他社の買取金額を提示すれば、ディーラーのほうもできるだけの努力はしてくれるでしょう。

実際、私はこれで下取り価格が8万円アップしました。

ただし、下取り額にも限界があるので、買取店の査定額より高くならない可能性はおおいにあります。
そこで提示された下取り額で良しとするか、買取店で売却するかは、あなた次第です。

以上が、下取り交渉の進め方です。
もう一度、全体の流れを確認しておきましょう。

STEP.1
ディーラーに行って新車の見積もりをとる(1回目)

下取りの予定はないと伝える。
1回目の見積もりで、ひとまず値引き額を提示してもらう。

STEP.2
近所の買取店で査定を受ける

ディーラーとの下取り交渉の材料にするため。

STEP.3
再びディーラーに行って見積もりをとる(2回目)

契約をほのめかし、値引きの限界値を引きだす。
そのあとで下取りの話を切りだす。

STEP.4
下取り査定を受ける

今の車をディーラーで査定してもらい、下取り額が反映された見積書を出してもらう。

STEP.5
買取店の査定金額をもとに下取り価格を交渉する

買取店での査定額を伝え、下取り額を上げてもらえるか交渉する。

いかがですか?
なかなか面倒ですよね。。

ただ、このやり方なら新車値引き・下取り額のどちらも適正値を引きだせるので、見積もりに対する納得度はだいぶ違うと思います。

今の車を少しでも高く下取りしてもらいたい方は、ぜひ試してみてください。

車の下取り額がアップしても限界値は知れている

ディーラーで下取りに出せば、手続きが楽ですし、何となく安心感もあります。

ただ、ここで決定的なことをお伝えしなければいけません。。

実は、上記の方法でたとえ下取り額がアップしても、大抵の場合、「買取店の査定額」を上回ることはないんです・・・。
なぜなら、ディーラーの査定基準というのは、そもそも買取店より低い設定になっているからです。
また、ディーラーは管理コストが非常に高いので、できるだけ安く下取りして利益をあげる必要があります。

つまるところ、「ディーラーの下取り価格は端っから安い」ということ・・・!

「ディーラー下取りは安い」の真相に迫る。下取りの裏事情と査定基準とは?

さらに言えば、ディーラーでは下取り手数料が必ず取られます。

【下取り手数料の相場】

下取り査定料 5,000〜8,000円
事務手数料 10,000〜15,000円

ですから、ディーラー下取りは楽でいいんですが、費用的なことを考えると損するリスクは高いです。

ディーラー下取り額より高い買取店の探し方

そこで提案ですが、今の車を「ディーラー」ではなく「買取店」で売ってみてはいかがでしょうか?

そのほうが車は高く売れるので、結果的に新車も安く買うことができるからです。

たとえば大手買取店だと、以下の会社などが有名です。

売却先の候補として、これらの買取店か地元のお店を検討してみましょう。

ただし、買取店ならどこでもいいというわけではありません。
というのは、買取店によっても査定額に差が出るからです。
ですから、何社か比較したうえで、なるべく高く買い取ってくれるお店を選ぶようにしてください。

そこで、私がいつも使っている便利なサービスをご紹介します。
それが、『カービュー』の愛車無料一括査定です。

カンタンに言うと、車の査定額をなるべく手間をかけずに比較するサービスになります。
しかも、サービスの特性上、お店同士の競争意識が刺激されるため、予想以上の高値で売れることも良くあります。

もちろん無料のサービスなので、ディーラーの下取り額より高く車を売りたい方はぜひ使ってみてください。

≫下取りより高く売れるお店を探す(無料)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回お伝えしたとおり、ディーラーでの見積もりを段階的に進めれば、下取り額を上げてもらうことはそこまで難しくありません。
ディーラーはまず様子見の金額を提示してくるので、こちらも賢く交渉していきましょう。

下取り交渉の手順をもう一度復習する

ただし、交渉の末に下取り額がアップしても、いわゆる「中古車買取店」のほうが査定額は高くなる傾向が強いです。
ですから、車を少しでも高く売りたい方は、ディーラー下取りではなく、買取店で売ることをおすすめします。

その際は何社か比較して、「条件のなるべくいいお店」を選ぶことも忘れないでくださいね。