車を売却しても車庫証明は抹消しなくていい!買い替えの場合も警察署に問い合わせてみた

車を売るとき、車検証はあとで名義変更をおこないますが、「車庫証明」に関しては登録を抹消したり、申請書の控えなどを警察署に返却しなければいけないのでしょうか?

地元の警察署に問い合わせてみたところ、車を売却するときに車庫証明の手続きは必要ないとのことでした。
ちなみに、車を買い替える場合も、前の車の車庫証明はそのままで問題ないそうです。

以下では、警察署に直接聞いた内容をもとに、車を売る(買い替える)ときの車庫証明の事情についてもう少し詳しく解説したいと思います。

車を売却しても車庫証明を抹消する必要はない

車を買うときは、車庫証明を必ず取得します。
なぜなら、車を持つには保管場所を確保しなければいけないからです。

ということは、車を売るときは車庫証明の登録を消したほうが良さそうな気がしますが、前述のとおり、手続きは必要ありません。

その理由は、次のとおりです。

【その駐車場をもう使わない場合】
次の使用者が車庫証明を取得すると、前(あなた)の車の登録データは書き換えられる。

【新しい車を入れ替える場合】
新しい車の車庫証明を取得すると、前の車の登録データは書き換えられる。

つまり、基本的に、車庫証明のデータは「抹消」するのではなく、次の車がその駐車場で登録される際に「上書き」される仕組みになっているようです。(警察署に確認)

ですから、車を売っても、車庫証明はそのままで問題ありません。

手放す車が廃車になっても車庫証明はそのままでOK

なお、手放す車が結果的に廃車処分されるケースもあるかと思います。

その場合も、車庫証明の手続きは必要ありません。
陸運局で抹消(廃車)の手続きをすると、その情報が警察署のほうにも伝わるからです。
車庫証明の登録データはそのまま残りますが、管理上、そのような仕組みになっているようです。

車を買い替えるとき車庫証明が重複したらどうなる?

では、車を買い替えるとき、つまり、駐車場にとめる車両を入れ替える場合はどうでしょうか?
前述のとおり、新しい車を買うときは車庫証明を必ず取得する必要がありますが、「前の車の車庫証明」が残ったままだと登録データが重複してしまいますよね。

でも、この場合も、前の車の車庫証明はそのままでOKです。
というのも、「新しい車の車庫証明」を取る際に「売却する車」の情報を記入する欄があるので、それで警察署のほうは車を買い替えることを把握できるからです。
あとは、向こうで登録データを書き換えてくれます。

前の車が置いてあっても、新しい車の車庫証明は取得できる

新しい車の車庫証明を申請するとき、「今の車が駐車場にとまっていたら、許可が下りないのでは?」と心配になるかもしれませんが、これも問題ありません。
なぜなら、前項でもお伝えしたとおり、申請時に「入替車両」を記入する欄があるからです。

なので結論ですが、車を買うときは車庫証明を取得する必要がありますが、売るときの手続きはありません。

まとめ

では、今回の内容をカンタンにまとめます。

車庫証明の抹消手続きは必要?

車を売却するとき:必要なし
その駐車場を次に使う人が車庫証明を取得する際、前の登録データは書き換えられるから。

車を廃車にするとき:必要なし
陸運局で廃車の手続きをすると、その情報が警察署のほうにも伝わるから。

車を買い替えるとき:必要なし
新しい車の車庫証明を取得するとき、前の車の登録データが上書きされるから。

というわけで、車を売却するときに車庫証明の手続きは必要ありません。
もちろん、「車庫証明の控え」を売却書類といっしょに提出したり、警察署へ返却する必要もないです。

ご理解いただけたでしょうか?