カーセンサー買取一括査定の調査記録!利用の流れや評判も全部解説

「カーセンサーの一括査定ってどうなの? 評判が気になる・・・」
「サービスの流れは? 注意するポイントがあれば知りたい」

車を高く売るための一括査定サービス。
なかでもカーセンサーの一括査定は、もっとも知名度の高いサイトと言えるかもしれません。

ただ、ネット上ではサービスに対する賛否両論があるため、カーセンサーとはいえ「ホントに申し込んでも大丈夫?」と不安になる方もいるかと思います。

こんにちは!
GOODBYE CARの岡田です。

そこで、カーセンサーの一括査定サービスの特徴について、他サイトと比べながら詳しく調べてみることにしました。

一括査定リサーチ資料

その結果、カーセンサーのメリットだけでなく、デメリットも色々と見えてきました。

ただ、“卓上の論争” では意味がないので、サービスを実際に使ってみて以下の2点についても検証することにしました。

  • カーセンサーの一括査定は安心して利用できるのか。
  • カーセンサーの一括査定で車は高く売れるのか。

ちなみに今回、査定に出した車はこちら。

12年落ちの古いセダンで、しかも修復歴あり。
さらに、コロナショックによる市場暴落の時期だったので、事前にリサーチした買取相場は0〜5万円とほぼ底値の状況です。。

しかし、カーセンサーの一括査定をやってみたところ、最高額は何と10万円!
微々たるものですが、車が高く売れる効果は実証されました。

というわけで、このページでは、今回のリサーチ結果と実体験をふまえ、「カーセンサーの一括査定サービス」の全貌を徹底的に解説していきたいと思います。

カーセンサーで車を売ろうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

カーセンサーの一括査定のやり方を今すぐ見る

カーセンサーの一括査定は安心して使える?

まずは、カーセンサーの「信用性」について少し触れておきましょう。

『カーセンサー』は誰もが知る中古車情報サイトですが、もともとは雑誌として1984年に創刊されたのが始まりです。

運営会社は、スーモやタウンワークなどでも有名な「リクルート」です。

カーセンサーは、業界で初めて「修復歴」「車体番号」を表示。
また、カーセンサーアフター保証を始めるなど、ユーザーが安心して中古車を買えるように努めてきた媒体です。

そして2008年、カーセンサーは「一括査定サービス」をスタート。

カーセンサーは、JPUC(日本自動車購入協会)のウェブ監修を受けており、中古車 “販売” だけでなく、“買取” においても「ユーザーの安心感」を重視したサービスを提供しています。

ちなみにJPUC(ジェイパック)とは、買取事業者が健全なサービスを提供するためのガイドラインを定め、消費者が安心して車を売ることができるよう、業界のサービス向上を進める機関です。

つまり、カーセンサーは、車買取業界の監視役であるJPUCから認められたサイトと言えます。

ですから、やはりカーセンサーは名が通っているだけあり、信用性が高いのは確かです。

カーセンサーの一括査定が他サイトを凌ぐメリットとは

それでは、カーセンサーの一括査定サービスの特徴を詳しくみていきましょう。

車一括査定サービスには、カーセンサーを含めた以下5つの主要サイトがあります。

《車一括査定の主要5サイト》

一括査定サイト 運営会社
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
株式会社ウェブクルー
ヤフー株式会社
楽天株式会社
株式会社エイチームライフスタイル

どのサイトも基本的なサービスの流れは同じですが、もっとも違うポイントは「提携業者数」です。

《提携業者数の比較》

一括査定サイト 提携業者数 最大査定依頼数
カーセンサー 1,000社以上 30社
ズバット 283社 10社
カービュー 300社以上 8社
楽天Car 100社以上 10社
ナビクル 49社 10社

ご覧のとおり、カーセンサーは提携業者数が圧倒的に多いことがわかります。
なぜなら、カーセンサーはもともと中古車情報サイトなので、「買取専門店」だけでなく、多くの「中古車販売店」とも提携しているからです。

