LINEで車査定をやってみた!LINE査定の結果を買取相場とも比較

「LINEで車査定って何? どうやってやるの?」

車の買取額というのは、実際に査定を受けたうえで提示されるのが基本です。
なぜなら、車両状態というのは個々に違うため、実物を見ないと正確に評価できないからです。

でも、自分の車がいくらで売れそうか、概算だけでもサクッと知りたいですよね。

そこで、ひとつの提案として「LINEで車査定」という方法があります。

こんにちは!

GOODBYE CARの岡田です。

一部の車買取店が行っっている「LINEで車査定」ですが、要は、LINEのやり取りだけで査定額を教えてもらえるサービスになります。
車の情報だけで概算が分かるので、気軽にできるのは大きなメリットです。

ただ今回、LINEで車査定を実際にやってみて、色々とデメリットに感じる点もありました。

そこでこのページでは、「LINEで車査定」を提供する3社のサービス詳細と、利用するときの注意点についてお伝えします。

「LINEで車査定」って何?

まず、「LINEで車査定」がどんなサービスかを簡単に理解しておきましょう。

といっても、サービス自体は非常にシンプルで、前述したように、LINE上のやり取りだけで車の査定額を教えてもらえる、というものです。
通常の査定と違って、お店までわざわざ足を運ばなくていいですし、電話番号やメールアドレスなどの個人情報も必要ありません。

ちなみに「LINE査定」は、もともとブランド品などの買取で始まったサービスになります。

LINEで車査定の流れ

査定の流れも、以下のとおり非常に簡単です。

  1. 車買取店のLINE公式アカウントを友だちに追加する
  2. トーク上で車の基本情報や写真を送る
  3. 査定額(概算)が届く

このようにLINE上でやり取りするだけなので、しつこい営業電話に悩まされることもなく、安心して利用できます。

LINE査定にかかる時間は?

買取店のほうから査定額の連絡が返ってくるまでは、今回試した結果、数時間〜1日以上かかりました。
情報を送ればあとは返信を待つだけですが、その場ですぐに分からないのは多少じれったさを感じるかもしれません。

LINE査定ができる車買取店は3社

それでは、「LINEで車査定」のサービスを3つご紹介しましょう。
サービスを提供する車買取店は、以下の3社になります。

  1. ネクステージ
  2. グッドスピード
  3. カーセブン

ただし、カーセブンのサービスは「LINE査定」と掲げていますが、実態は査定を申し込むための導線としてLINEを使っているだけです。
上記で説明した一般的なLINE査定ではないので、注意してくださいね。

なお、今回LINE査定したのはこちらの車です。

Car Information

LINE査定をやった車の写真

250 4MATIC SPORTS(本革仕様)

メルセデス・ベンツGLC

  • 2017年式
  • 走行距離37,000km
  • 事故歴なし

この条件のもと、査定の概算価格をリサーチしました。

では、各社のLINE査定の進め方と今回の結果を見ていきましょう!

ネクステージのLINE査定のやり方と査定結果

ネクステージのLINE査定の手順は、以下のとおりです。

  1. ネクステージをLINEで友だちに追加
  2. 車両情報、車の写真(無しでもOK)を送る
  3. 査定結果(概算)が届く

まずは、公式サイトで「友達に追加する」のボタンをクリックします。

するとLINEアプリへ移行するので、ネクステージの公式アカウントを友だち追加してください。

追加すると自動でメッセージが届くので、トーク上で必要な情報を返信します。

ネクステージとのLINEのやり取り

ここで車の画像を何枚か送れば、概算価格がより具体的になるかもしれません。
画像をパッと用意できなければ、ナシでも大丈夫です。

あとは、ネクステージからの返信を待つだけです。

ネクステージのLINE査定の結果

今回はこのような結果になりました。
(返答があったのは約2時間後)

この金額は高いか安いかは後述しますが、LINE車査定のなかでは使い勝手が一番いいと思います。

ネクステージのLINE査定をやってみる

グッドスピードのLINE査定のやり方と査定結果

グッドスピードのLINE査定も、以下のとおり進め方は一緒です。

  1. グッドスピードをLINEで友だちに追加
  2. 車両情報、車の写真(無しでもOK)を送る
  3. 査定結果(概算)が届く

グッドスピードの公式サイトに以下のQRコードがあるので、そこを長押して「LINEで開く」をクリックします。

グッドスピードのLINE査定の進め方

するとLINEアプリへ移行するので、グッドスピードの公式アカウントを友だち追加してください。

追加するとすぐに以下のメッセージが届きます。

グッドスピードとのLINEのやり取り

ネクステージのときと同様、ここで車の基本情報を送りましょう。

あとは返事を待つだけです。

グッドスピードのLINE査定の結果

今回、グッドスピードのLINE査定はこのような結果になりました。
回答が来るまで30時間と少し遅かったですが、概算はいちおう提示してもらえます。

グッドスピードのLINE査定をやってみる

カーセブンのLINE査定はただの申込み導線だった(おすすめしない)

