バンパー下のガリ傷で査定はいくら下がる?直前の修理が有効かも実地調査

「バンパー下のガリ傷って、査定にどれだけ影響する?」
「バンパーを修理してから査定に出すと、事故車扱いになっちゃうかな・・・」

縁石などで擦りつけてしまった、バンパー下のガリ傷。
その車を買取に出すとき(あるいは下取りに出すとき)、傷が査定にどれだけ影響するのか心配になりますよね。

こんにちは!

GOODBYE CARの岡田です。

たしかに、車に傷があれば、評価が下がるのは避けられません。
でも、バンパーはそもそもボディ本体を守るパーツ(言い換えれば、傷付く前提のパーツ)になるので、ガリ傷があってもそれほど大きなマイナスにはならないんです。

実際に私もバンパーが傷だらけの車を売ったことがありますが、査定への影響は2,3万円と言われました。

バンパー下のガリ傷と亀裂

ですから、過度に心配することはありません。

ただし、ガリ傷が査定にどれだけ影響するか、正しい知識をつけておくことは大切です。
何も知らないまま査定に挑めば、業者はそこを突いて車を安く買い取ろうとしてくるでしょう。

そこで今回は、バンパーのガリ傷に対する査定減額の目安と、その車を売るときの心構えをお伝えします。

バンパー下のガリ傷は査定にどれだけ影響する?

中古車の査定は、JAAI(日本自動車査定協会)の基準が主に採用されています。
ではさっそく、その基準を参考にしながら、バンパーの傷が査定にどれだけ影響するのか具体的に見ていきましょう。

バンパー傷に対する査定減額の目安

まずは、各パーツの名称をざっと紹介しておきます。

バンパー・スポイラーの箇所

バンパーとは、車の前後に付いている膨らみのあるパーツのことです。
そして、その下の装飾的なパーツがスポイラーと呼ばれます。

JAAIの基準によると、バンパー・スポイラーの傷に対する減額の目安は、以下のとおりです。

傷の大きさ 傷の程度
修理可能 交換が必要
1cm未満 減額なし
1cm〜カードサイズ未満 1万円 1万円
カードサイズ〜A4サイズ未満 1〜1.5万円 2.5〜5万円
A4サイズ〜 2〜3万円 2.5〜5万円

※高年式車、高級車ほど、上記より減額幅は大きくなります。

このとおり、修理で済むレベルの傷なら最大3万円程度交換レベルの傷は最大5万円程度の減額になります。
ボディ(鉄板)部分の傷やへこみは下手すれば10万円以上の減額になるケースもあるので、そう考えるとバンパーの傷は驚くほどのマイナスにはなりません。
その理由は、バンパーやスポイラーはポリプロピレン(PP)というプラスチック素材でできているため、パーツ自体が安価だからです。

バンパーが傷だらけの中古車を査定に出してみた

冒頭でもお伝えしたように、実際に私もバンパーが傷だらけの車を査定に出したことがあります。

フロントバンパーの傷

駐車場内の単独事故だったんですが、ご覧のとおりの有り様で、一部に大きな亀裂もありました。
なので私自身、査定前はけっこう不安だったんです。。

査定のときも、このようにガッツリのぞき込まれた時は「うわっ、やっぱ見られた!」という感じでした。

バンパー下をのぞき込む査定士

でも、思い切って査定士の方に聞いてみたんです。

この傷で査定額がどれくらい下がっちゃうんですか?

査定士
査定士

2,3万くらいですかね。

年式が古いというのもありますが、バンパーの傷による減額は2,3万円程度とのこと。
思いのほか査定への影響が少なかったことに、ひと安心でした。。


以上のことから、バンパーの傷が査定に与える影響は1〜5万円の減額がひとつの目安になります。
もちろんマイナス査定は避けられませんが、過度に心配することもないでしょう。

車の査定前にバンパーを修理しても無駄な理由

ここで一つの選択肢として、「バンパーを修理してから査定に出す」という方法もありますよね。

ただ、残念ながら、修理をしても結果的には損をすることになります。
なぜなら、パンバーを直したことで査定額が多少上がっても、結局は修理代のほうが高く付いてしまうからです。

実際、私も査定前に修理の見積もりを取ってみたんですが・・・。

バンパーの修理代(見積書)

結果、バンパーの交換にかかる修理代は約10万円でした。

でも、前述のとおり、バンパーのガリ傷によるマイナス査定は2〜3万円です。

バンパー修理代(ー)10万円
プラス査定(+)2〜3万円
損失(ー)7〜8万円
修理後に車を売却した場合の損失

つまり、車を少しでも高く売ろうとバンパーを修理しても、結局、7〜8万円も損をすることになるわけです。
なので、私はバンパーを直さずに車をそのまま売却しました。

ほかのケースでも、大抵は修理代のほうが高く付くことになるでしょう。

バンパー交換した車は査定落ちになる?

なお、仮にバンパーを修理した場合、その車が査定落ち(事故車扱い)にならないか気になるところですよね?

ただ、事故車(修復歴車)とは骨格フレームを損傷した車のことを言うので、バンパーを交換しただけでは査定落ちにはなりません。

先日売ったパッソもリアバンパーをまるっと交換していましたが、それによって査定額が下がることはありませんでした。

リアバンパーを交換した箇所(パッソ)

ですから、「バンパーを修理したら、事故車扱いされるかな・・・?」といった心配はいりません。

ただし、前述したとおり、査定前にわざわざバンパーを修理しても損をするのでやめておきましょう。

まとめ:バンパー下のガリ傷は気にせず査定に出そう!

というわけで結論です。

バンパーのガリ傷による査定減額の目安は1〜5万円程度です。
仮にバンパーを直しても修理代のほうが高く付いてしまうので、そのままの状態で査定してもらうことをおすすめします。

ただし、傷があることを理由に、本来より安く買いたたこうとする業者もいるでしょう。

フロントバンパーをチェックする査定士

なので、そこは注意しなければいけません。

実際、私が売った車の場合は、一番高値を付けてくれたお店より13万円も低い査定額を提示した業者もありました。

ですから、あなたも車を少しでも高く売りたければ、必ず何社か査定を受けてから買取先を選ぶようにしてくださいね。

・・・ただ、そうはいっても、お店を何軒も回るのは面倒だと思います。

そこで、私が車を売るときに必ず利用している『一括査定サイト』をご紹介します。
車の査定額を効率よく比較できる非常に便利なサービスなので、ぜひ使ってみてください!