提携業者数の違いは、サービスを申し込む際に紹介される「候補店の数」に直結します。

試しに、「カーセンサー」と「ズバット」の2サイトで比べてみました。

結果、カーセンサーのほうが2社も多くピックアップされました。

つまり、カーセンサーは他サイトに比べて候補店の選択肢が多くなるため、それだけ「好条件のお店」が見つかる可能性が高いことになります。

これが、カーセンサー最大のメリットです。

カーセンサーの一括査定のデメリット3選

ただ、私がカーセンサーを実際に使って感じたデメリットもあるので、3つほどお伝えしておきます。

《カーセンサー3つのデメリット》

  1. カーセンサー経由で査定依頼をキャンセルできない
  2. 買取相場が表示されない
  3. 申し込みの入力項目が多い

【デメリットその1】
カーセンサー経由で査定依頼をキャンセルできない

サービスの申し込み後にキャンセルしたくなることがあるかもしれませんが、カーセンサーにはその機能がありません。

というのも、申し込み後は、ユーザーと買取店が直接やりとりすることになるからです。

したがって、査定をキャンセルしたい場合は、電話をかけてきた買取店に対してその旨を直接伝える必要があります。

ただ、冷やかしでないかぎり、キャンセルする必要性はあまり感じません。
なので、カーセンサー自体にキャンセル機能がないことは、そこまで大きなデメリットではないと思います。

【デメリットその2】
買取相場が表示されない

車一括査定サイトの「ズバット」や「ナビクル」は、過去の取引データをもとにした買取相場が表示されます。
ある程度の目安が分かれば、何となく安心感はありますよね。

しかし、カーセンサーにはそういった機能がありません。

ただ、ズバットやナビクルで表示される買取相場は的外れなケースも多く、実はあまり参考にならないです。

ですから、この点も大したデメリットとは言えないでしょう。

ちなみに、個人情報なしで買取相場を調べる方法はこちらを参考にしてください。

車の買取相場を匿名で調べられるサイト6選|ネット査定の精度はいかに!?

【デメリットその3】
申し込みの入力項目が多い

強いて言えば、カーセンサーは申し込む際の入力が少し面倒だったのも気になりました。

申込みフォームの入力項目数を、他サイトと比べてみましょう。

《入力項目の比較》

一括査定サイト 入力項目数
カーセンサー 14項目
ズバット 9項目
カービュー 9項目
楽天Car 12項目
ナビクル 8項目

とはいっても、入力作業はせいぜい1〜3分くらいなので、ここも取り立てるようなデメリットではありません。

では、このあたりでメリットとデメリットをまとめます。

《カーセンサーのメリット》

  • 信用性が高い
    →安心して利用できる。
  • 提携業者数が多い
    →好条件のお店が見つかる可能性が高い。

《カーセンサーのデメリット》

  • カーセンサー経由で査定依頼をキャンセルできない
    →キャンセルする場合は、買取店に直接その旨を伝える。
  • 買取相場が表示されない
    →買取相場は匿名でカンタンに調べられる。
  • 申し込みの入力項目が多い
    →せいぜい1〜3分の作業だから大差はない。

ここまでお伝えしたように、カーセンサーには上記3つのデメリットがありますが、いずれも取り立てるほどではありません。

それに対して「信頼性が高い」「提携業者が多い」というメリットは、非常に評価できるポイントです。

カーセンサーの一括査定に対する評判

さて、カーセンサーのメリットとデメリットを理解していただいたところで、次はサービスの実態を探るべくネット上の口コミをチェックしていきたいと思います。

カーセンサーの悪い口コミ

まずは悪い口コミから。

悪い口コミのほとんどを占めるのが、申し込み後の「電話」です。
そもそも車一括査定というサービス自体が、「査定を依頼した会社」から電話が入る仕組みになっているからです。

でも、この流れを知らないと、口コミのように「申し込み後の電話」に困惑することになります。
ですから、カーセンサーに限ったことではありませんが、買取店からの電話に対応するつもりでサービスを利用することが大切です。