カーセブンも同じ要領で、公式アカウントを友だち追加して進めます。

カーセブンのLINE査定の進め方

ただし、届いたメッセージにある「LINE査定」のボタンをクリックしたら、カーセブンの「通常の査定依頼フォーム」に飛ばされてしまいました。
要するに、査定の申込みページへ誘導するためにLINEを経由しているだけで、LINE上で査定額を教えてもらえるサービスではなかったんです。

これは、もはやLINE査定ではありません!
(今回は査定を見送りました)

ただ、カーセブン自体は良い会社なので、査定を受けたい場合は、LINEは使わず、公式サイトから直接依頼することをおすすめします。

「LINEで車査定」と「ネットの買取相場」の結果を比較

ここまでの説明で、「LINEで車査定」のやり方はお分かりいただけたかと思います。

ただ、ここで気になるのは、LINE査定の結果がどこまで正確なのかどうか、ですよね。
というのも、今回LINE査定をやってみて、私は正直「安すぎる!」と感じたからです。

そこで、LINE査定の結果が本当に信頼できるものか確かめるため、同じ車両条件で「ネットの買取相場」をリサーチしてみました。

その結果がこちらです。

3つの査定サイトを使って調べてみたんですが、買取相場はこのような結果になりました。

では、「LINE査定の結果」と「ネットの買取相場」を比較してみましょう。

方法 サイト 査定額
ライン査定
ネクステージ 250〜280万円
グッドスピード 230万円
平均 248万円
ネット相場
カービュー 276万円
ナビクル 363万円
ズバット 255〜355万円
平均 315万円

それぞれで平均を出したところ、なんとLINE査定のほうが67万円も低くくなりました。
この結果をどう捉えればいいのでしょうか?

LINEで車査定の結果は鵜呑みにしてはダメ!

私の経験上では、ネットの買取相場ですら実際の査定額より低い傾向があります。
しかし、LINE査定で提示された金額は、それよりもさらに安いわけです!

では、なぜ、LINE査定の結果がそんなにも安くなるのかと言うと、単純な話、もし利用者がその金額に納得して成約に進めば、買取店としては儲けがうんと増えるからです。

たとえば今回、グッドスピードのLINE査定の結果は230万円でしたが、もし私がその金額に納得してそのまま契約すれば、おそらく100万円以上は損をすることになるでしょう。

ですから、参考までにLINE査定をやってみるのは良いと思いますが、そこで提示された金額を鵜呑みにしないように注意してくださいね。

LINEで車査定をやってみて分かったデメリット

それでは、今回LINE査定をやってみて感じたデメリットを改めてまとめます。

LINEで車査定のデメリット
  • 査定額が分かるまで数時間〜1日以上かかる。
  • 「とりあえず感」が強く、提示金額は相場より低い。
  • 車情報の入力や返事を待つのが面倒。

まず第一に、LINE査定はとても気軽なイメージがありましたが、査定結果の返信が来るまではそれなりに時間がかかることがわかりました。
しかも、前項でお伝えしたように、LINE査定の提示価格は信ぴょう性に欠けます。

ですから、今の車がだいたいいくらで売れるのか調べたい場合は、ネット上で買取相場をチェックすることをおすすめします。

車の買取相場が匿名で分かるサイト6選|調べ方や査定の精度も解説

この記事で紹介しているサイトは、個人情報なしで買取相場を調べられますし、何よりその場ですぐに金額が表示されます。

まとめ

今回は、車買取店の「LINEで車査定」サービスの調査結果をご覧になっていただきました。

LINE査定は車を実際に見せなくて済むため、たしかに気軽なサービスではあります。
しかし、上記で買取相場と比較して分かったように、LINE査定の結果はあまり信用できるものではありません。
もちろん、LINE査定を利用するのは良いと思いますが、その金額を鵜呑みにはしないでくださいね。

ただ、車を実際に売るときでも、単に査定を受けるだけでは「LINE査定」のように相場よりうんと安い金額を提示される可能性があります。
車を相場以上の値段で売るには「相見積もり」が必須ですから、そのための専用サイトを以下にご紹介しましょう。