なお、大抵のサイトでは査定会社が選べるようになっているので、そこで候補をしぼり込めば電話対応もそこまで手間はかかりません。

カーセンサーの良い口コミ

続いて、カーセンサーの良い口コミも見てみましょう。

やはり、電話はたくさんかかってくるものの、冷静に対応した方々は一括査定の恩恵を受けているみたいですね。

そのほかの口コミもご覧ください。

これはカーセンサーに対する口コミではないかもしれませんが、いずれにしても、一括査定をやったことで車がかなり高く売れたことがわかります。

以上の評判をまとめると、「業者から電話がかかってくる」という点をデメリットに感じる人がいる一方で、「車が高く売れる」というメリットも事実のようです。

カーセンサーの一括査定をやってみた結果

もちろん、冒頭でもお伝えしたとおり、カーセンサーの一括査定をやれば本当に車が高く売れるのか、私もサービスを実際に使って確かめてみました。

というわけで、今回査定に出した車をあらためて紹介します。

このとおり、車の買取では実はかなり厳しい条件の車です。
実際、カーセンサーで候補に挙がった買取店のなかには0円を提示するお店もありました。

しかし、一括査定で比較した末、何とか最高で10万円の査定額が付きました!

今回の結果をまとめたのが、こちらです。↓

ちなみに、ほかの査定方法もいろいろ試したので、その比較もご覧ください。

《査定方法のよる金額の違い》

査定方法 査定結果
ネットの買取相場 0〜5万円
ディーラー査定 0円
店舗査定
(買取店5社を比較)
0〜8.1万円
カーセンサー 10万円

このとおり、カーセンサーの査定結果が一番良かったことがお分かりいただけるかと思います。
その理由は、一括査定サービスを使って複数社を比較したことで、各社の競争意識が高まったからです。

今回査定に出した車はそもそも相場が底値でしたが、もっと高く売れる車ならその差が数十万円になることもあります。
しかし逆に、「比較」をしなければ競争相手がいないわけですから、それだけ安く買いたたかれるリスクも高くなってしまいます。

ですから、今回の結果からも、カーセンサーのような車一括査定サービスの有効性をあらためて感じました。

カーセンサーの一括査定の流れ

ここまでで、カーセンサーを使えば車が高く売れることは、お分かりいただけたでしょうか?

ただ、実際にやってみるとしても、サービスの流れを知らないと不安ですよね。

というわけで最後に、私の実体験をふまえて「カーセンサーの一括査定」のフローを詳しく見ていきましょう。

サービスの流れは、大きく3つのステップがあります。

  1. 申し込み
  2. 買取店からの電話に対応
  3. 実車査定

【STEP1】
申し込みフォームに入力

まずは、申し込みの進め方から説明します。

カーセンサーでは売却方法が「一括査定」と「オークション」から選べるようになっていますが、ここでは「一括査定」を選択します。↑

次に、車の基本情報を入力します。↓

このとき、車検証を手もとに用意しておくとスムーズです。(だいたいでもOK)

以上の5項目を選択したら、「申し込みスタート」をクリックしましょう。↓

続いて、車の詳細情報と個人情報を入力していきます。↓

※なお、任意項目から「メール連絡」を希望することも一応可能です。

やり方は、以下のとおりです。

メールアドレスの欄の下に「任意項目」のボタンがあるので、それをクリックします。↑

「連絡希望時間帯」の欄にメール連絡を希望と書きましょう。↓

こうすれば、良心的なお店はメールで対応してくれるはずです。

ただし、コールセンターから自動で電話をかけてくる会社もあるので、申し込み後の電話を完全になくすことは難しいです。

(メールでのやり取りはかえって面倒になるので、できればふつうに電話で対応したほうが楽です)

以上の手順で入力を終えると、次のように候補店が紹介されます。↓

重要

チェックマークが付いているお店から後ほど電話がかかってきます。
買取店が多い場合は、チェックマークを外して候補を減らしましょう

電話対応や査定にかかる手間を考えると、候補は3〜5社くらいがちょうどいいと思います。

あとは、今までの情報を再び確認して、送信ボタンをクリック!

これで申し込みは完了です。

(ちなみに、私は入力に3分ほどかかりました)

【STEP2】
買取店からの電話に対応

申し込みが終わると、上記で「チェックマークを残したお店」から電話がかかってきます。
早ければものの数秒で着信が入るので、対応できるように準備しておきましょう。
(「午後9時〜朝8時」は電話がかかってこないはずです)

この電話の目的は、“出張査定のアポ取り” です。

買取店

お車を一度見させていただきたいのですが、査定の日時はいつがよろしかったですか?

このように聞いてくるので、都合のいい日時を伝えてください。

なお、査定のスケジュールは「1社ずつ別々」でもいいですし、「同時にまとめて」でもOKです。

1社ずつ査定を受けるのが面倒であれば、後者をオススメします。

車の同時査定は効果テキメン!検証結果とやり方をリアル解説

【STEP3】
車を実際に査定してもらう

次は、いよいよ査定本番です。

査定の流れは、以下のとおりです。

  1. 車に関するヒアリング
  2. 実車査定
  3. データを本部に送信
  4. 査定額の提示

このとき、何か気になることや分からないことがあれば積極的に聞いておきましょう。

あとは各社の金額を比べ、いちばん条件のいいお店を選ぶだけです!

なお、査定のときは、次の3点に注意してください。

査定のときの注意点

  1. 車の不具合、事故歴などは正直に言う
    【理由】契約後の減額を避けるため。
  2. 契約をその場で即決しない(個別査定の場合)
    【理由】最後まで比較してから買取先を選ぶため。
  3. 希望額は言わない
    【理由】希望額以上で売れなくなるから。

一括査定のときだけに限ったことではありませんが、以上のことに注意しておけば後悔するような契約にはならないはずです。

以上が、カーセンサーの一括査定の流れになります。

では、そのあとの契約も含めて、全体の段取りを確認しておきましょう。

  1. 一括査定に申し込む
  2. 買取店からの電話に対応
    (査定日時を決める)
  3. 実車査定、金額の提示
  4. 売却先を決める
    (個別査定の場合は即決NG)
  5. 契約
  6. 必要書類の準備
  7. 車と書類を引き渡す
    (日にちは要相談)

カーセンサーを利用しても、査定を直接依頼しても、基本的な流れは同じです。

ただ、もうお気づきだと思いますが、車を高く売るには “査定額の比較” が欠かせません!
だから、カーセンサーなどの車一括査定サービスを利用する人が多いんです。

さて、ここまででサービスに対する不安はだいぶ払拭されたでしょうか?
メリットが非常に大きいサービスなので、車を高く売りたい方はぜひ試してみてくださいね。

≫カーセンサーの一括査定をやってみる

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
話が長くなってしまったので、ポイントをおさらいしておきましょう。

カーセンサー
車一括査定のまとめ

《信用性》

  1. 運営会社は「リクルート」
  2. 車の情報媒体としては日本一
  3. 安心できる車売買をめざすパイオニア
  4. JPUC(買取業界の健全化を図る団体)の監修を受けている

 

《メリット》

  1. 提携業者数が圧倒的に多い
  2. 査定会社が選べる
  3. メール連絡が希望可能

 

《デメリット》

  1. 一括査定のキャンセル機能がない
  2. 買取相場が表示されない
  3. 入力項目が多い

 

《サービスとその後の流れ》

  1. 一括査定に申し込む
  2. 買取店からの電話に対応
  3. 実車査定、金額の提示
  4. 売却先を決める
  5. 契約
  6. 必要書類の準備
  7. 車と書類を引き渡す

 

《申し込み後の電話対応について》

  1. 電話に対応できる時間帯に申し込む(または連絡希望時間帯を指定する)
  2. 1社ずつ対応すれば、それ以上掛けていることはない
  3. 査定会社を3〜5社に絞れば、大して手間はかからない

 

《査定のときの注意点》

  1. 車の不具合、事故歴などは正直に言う
  2. きちんと比較した上で契約を決める
  3. 希望額は言わない

いかがだったでしょうか。

カーセンサーなど車一括査定サービスに対して悪いイメージを持っている人がいるのは事実ですが、それはサービス内容を間違って認識していることが原因です。

今回、私は実際にカーセンサーを使ってみたわけですが、本当にごくごく普通のサービスでしたし、もちろんメリットも強く感じました。
そもそも車を高く売るためのサービスですから、ある意味、当然と言えるかもしれませんね。

ですから、車をできるだけ高く売りたい方は、ぜひカーセンサーの一括査定をおすすめします。

なお、ご自身でサイトを選びたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【格付け評価】車一括査定おすすめランキング!サイトの違い・選び方も解説